2018年07月29日 12時46分

チチカカ湖(4)ウロス島に上陸。

アンデアン・エクスプローラー号では幾つかのエクスカーションが組まれており、4月27日はガイドさんの案内でチチカカ湖の島巡り。

朝8時半少し過ぎにプーノの港をスタートし、暫くすると葦(あし)原の間を走って行く。航路として整備された場所のようで、プーノを出入りする観光船はここを通るシステムのようです。

ウロス島はテレビなどのメディアで何度か紹介されている葦(あし。トトラ)で出来た浮島。私の中ではチチカカ湖の奥(プーノから遠いという意味)にあるイメージでしたが出航して20分ほどで到着。

トトラで出来た島の一つに上陸。

今どきなのでソーラーパネルに驚くことはありませんでしたが、その前でトトラを使った浮島の作り方の説明をまず聞きます。

そのトトラは食べることも出来るという事で希望者は試食。皮をむいた見た目はサトウキビ。食感はシャキシャキと言いたいのですが、それほどの歯ごたえはなく、味も特にありませんがほんのりした甘味が微かにあると言えばある、、、という程度。誤解されては困るのですが不味いということはありません。チチカカ湖に行く機会があったら、ウロス島で暮らす方が日常的に食べているこのトトラを是非お試しください。

チチカカ湖の海の幸。おっとチチカカ湖は「海」ではあいませんね。「湖(うみ)の幸」と修正。魚の種類は分かりませんが、こうしたものがこの湖で獲れるそうです。



ADVERTISEMENT

カレンダー

2018年7月
« 6月   8月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

新しい記事

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!