2018年08月11日 10時45分

アンデアン・エクスプローラー号/高原列車は行く(2)朝日に浮かぶ。

朝6時。ようやく光がその勢いを強め始めました。

6:03、日の出。

ペルーで見た4回目の朝日ですが、ペルーに限らず世界中どこでも、何度見ても敬虔な気持ちになるのは何故でしょう?

それにしても短期間にこれだけ朝日を見たのは、15年以上前、「ズームイン」という番組を担当していた時以来。どんなに寒い冬の朝でも、太陽を浴びれば、骨まで凍てついた体が、肌(表面)から徐々に融けていき、いつか芯まで人心地になっていくのを感じていました。

朝日に輝くアンデアン・エクスプローラー号。言葉になりません。

でもこの景色への形容詞を私は探していました。荒涼(こうりょう)たる、寂寞(せきばく)たる、渺茫(びょうぼう)たる、この景色に相応しいのはどれでしょう。まだ他にも相応しい言葉がありそうです。

6:10、列車に戻る。乗客の方が全員来たわけではない早朝のイベント。でも参加した人だけが知る朝の清々しさ。



ADVERTISEMENT

カレンダー

2018年8月
« 7月   9月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

新しい記事

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!