2019年04月01日 19時54分

夕張支線の廃止。

本日、新しい元号が発表されました。「令和」。私たちが昭和から平成で経験した悲しみの中ではなく、新たな時代の到来を感じさせてくれる新鮮な新元号の発表でした。

その前日である昨日かつての夕張線、その後夕張支線を名乗った路線が廃止されました。

1981年(昭和56年)10月20日の夕張駅。

1977年(昭和52年)2月15日の夕張駅。夕張駅には数年の間に、なぜか2度も訪れています。なぜ2度も夕張線に乗ったのかは記憶の蚊帳の外で、今や知る由もありません。でも不思議な縁は感じています

地元で活動する三菱大夕張鉄道保存会が毎年発行しているカレンダー。

不思議な縁の続きで、そのカレンダーの1月、2月のページに私の撮影したこの写真を使って頂いています。

斜陽産業だった炭鉱は、当時でもまだ夕張地区では残っており、2度目に行った時点でもまだ稼働している炭鉱がありました。

新たな令和の時代に鉄道はどんな存在になるのでしょうか?



ADVERTISEMENT

カレンダー

2019年4月
« 3月   5月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!