2018年10月03日 20時24分

長良川鉄道の夏(8)第1長良川橋梁。

2両編成の「ゆら~り眺めて清流列車 1号」の乗車率は座席定員に対して7~80%程度でしょうか?満席ではありませんが、結構な乗客がいます。見た感じ、ほぼ観光客。勿論地元の方の足としても使えるのですが、この時間帯の利用は少なさそうです。

多分、サルビアの花。

「サルビアの花」という曲を覚えています。作詩:相沢靖子・曲:早川義夫作詞で、確か「もとまろ」という女性グループが歌ってヒットした。なんていう文章にふむふむと思える人は60歳超。

湯の洞温泉口駅です。さてここからよいよ長良川を橋で渡りながら、その清流を車窓の右に左に楽しむ絶景ポイントが始まります。

湯の洞温泉口駅~洲原駅間の第1長良川橋梁。指定列車は30キロの速度制限。これは間違いなく『清流列車』と『ながら』。

いくら立っていたとはいえ、車内は美しい形式に惹かれて右往左往出来るほどまでは空いていません。その分、「いい景色だなあ」とゆったり。

橋を渡り、制限解除。

長良川でこれまで見たことのない光景を発見!

SUP(スタンド・アップ・パドルボード)で間違いないと思いますが、ボードの上に立ち、パドルで漕ぐスポーツです。以前、どこかのテレビで見たことがあったスポーツですが、ここ長良川でも遊べるとは知りませんでした。



ADVERTISEMENT

カレンダー

2018年10月
« 9月   11月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!