2019年01月08日 17時21分

イギリス最北端の駅サーソーへの旅(2)Far North Line。

321D 旭川発6:03 名寄着7:46

4323D 名寄発7:54 幌延着10:31

4325D 幌延発10:53 稚内着12:07

宗谷本線全259・4キロを普通列車で行くと約6時間。上記の列車は途中で列車番号が変わっていますが車両は変わりません。

特急ならば旭川発9:00の「宗谷」で稚内着12:40となり所要時間は3時間40分。

一方、あまり比較にはなりませんが、この日乗った列車は、インバネスInverness発7:00でサーソー Thurso着10:59。さてその距離ですが、Wikipediaで「Far North Line」を引くと『Inverness to Wick: 161 miles 11 chains (259.3 km)

Georgemas Junction to Thurso: 6 miles 50 chains (10.7 km)

Total: 167 miles 61 chains (270.0 km)』と出てきます。

ここでこの極北(Far North)線の運転形態を解説。

この地図で、一番北のブロックにあるインバネスを出た列車はまずは一番北にあるサーソーの町を目指し、サーソーに到着するとGeorgemas Junctionまで10.7キロを一旦戻り、右側(東)にあるヴィックWickの町に向かいます。Georgemas Junction~ヴィック間の距離が分からないので一概には言えないものの、旭川~稚内間とインバネス~サーソー間は、肌感覚としてはニアイコールです。

長々と書きましたが、何が言いたいかと言えば、宗谷本線で稚内に向かう気分で、この列車に乗っていたということです。

2両編成のローカル列車。

発車5分前にしてこの閑散ぶり。

定刻に出発した列車は北海から入り込んだ入江沿いに走っていく。



ADVERTISEMENT

カレンダー

2019年1月
« 12月   2月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!