2019年04月02日 21時17分

近江の地酒電車(7)新幹線とのツーショット。

菰樽(こもだる)のある風景。しかしそこは電車の中。

普段は料金表のモニターには地酒電車の表示。他のお客さんとも会話が始まったりして、和気あいあいの車内。

八日市駅で折り返し、彦根に向かう途中の尼子(あまご)駅。15;15に到着し、15;37までのトイレ休憩。ここではお約束(私たちが勝手に言っています)の新幹線とのツーショット。

この写真、撮れそうでなかなか撮れない1枚。何せ近江鉄道の電車がこの駅の停車中に新幹線が通る保証はありません。しかも日中は1時間に1本しか電車が走っていないので、この光景はある意味、ドカ停(長時間停車)の地酒電車でなければ出会いないショット。20分の停車時間があるが故に簡単に撮影できました。

一方こちらもレアなショット。一見、単線区間の交換ですが、じつはこれ、水色の電車による地酒電車の追い越し。定期電車は尼子駅15:31発で、こうして奇跡の一枚をものにすることが出来ました。もっとも乗客のほとんどの方は、この光景には興味なし。でも私には貴重な一枚。

何せ近江鉄道線の定期電車で、後発電車が先行電車を追い越すことはありません。まあ臨時電車であり、かつ先を急がない地酒電車ならではとも言えます。



ADVERTISEMENT

カレンダー

2019年4月
« 3月   5月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!