2018年07月10日 17時00分

アンデアン・エクスプローラーの旅(10)シクアニの町で、年に1回のお祭りに出会う。

アンデアン・エクスプローラー号、年に一回のお祭りに出会う。の巻。

16:20頃、アフタヌーンティーの時間が終わり、部屋で寛いでいました。窓外の景色が田園風景から街並みに変わり、踏切をゆったりとした速度で通過。と、その時、思わぬ光景がそこにありました。

ここはクスコからプーノへの途中にあるシクアニの町。

思わずカメラの電源を入れ、速攻で撮影。間に合いました。

あとで聞いたところこの町では年に1回、小学校に通う子供たちが各クラス別に民族衣装を身に着けて練り歩くお祭りがあるとのこと。

3年前のサハリン/ノグリキでも年に1回のお祭りとの出会いがありましたが、こうした出会いが私を旅に駆り立てるのかも知れません。

※ノグリキのお祭りはこのブログでは2015年11月18日~でUPしています。

子どもたちが踊りながら練り歩く姿は本当に可愛い。

パレードに寄り添うように歩く大人の姿もありました。

標高3505メートル。夢幻の世界に踏み入った気分。



ADVERTISEMENT

カレンダー

2018年7月
« 6月   8月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

新しい記事

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!