2016年12月29日 13時53分

ミャンマー鉄道旅(1)成田へ移動。

平成28年(2016年)11月23日(水)から30日(水)まで(日本の)昭和の鉄道を懐かしむべくミャンマーに行ってきました。

最近は月刊鉄道誌でもミャンマー国鉄の記事を見かけることが珍しくなくなり、地元のJR東海からキハ11形、キハ40系がミャンマーに輸出された際は中京テレビのニュースを始め地元メディアを賑わせたのは記憶に新しいところです。

2016_11_23 名古屋~成田_1

ということで私としては地元から旅立ったキハ11形、40系を求めてまずは中部国際空港へ。

ミューチケットを買うと「旅立ちの時が来た」と、毎度実感します。

2016_11_23 名古屋~成田_3

今は変わっているかもしれませんが、11月23日のスカイタウンへの階段はエアアジアになっていました。

就航が待ち遠しいですね。2016_11_23 名古屋~成田_4

またエプロン(駐機場)にはエアアジア機の姿も。LCC時代到来ということで、中部国際空港を発着する便も増えてきましたが、選択肢が増えるのは良いですね。私は、目的地と運行時間に鑑みてキャリアやLCCを使い分けています。と言い切れるほどLCCは使っていませんが、まあ使えるときは使っています。

2016_11_23 名古屋~成田_5

この日はセントレア名物「ドリームリフター」の姿もあり、何だか幸先が良い。

2016_11_23 名古屋~成田_6

「く」の字に曲がったその姿はまるで模型の様で、これでよく飛んでいるものだというのが率直な感想。

2016_11_23 名古屋~成田_13

さてどこに飛んだかと言えば「成田空港」。平行滑走路ということで、同時進入。巨大空港では日常風景なのでしょうが、私はこうして並んで飛んでいる姿をあまり見たことがありません。

今回、この日は成田で1泊し、翌24日(木)、タイ/バンコク経由ミャンマー/ヤンゴンに向かいます。

さてその心は?

(答え)朝1番の新幹線に乗っても搭乗予定の便に乗ることが出来ないから。

(参考)この日搭乗したANA340便、名古屋(中部)発東京(成田)行きの運賃は7,150円。



ADVERTISEMENT

カレンダー

2016年12月
« 11月   1月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!