2018年07月02日 15時30分

アンデアン・エクスプローラーの旅(2)静態保存の蒸気機関車。

今回の旅ですが、片道約734キロ(参照:https://www.cnn.co.jp/travel/35105874.html「アンデスの高地を抜けて――豪華列車アンデアン・エクスプローラーの旅」2017.12.31 Sun posted at 19:00 JST)で、

初日の4月26日はクスコ~プーノ(チチカカ湖)間、384キロ(参照:https://www.perurail.com/travel-recommendations/)を走ります。

上記の距離はあまり情報が無く、あくまでも私の調べということでお願いします。

さてこの日の乗客は44名。24の客室(2人部屋)がある内、私のように1人で1部屋を占有していることもあるので多分、ほぼ満室だったと思います。何れにしてもどっと人が押し寄せるという事はなく、受付もゆったりとした時間が流れています。

ワンチャク駅。

駅前には何とも可愛い、愛嬌のあるデザインの蒸気機関車が静態保存されています。

どんな来歴があるかは全く不明。ナローゲージであることは確かですが…。

発車までまだ40分もあるのですが、早々に記念写真。日本のクルーズトレインでは多分、撮影できないアングル。

このオープンデッキの展望車、乗車後私にとって最高の居場所となるのですが、まだこの時はそうは思っていませんでした。

ところでオープンデッキと言えば第61回のブルーリボン賞に輝いたJR西日本のオハ35系。まだ乗ったことは無いのですが、その展望車に乗るのが私の次の願望になった一瞬。



ADVERTISEMENT

カレンダー

2018年7月
« 6月   8月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!