2018年11月23日 14時47分

東京ステーションホテル(1)歌舞伎座。

10月14日は「鉄道の日」。かつては「鉄道記念日」と呼ばれていましたが、1994年(平成6年)から現在の名称となっています。

話は飛んで、鉄ちゃんあるあるかどうかは断言できませんが、結婚記念日=鉄道記念日にしたいという願望を私は今を去ることOO年前に持っていました。当然のことながらそんなことは認められるはずもなく、婚姻届けは結婚式の当日に提出と相成りました。それでも誤差の範囲の日付になったのは正解で、他の大切な日はともかく結婚記念日を忘れるという失態はかつて一度もありません。

そして今年の結婚記念日(厳密にはズバリではありませんが…)はどういう風の吹き回しか「東京ステーションホテル」での宿泊のOKがパートナーから出て、いざ東京へ!

10月13日(土)の東京は、当初全く予定がなかったのですが、ほんの思い付きで歌舞伎を見ることになりました。本当にたまたまですが、その週の火曜日にパートナーが歌舞伎座に行って歌舞伎を見たいと言ったので、早速ネットで検索したところ、何と花道の直ぐそばに2席あり。てっきり毎日が満員御礼かと思い込んでいました。

 

私にとっては人生で多分4回目の歌舞伎。これまで名古屋の御園座で見たことはありますが、歌舞伎座はお初。

これぞ『幕の内弁当』。別にこれを食べなければならないということではありませんが、歌舞伎初心者には定番の想い出作りかな?

お吸い物は歌舞伎模様。

東京メトロ日比谷線東銀座駅の駅名標も歌舞伎模様。



ADVERTISEMENT

カレンダー

2018年11月
« 10月   12月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!