2019年02月06日 15時19分

ウィラル・トラム博物館(7)モックアップ???

何本か撮影してから帰とうということでの途中下車。もっとも全線歩いても知れている距離ではあります。ところで“本線”から分岐する線路が、倉庫風にの建物に向かっているのを見つけ、そこに行ってみる。

車庫というわけではなかろうに、ここは何???

入ることはできるようなので中に向かう。屋根がなければ商業地のトランジットモール的な雰囲気。

かつて馬が牽いていた馬車スタイルの2階建て車両とその奥には最新式の電車???

マージーレイルMerseyrailの車両を置き換えるとしたらこの電車???

と思いきや中はモックアップ(実物大模型)???

流石に木の内装の電車が走ることは安全面から考えてあり得ない。では何のためにここでこれが作られているのだろう???



ADVERTISEMENT

カレンダー

2019年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!