2018年11月14日 14時53分

超電導リニアに乗ってきた(2)紅葉。

日本の秋=紅葉。よくぞ日本に生まれけり。

383系が走る中央本線。急こう配、カーブが続くこの線にあって車体傾斜装置は高速運転を行うための必須アイテム。

日本の四季を縫うように走る列車に乗っている幸せ。

たわわに実る秋の味覚。きっと甘くはないのだろう。でも見ているだけなら幸せ。

「山が燃える」というフレーズは石川さゆりさんの「天城越え」(作詞:吉岡治)からよく使われるようになった気がしていますが、この風景を見ていると「山が燃える」は秋の季語と思う今日この頃。

塩尻駅に到着。1号車から中央線「あずさ12号」に乗り継ぐための階段の場所が結構遠い。そして普通車満席の原因が判明。それは旅行会社主催のツアー参加者の皆さん。最近、ツアーの広告で「名古屋~塩尻間特急指定席利用」という文字をよく見かけますが、それが1社ならともかく、この日数えてみたら4社。そりゃあ普通車が満席になるはずです。

そして自由席は…、多分千種駅でも座れた感じ。

「新型特急」という文字が眩しい塩尻駅。

E353系の入線。勿論、初乗車。それにしてもE351系が過去帳入りし、E257系もその運用を減らすなど、JR東日本の特急にあまり乗ることのない私にとっては知らない内に世の中が激変していく様にただただ驚くばかり。そもそもE351系は大糸線内で1回乗っただけのような気がする。



ADVERTISEMENT

カレンダー

2018年11月
« 10月   12月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

新しい記事

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!