2018年11月20日 15時05分

超電導リニアに乗ってきた(8)どきどきリニア館。

少しだけ外の見える区間。甲州盆地を見下ろして走るとは知りませんでした。

予習が大事な「鉄活」と、予習をせずに本番に臨んだ方が良いと思う「鉄活」の2類があると私は思っていますが、今回は予習をする時間がなく、結果的にはぶっつけ本番の鉄活でしたが、それはそれでここの場合は楽しい時間を過ごすことが出来ました。

午後2時頃に下車。記念撮影コーナーあり。

それにしても受付から終了まで1時間足らず(乗車時間は約30分)のあっという間のお楽しみでしたが、「時空を超えての異次元空間の旅だった」と書いたら言い過ぎでしょうか?ただ私の率直な感想がそれです。

走行写真を撮りたいと思ったものの次にリニアが走り出すのは約30分後。それまでの間、「どきどきリニア館」の見学。

記念写真スポット。2003年に最高速度581km/hを記録した試験車両(MLX01-2)。

停車中のリニア新幹線。ここにきてやっとこの日の体験乗車会場の位置関係を把握。

多分、保線用の車両。これまでの「車両」の概念を一番破ってくれるのは意外とこうした車かも?



ADVERTISEMENT

カレンダー

2018年11月
« 10月   12月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!