2018年10月19日 16時42分

ヨーク鉄道博物館(1)朝一番のキングス・クロス駅。

9月11日(火)。いよいよイギリスでの鉄活開始。

起点はロンドン/キングス・クロス駅(King’s Cross station)。

時計の針が1本しか見えませんが、実は6時32分。長針と短針が見事に重なってしまっていますが、いわゆる時差ボケで早く目が覚めたので朝の散歩。

大屋根の下に並ぶ列車を見るとヨーロッパに来た気分になります。

ずらりと並ぶ、発車する列車の時刻表。

この日の旅立ちの列車は朝8時発のエディンバラ(Edinburgh)行き。8時ちょうどの~♪は新宿駅ですが、ここはキングス・クロス駅。定刻での出発予定です。

とは言ってもプラットホーム(出発ホームの番線)はまだ「━」。ヨーロッパの駅では、出発の時刻近くになってからそれが“発表”されるのですが、何度乗ってもこれだけは慣れません。因みに2枚前の写真で、乗客の方たちが歩いていることに気付いて頂けるかと思いますが、これは目的の列車の出るホームは分かったのでそこに向かっているのです。

時には出発まで10分を切っているといった経験も私にはあり、重いトランクを牽きずりながら長編成の列車の先頭の車両に辿り着き、席に着いたら直ぐに出発とかで、旅立ちの余韻どころかホームでの写真が十分撮影できなかったこともありました。

話は変わりますが、ヨーロッパの巨大飛行場でもこのパターンはあり、長距離便はそうではないものの短距離の、特にLCCでは、下手をするとダッシュ(本当に走ります)しないとゲートクローズとなりかねません。間違っても「****様、お急ぎ搭乗ゲートに・・」とか呼び出されることはなく、置いてけぼりになります。

(余談)

「置いてけぼり」と「置いてきぼり」の違い。

NHK放送文化研究所のHPによればどちらでも構わないそうです。語源としては「置いてけぼり」だそうですが、その後「置いてきぼり」が主流となり、こちらが正解だった時代もありましたが今はどちらもOKで、若い人には「置いてけぼり」が支持されているとありました。私は一貫して「置いてけぼり」ですが、言葉と言うのが生きていることを感じる次第です。



ADVERTISEMENT

カレンダー

2018年10月
« 9月   11月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!