2018年10月31日 22時02分

1/1 段ボール製C62 最後の調整

10月30日(火)の最後の調整作業。

素材が段ボールということで、部品をその場で作ることも可能です。より完成度を高めるために最後まで妥協はありません。

このC62の中に一か所だけ木材が使われているところがあります。恐らく皆さんには見えないと思われますが、実は昨年10月に私がこのC62に初めて会った時、それは段ボールで出来ていました。

そして今回は木材と段ボールを重ね、その強度のテストを行っているとのことです。同じ太さの木材と木材と段ボールの重ねたこの部材の重さの違いは歴然で、結果が良好ならば、より軽い建材などへの(段ボールの)可能性を広げることになると島さんは語っていました。

そして昨日の夜、記念写真を撮らせていただきました。

ところで昨晩、完成したC62をご覧になるため、とある会社の方が3名で来社されました。その方達はこの段ボール製C62のある意味、本当の生みの親とも言える方。

愛知県春日井市に株式会社ISOWA(イソワ)という会社があります。その名前を知っている方はそれほど多くはないと思いますが、実は私はその会社を1973年(昭和58年)頃に取材したことがあります。その時、その会社が日本のトップランナーだと知りました。

何の会社かと言えば「段ボールを製造する機械」を作る会社。因みに今回のC62を構成する段ボールは、全て株式会社ISOWAが作った機械で作られたものだそうです。考えようですが、このC62の原点は愛知県にあると言えます。知ってほしいミニトリビア。



ADVERTISEMENT

カレンダー

2018年10月
« 9月   11月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!