2019年04月17日 23時28分

「現美新幹線」から「きらきらうえつ」。

平成31年2月23日、前半戦の切符類。

乗車券は東京から新幹線~新潟~白新~羽越経由で酒田まで。

2枚目が東京から新潟までの特急券。最近、2列車乗り継いでの特急券を買ったことが無いのでとても新鮮に映ったこのパターン。「とき」から「とき」なので、てっきり2枚の特急券が発行されるものと思い込んでいましたが、そういうことにはなりませんでした。

3枚目は「きらきらうえつ」の指定席券。

全車指定席の「観光」快速列車ですが、乗客は必ずしも観光客とは限らず、普通の快速列車として乗っている方も結構見受けられました。ただ「観光列車」であることは間違いないので、そのつもりで乗っている私にとっては多少違和感あり。ところで何で「きらきらうえつ」に乗ったかと言えばこの電車が国鉄485系の改造車で、本年度中には新しい車両への置換が決まっているから。外観は元の電車からは想像できないまで改造されており、車内も485系の痕跡は見つけられませんでした。昭和は遠くなりにけり。



ADVERTISEMENT

カレンダー

2019年4月
« 3月   5月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!