2019年04月22日 18時42分

485系「きらきらうえつ」(4)酒田駅前。

JR酒田駅。私がこの駅を降りたったのは4回目ですが、3回目までは全て国鉄の時代。

最初)1973年(昭和48年)9月10日

2回目)1974年(昭和49年)9月18日

3回目)1975年(昭和50年)5月3日

3回目は酒田港から船に乗り「飛島」に出かけています。当時、離島ブームというのがあり、それに影響されて比較的行きやすい『本物の離島』を目指したものです。それにしても上野発23:04の急行出羽に乗って出かけたのですが、酒田駅に翌日の8:06に到着するまで確か座れなかった記憶があります。まあゴールデンウィークの最中で、唯でさえも混んでいるのですが、一方で指定席をあらかじめ予約するという発想は全くありませんでした。

駅前の呑み屋さん街。昼間だから閑散としているのかそれとも昨今はそもそも閑散としているかはともかく、昭和の時代の駅前にはこうしたネオン街がほぼあり、地元の行きつけのお客さんだけではなく、夜行列車を待つ人もつかの間の時間を楽しんでいたのではと思います。かくいう私は、学生時代であっても居酒屋さんには入っていました。もっともスナックは入っていません。

懐かしい、と言いたいところですが、かつて歩いたものの記憶にない道を歩く。

一軒のパン屋さんを見つけ、入ってみる。

店内で残っていたパン。お店の方の話では早朝から開けており、昼過ぎにはほぼこんな感じだそうです。私はあんバターとフレッシュバターを買い、その後に乗った列車の中でデザートとして食す。

こういう表現は何ですが、このお店は昭和の時代からメニューが変わっていない気がしました。でもこれってとても大事なことで、名古屋人には定番の「サンドロール 小倉&ネオマーガリン」のような超長寿商品は滅多に誕生しないのです。で、このお店のパンの味ですが、どこか懐かしい気がしました。

これも旅の楽しみ。

 



ADVERTISEMENT

カレンダー

2019年4月
« 3月   5月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!