2018年08月13日 20時59分

アンデアン・エクスプローラー号/高原列車は行く(4)絶景。

ラグニアス湖点描。


等高線に沿いつつ、標高を上げて行く列車。

朝食を終えた7:20。私は1回部屋に戻ったものの、展望車ならほぼ360度の景色が独り占めできるのに、眺望が180度に満たない場所にいるのはこの列車の楽しみ方では無いとばかりにいざ!展望車へ。展望車にはスタッフが1名いたのみ。

あまりの景色の良さに、結局その後も客室でのんびりすることもなく、ほぼ最後尾の展望車でまったり。そのおかげでペルーらしい景色に出会えました。

展望車のラウンジからの1枚。

荒涼たるこの風景が、どこまでも続いている。大自然に圧倒される。ただ流石に吹く風(動く列車なので、相対的な話)は少々冷たい。

2018年07月23日 20時25分

今尾 恵介さん著「日本全国 駅名めぐり」を読みました。

ペルーシリーズをもうしばし休憩。今日は新刊の話。

地図・地名・鉄道の本を多数書かれている今尾恵介さんが、6月に「地図日本全国 駅名めぐり」を加除出版から出されました。

今尾さんの本を私は何冊持っている(読んでいる)のだろうと本棚を見たものの、そもそもちゃんと整理していないのでギブアップ。少なくとも5~6冊はあるはずですが…。私は元来地図好きでもあり、鉄道関連で無くとも読んでいます。

それはさておき今回もフィールドワークに基づいた取材が光る内容ですが、読みやすい文章という事もあって通勤の電車の中で読了。

で、今回はサインを頂きました。素直に嬉しい。

ところで鉄道系の出版数は、昨今本当に多く、「読んでみようかな?」と思っても財布の問題もあってそうそう買えるものではありません。

昔の話で恐縮ですが昭和50~60年代の頃は1年間に出版される本はまだそれほど多くなく、その内、半分とは言わないまでも1/4ほどは買っていたと思います。また私が買った本は、同年代の方ならかなりの確率で同じ本を買っていました。鉄道雑誌についても複数購読されている方も珍しくなく、因みに私は「鉄道ファン」「鉄道ピクトリアル」を毎月購入し、「鉄道ジャーナル」も特集によって買っていて、それを棚に並べているだけでもご満悦な自分がいました。

そんな出版事情が変わってきたのは21世紀に入った頃でしょうか?出版不況と呼ばれる言葉が世間に喧伝(けんでん)され始めた頃から何故か鉄道本の新規出版が増えてきたと感じています。

※統計データではなく、私の感想であり根拠は全くありません。

インターネットで検索すれば鉄道系においても様々な情報があふれる時代。知りたいことはほぼモニター画面に表示されると言っても過言ではありません。それでも私が本を買うのは情報が体系的に整理され、読みやすく書かれていることと、裏付け(検証)がしっかりされているものが(比較的)多いというのがその理由です。

アナログ人間と言われればその通りですが、本は楽しい読み物でも納得でき、資料性もあるというのがメリット。そして本棚という検索エンジンはちゃんと整理していれば、意外と目的の情報に早く辿り着けます。

さあ次は何を読もうかな?おっと最近、小説を読んでいない。たまにはそっちにしてみるか。

2018年05月08日 15時05分

「都心ループバス運行20周年」記念ドニチエコきっぷ

「都心ループバス運行20周年」記念ドニチエコきっぷ。

5月6日(日)に発売されたのを昨日買いました。都心ループバスが登場してもう20年も経ったんですね。それにしても系統名が「栄758」からいつの間にか「C-758」に変わっていて驚き!しかも今は大須も一周しているんですね。そもそも都心部でバスに乗ることがあまり無いのでそれも驚き。

で、たまたまこの日曜日に「丸栄」の前(広小路栄バス停)からこの系統に乗ったのですが、見慣れぬ路線図に一瞬、本当にこのバスは名古屋駅方面に向かうのだろうかと心配になったほど。(話を膨らませています)

バスは小型ですが、この数年で数度乗った経験ではいつもお客さんがいる感じ。チョイ乗りで定着しているようです。

ところで今回に限らず記念ドニチエコきっぷは毎回購入後に使っています。昔の「記念乗車券・記念入場券」の類は使うことなく『死蔵』してのコレクションでしたが、これは使えるので投資=実用という意味で買う意欲がより湧きます。

なお「使わなくても買うだろう」という天の声は私の耳には届いていません。そうっ、使わないなら2枚は買いません。…きっと。

2018年01月13日 18時34分

チュウキョ~くんの鉄道フェスタ、応募締切近づく。

2月4日(日)に開催する「チュウキョ~くんの鉄道フェスタ」。その「定員制イベント」の応募締切が近づいてきました。

出演はホリプロマネージャーの南田裕介氏と

クラシックデュオのスギテツのお二人。

詳しくはホームページ「チュウキョ~くんの鉄道フェスタ」まで。

2018年01月01日 0時02分

明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。今日の画像は私の趣味を知っている方にお出ししている年賀状です。

また今年もよろしくお願いします。

2017年08月24日 8時49分

名古屋市内でのイベント2題。

《イベント1/鉄道写真展》

来週水曜日(8月30日)までキヤノンギャラリー名古屋にて、鉄道写真家/米屋こうじさんの写真展「Hello Goodbye」が開催されています。

昨日から明日・金曜日まで米屋さんが在廊されているとのことでしたので、ご挨拶かたがた行ってまいりました。

ところで今回の写真展の特徴は“鉄道写真展”なのに“鉄道車両”が写っていないこと。車内から見た窓外の風景だけの写真展で、それも被写体を止めてそれ以外を流すという、流し撮りの世界です。車両はなくとも“鉄道”をしっかり感じることが出来る不思議な世界が広がっていました。

※会場で流し撮りというか逆流し撮りの方法を教えてもらいました。

※この写真の右側の書籍は米屋さんの新刊「ひとたび てつたび」。サインを頂きました。

真ん中の缶バッジ2個は、昨年、米屋さんとご縁を頂いたミャンマーの思い出。多種の缶バッジの中から選びました。(上の缶バッジは新刊本の表紙写真)

左下のオリジナルスタンプもいい味を出しています。

●キヤノンギャラリー…地下鉄東山線・鶴舞線 伏見駅10番出口すぐ、10時~18時(最終日 15時まで)、日曜日はお休み、入場無料

《イベント2/森林鉄道資料展》

名古屋市熱田区にある「熱田白鳥の歴史館」では今月一杯(~8月31日)、「熱田区制80周年記念 山の日 関連事業 森林鉄道資料展」が開催されています。

まず「熱田白鳥の歴史館」って何ですか?ということでしょうが、熱田区の白鳥公園内にある林野庁中部森林管理局名古屋事務所が設置した『木材産業の歴史を分かりやすく解説、展示する資料館』で、小規模ながらなるほどと思わせてくれます。

ところでそもそも何で“白鳥公園”に林野庁の施設があるのかということもありそうですが、この地は木曽、飛騨地方で伐採された木材の一大集積地(白鳥貯木場)で、その跡地を利用したのが白鳥公園であることを知る人は名古屋市民でも今や少数派でしょう。1989年(平成元年)、名古屋市制100周年を記念してこの地をメイン会場にして「世界デザイン博覧会」が開かれたことも鑑みれば、かつてそこにあった貯木場の規模が分るでしょう。また1916年(大正5年)には貨物線/名古屋港(なごやみなと)線からの支線も開業しています。

※拙ブログで2016年12月1日にUPした「名古屋貨物ターミナル駅(3)100周年の八幡信号所のタブレット。」で紹介した八幡信号所がまさに白鳥への支線の分岐点です。

今回はその一角で森林鉄道に関する写真、ジオラマ、資料類が展示されています。

ジオラマは力作で、森林鉄道の往時の輝きを再現しています。

展示を見ていて「林業遺産」というのがあるのを知りました。時間が出来たらゆっくり回ってみようかな。

●熱田白鳥の歴史館…見学時間:平日 9:00~16:00、入場無料

※土・日は開館しておらず、しかも見学時間も限られます。たまたま平日に夏休みを取っていたので運良く見に行くことが出来ました。今回は森林鉄道の歴史だけではなく、常設展示されている産業としての林業とセットで見ることが出来たのが良かったと思っています。

2017年01月01日 0時21分

あけましておめでとうございます。

鉄道年賀状

あけましておめでとうございます。

今年もゆる~く鉄旅を楽しもうと思っています。

お付き合いのほど頂ければ幸いです。

2016年07月30日 20時09分

北海道新幹線(3)青函トンネルを通過。

2016_06_12 北海道新幹線_26

海峡線と北海道新幹線の合流地点。新函館北斗を出発して約20分。13:04頃に通過。

2016_06_12 北海道新幹線_31

ほぼほぼ青函トンネルに入る直前。

2016_06_12 北海道新幹線_35

トンネルに入れば一息なので、ここでお昼ご飯に。

まずはビール。

2016_06_12 北海道新幹線_37

車内では「北海道新聞」のニュースが流れている。もうすぐ北海道ともお別れ。

2016_06_12 北海道新幹線_41

ビールに続いて日本酒。かの札沼線(と、私は言いたい!)「新十津川駅」からほど近いところにある酒蔵「金滴酒造」の1本。順調に北海道を堪能しています。そしてこのグラスが空になる頃に本州に到達。

グランクラスの日本酒

参考までに木古内駅前の道の駅「みそぎの郷 きこない」ではこんなパッケージも販売していました。

2016年01月01日 8時01分

あけましておめでとうございます。

DSC_1494鉄道ブログ用

あけましておめでとうございます。

昨年はいろいろと充実した鉄活をすることが出来、なおかつクリスマスイブにはドクターイエローと出会うといったような一年の締めくくりとして実に喜ばしいこともありました。。

今年はこれまでの行き当たりばったりもしくは人任せの鉄活を少し改め、自ら考え動く一年にしたいと思っています。もしもどこかで出会うことがあれば声をかけていただければ幸いです。

そしてこのブログに今しばらくお付き合いいただければ嬉しく存じます。

明日からはまたサハリン(樺太)鉄道旅を続けます。

DSC_1492

2015年12月25日 20時08分

サハリン(樺太)鉄道旅(65)豊真線のループ線。

豊原(ユジノサハリンスク)を出た列車がもう少しで真岡(ホルムスク)という地点。

バスの走る道路からは少し離れた場所でかつての豊真線はループ線を使い高度を稼いでいました。

豊眞線ループ スキャン

昭和3年発行の「樺太の鉄道旅行案内」にその写真が載っていました。

DSC04230_鉄道歴史博物館

2008年撮影のループ線。1994年にこの路線のトンネルが崩落し、一時は復旧を目指したこともあったようですが、そもそもロシアの鉄道規格の車両が通れないこともあって結局廃線となりました。しかし時にはホルムスクからループ区間の入り口まではこうした貸切列車が運転されたこともあるとのことで、この写真はその貴重な証となっています。

参考までにこのまま列車が奥に進むとトンネルに入り、ぐるりと坂を上りつつ一周して橋を渡りユジノサハリンスク(豊原)に向かうことになります。

豊眞線瀧ノ澤

この写真は「樺太の鉄道旅行案内」にあった豊原から18.3哩(マイル)、約29.5キロの距離にあった瀧ノ澤駅。豊真線の最高地点で標高1330呎(フィート)=約405メートルの地にありました。

鉄道路線図トリミング

昭和14年の路線図(再掲)で瀧ノ澤駅の場所を見るとそこは「奥鈴谷」の隣の駅。

実はバスに乗っている時に私が感じたこのルートの最高地点は昨日UPした海が見え始めた辺りでした。道路を走っていたからということもありますが、どうやら人間と言うか私の感覚が如何に当てにならないかということを証明してしまいました。

それにしてもこんな凄い山越えに挑む鉄道を明治の人が作ったのには驚嘆させられます。また豊真線の山岳区間はサハリンでも豪雪地帯として知られているそうですから、返す返すもただ単に「先人の努力」という一言で終わらせるわけにはいかないと思っています。



ADVERTISEMENT

カレンダー

2018年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

新しい記事

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!