2018年06月18日 18時50分

マチュピチュ村で撮り鉄(1)インカレイル「Machu Picchu Train」。

今朝8時前、大阪府北部を震源にした地震はその揺れから阪神淡路大震災の時を思い起こしました。震度6弱となった茨木市には知人も住んでおり、状況を心配していましたが、その後被害としては食器が割れたり家財道具が動いたりしたけど無事との報告がありました。(ガスは止まっているとのこと)

私自身の経験では震度4が最大ですが、栃木県真岡市に出掛けていた際、ホテルのエレベーターに乗っている時に地震が発生し、一瞬停まったあと近い階まで動きドアが開くまで、それはほんの短い時間だったはずが、世界がスローモーションで動いているような気分で生きた心地がしませんでした。耐震基準を満たした建物で地震発生による非常時も安全とされているエレベーターであっても、頭では分かっていたつもりでも実際には心が追い付かないものですね。

さて平成30年(2018年)4月24日(火)。

ホテルでの朝食。

この日はマチュピチュを離れる日。外の川の流れは相変わらず速い。

この日はゆったりとしたスケジュールということもあり、少し外にでる。この風景も2日目ともなれば私にとっても日常となることを知る。

マチュピチュ駅と留置線に向かう列車、貨車が通る線の位置関係。もっともマチュピチュ駅を発着する全列車がここを通る訳でもなさそうです。詳細は不明。

添乗員さんが希望者をマチュピチュ村の観光に案内するというのでそれに参加。その矢先、9:02にインカレイルの(回送)列車が通過。因みに左側に写っているバスは「マチュピチュ遺跡」行きで、ここはそのバス乗り場。知っている人が見ればマチュピチュ村らしさが分かる1枚。

後ろ打ちを撮影するために少しだけ駆け足をしたら息が切れ、この日から始まる標高の高い地の旅に一抹の不安を感じていました。

ところでこの列車、ヘッドマークを頼りに時刻表を探したところ「The 360° Machu Picchu Train」という列車で、クスコのポロイ(POROY)発05 : 55 、 オリャンタイタンボ(OLLANTAYTAMBO)発07 : 22、マチュピチュ(MACHU PICCHU)着 08 : 48 と思われます。時間の計算は合っているはずです。



ADVERTISEMENT

カレンダー

2018年6月
« 5月   7月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

新しい記事

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!