2019年04月12日 20時52分

ささしまライブ駅を通る電気機関車。

ささしまライブを駅通過する電気機関車を見ていて感じた事。

機関車に愛称がついたのは何時のことでしょう?

EF210形式(愛称:ECO-POWER桃太郎)

EH200形式(愛称:ECO-POWERブルーサンダー)

EF510形式(愛称:ECO-POWERレッドサンダー)

EH500形式(愛称:ECO-POWER金太郎)

DF200形式(愛称:ECO-POWERレッドベア)

JRの機関車で愛称がついているのは上記5形式。全て平成生まれです。桃太郎、金太郎があって浦島太郎がないのは愛嬌として、それにしても気になります。

EF64。昭和生まれの愛称のない機関車です。EF64はよく見かける機関車ですが、そもそもは勾配線区用なので、平地で見ると私は相変わらず違和感を覚えます。

ところでどうして急にこんなことを書いているかということですが、先日撮り鉄の方と会話をしていた時に、「最近、貨物が撮影の中心だ」という話で盛り上がりました。

恐らく今、画面の前でうなづいている方がいるかも。

単純な話としては、それは「機関車」が持つそもそもの魅力だろうと思うのであります。真偽のほどや如何に。



ADVERTISEMENT

カレンダー

2019年4月
« 3月   5月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!