2019年05月09日 22時23分

会津磐梯山と富士山。

会津磐梯山。正式な名前は磐梯山で、私にとって馴染み深い「会津磐梯山」は民謡の曲名のようです。

宝の山の山容はどっしりと安定した感じ。磐越西線の電車に乗っているといたるところで見ることが出来ます。

会津若松11:08発の郡山行き。4両編成かと思ったら郡山方に繋がれていた2両が切り離され、よもやの2両編成。私は運良く座れたものの、始発の会津若松で既に立っている人あり。

この後順調に乗客は増え続け、郡山到着時はまるでラッシュ時並み。とにかく2両編成はあり得ない。

郡山着12:12。

郡山駅でネーミングの妙に魅かれ「だて正夢おにぎり弁当」を購入。これが仙台なら、「いいね!」になりますが、郡山ですので「まあね!」というところでしょうか。

そして郡山発12;30のつばさ138号の車内で昼食。

東京着13;48。直ぐに14:03発のひかり475号に乗車。

それにしても2月の富士山に雪が殆どない。



ADVERTISEMENT

カレンダー

2019年5月
« 4月   6月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!