2019年03月11日 17時24分

マンチェスター~ベルリンの移動はLCC(3)定時出発定時到着。

以前のLCCは朝一番から遅れの代名詞みたいな感ありでしたが、最近は必ずそうとは限らず、ライアンエアーRYANAIR/FR1145便はマンチェスター空港 Manchester Airport12:25、ベルリン・シェーネフェルト空港 Flughafen Berlin-Schönefeld15:20の定時での運航でした。

ターミナルDはLCCらしい装い。ある意味潔い。ところで今回使ったライアンエアーは初めての利用。国際線の旅客数は世界1とのことで、もっともネットの口コミでは安かろう悪かろうの代名詞のような記事が多いのですが、使った感想としては特にマイナス点はありませんでした。ネットでの航空券購入は若干、注意を要しますが、それは主に言葉の問題であったりします。話は飛びますが、日本発の(出来る限り安い)航空券を買うべくネットを検索していると、時に海外の代理店が最安値ということもあり、それを2~3度経験すると航空券の購入はそれほど語彙力を試されることはないので、大体何とかなるものです。

ベルリン・シェーネフェルト空港にはベルリンの郊外電車が乗り入れています。自動券売機で、ベルリン中央駅までの乗車券を購入。

ABCとか書いてあるのはベルリンの都市交通がゾーン制運賃となっているから。シェーネフェルト空港駅はゾーンCにあり、ベルリン中央駅がゾーンAにあるため、この表示となります。

そして乗車券を購入したら忘れてならないのは打刻機Entwerterで、乗車時間を刻印すること。これを忘れると罰金を支払う羽目になります。実は以前、フランスでその刻印を忘れて電車に乗ったことがあり、車掌さんに罰金**ユーロを支払おうとしたら、次回から気を付けなさいと有難く無罪放免されたことがあります。それは通常はあり得ない事で、まず容赦なく罰金を支払う事となります。

そして電車に乗る。



ADVERTISEMENT

カレンダー

2019年3月
« 2月   4月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!