2019年01月26日 14時09分

マンチェスターを目指す(2)土曜日の朝食。

『we will remember them 1914 1918』と書かれたペンドリーノの先頭車。ポピーの花もあしらわれていますがこれがどんな意味を持っているかは帰国後に調べました。

『Manchester Piccadilly’s First World War Memorial』。1914年から1918年までの間に第一次世界大戦で命を落とした87人の鉄道員への祈りを込めた像がマンチェスター・ピカデリー駅構内にあるそうで、その建立時にこの鉄道を運営しているヴァージントレインズVirgin Trainsも関わっているそうです。ただそれを知るのが遅すぎて、肝心の駅のモニュメントを撮影していません。

一等車の車内。土曜日なので乗客がいない!

窓と椅子の配置の関係で、乗客が車窓を楽しむという考慮がされていないのヨーロッパの伝統。

朝食のバナナ。

朝食のマフィンとコーヒー。平日ならばフル・ブレックファーストのはずですが、土・日はこんな感じ。温かいコーヒーを含め、あれば良し!



ADVERTISEMENT

カレンダー

2019年1月
« 12月   2月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!