2016年12月31日 15時23分

ミャンマー鉄道旅(3)LCCのビジネスクラス。

2016_11_24 成田~ヤンゴン_21

初エアアジア。まずはエコノミークラス。

2016_11_24 成田~ヤンゴン_22

そしてビジネスクラス。今回エアアジアを予約した理由にこのビジネスクラスがあります。

旅の目的地に到着するまでも「旅」というのは誰しも思うところでしょうが、私も同じ。

で、どうせならと考えたのがLCCのビジネスクラスを体験すること。興味津々でバンコク/ドンムアン空港行きに乗り込みました。因みにバンコク乗り継ぎでヤンゴンまでの運賃は約6万円強。(バンコクからは通常のエコノミークラス。短距離便のためビジネスクラスの設定なし)

さてエアアジアの特徴としてビジネスクラスのシートがフラットになることがあります。ただ水平ではなく恐らく175度くらいでしょうか?座り心地はいわゆるキャリアのフラットシートと同じで極めて快適です。

大きな違いはアメニティーグッズ、エンターテインメントがなく、なおかつCAさんの呼び出しボタンもシートにはないこと。もっともその分、シート周りはすっきりしています。

2016_11_24 成田~ヤンゴン_36

手元灯があるので構わないのですが、CAさんの呼び出しボタンと読書用ライトは、天井のボタンを操作します。

2016_11_24 成田~ヤンゴン_26

機内食はエコノミークラスで販売するものと同じものが1食無料(予約時に選択)で配られます。

私は腰に持病があるため、個人的には以前から「席だけビジネス」があればありがたいと思い続けていたのですが、やっと時代が追いついてくれました。(←違)

2016_11_24 成田~ヤンゴン_39

快適にバンコク/ドンムアン空港に到着し、ヤンゴン行きの搭乗待合でやって来て成程の事態。

まずはUSBの充電コーナー。

2016_11_24 成田~ヤンゴン_40

そしてACの充電コーナー。

さすがに差しっ放しでスマホ等を放置する人はいないようでしたが、これほどの充実ぶりを国内で見かけたことがありません。

観光立国「タイ」の面目躍如。

ということでミャンマーシリーズは始まったばかりですが、本年もこのブログにお付き合いいただきありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします。



ADVERTISEMENT

カレンダー

2016年12月
« 11月   1月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!