2017年08月20日 16時32分

愛媛県総合科学博物館の伊予鉄道1号機関車。

マイントピア別子発14:05のバスに乗車。

きうり封じ号。

途中東城で14:35発の西条済生会病院前行きに乗り換え。

次の目的地である愛媛県総合科学博物館には少し遅れて15時頃の到着。ここでの持ち時間は50分。15:51のバスに乗り更に次を目指さなければなりません。

ここに来た目的は一つ!産業館に展示された「伊予鉄道1号機関車」。1/1スケールの複製。本物は愛媛県松山市梅津寺町にある梅津寺公園で保存・展示されています。

レプリカでも細部まで完璧に再現すれば見る価値は十分あります。とにかく登場時はかくあったであろう思えるほど素晴らしいの一言。足を延ばした甲斐がありました。それにつけても今回の旅で悔やまれるのは梅津寺公園の本物を見なかったこと。時間の制約によるのですが残念。

 

余談ですが愛媛県総合科学博物館は楽しい場所です。今回は時間が限られていたので全てを見ることが出来ませんでしたが、時間をかけて回る価値ありです。で、一番目を引いたのがこれ。場所が博物館だけに映画「ナイトミュージアム」を思い出していました。

そしてもう一つ、リニアのスピードを在来線の線路で体感するコーナー。単線をぶっ飛ばすスピード感には脱帽で、時速500キロとはこういうことかと納得させてくれます。一度お試しあれ。



ADVERTISEMENT

カレンダー

2017年8月
« 7月   9月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

新しい記事

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!