2019年01月12日 16時24分

イギリス最北端の駅サーソーへの旅(6)サーソー駅は時間限定の有人駅。

蒸気機関車型のプランターカバー。スコットランドの駅では結構見かけています。

私の家に置くには少し大きめですが、ホームセンターで売っていたら、、、欲しい。

サーソー駅構内。シンプルと言えばシンプル。このレンガの部分の用途は?余談ですが、市場の奥にある白いオフィス家具のように見えるのはコインロッカーですが、残念ながら使えません。私たちのトランクはインバネス駅のコインロッカーに預けて来たので、それが使えなくても問題は無かったのですが、戻ってからの行動を考え、一瞬この駅までトランクを持ってくるということも頭の片隅にあったので、安堵の溜息が少しだけ出たことは否定しません。

何故か飾ってあるアメリカの大型蒸気機関車「BIG BOY」のイラスト。その理由は全く不明。

こちらはサーソー駅の駅員さんがいる時間が書かれた案内。1日4往復の列車が発着するだけの駅が時間限定とはいえ、有人というのも凄いですが、月~金の営業時間が9:50~16:54で実際の列車の運行時間との関連が薄いと思えるのも凄い。(ヴィック行き×2本、インバネス行き×2本)

石造りのサーソー駅。



ADVERTISEMENT

カレンダー

2019年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!