2019年07月29日 23時01分

祝!名鉄豊田線開通40周年。

1979年(昭和54年)7月29日、今から40年前の今日、名鉄豊田線が開業しました。そしてその日から名古屋市営地下鉄と名鉄豊田線が相互直通運転を始めました。

ということでいろいろな記念グッズの発売もあったのですが、私はこの「名鉄豊田線・地下鉄鶴舞線相互直通運転40周年記念乗車券」だけ購入しました。まあハードルが低かったこともありますが…。

こちらは開通1年後に発売された「名鉄100系ローレル賞受賞記念入場券」。

これは私が買ったものではなく。頂き物。それはともかくこの時、既に私は働いていたのですが、その当時、ニュース等で「豊田新線」という表現をしていたと思います。それが開通して暫くの後、「新」が取れたと思っていたのですが、「豊田新線」は通称で、最初から正式名称が「豊田線」だったと今回、初めて知りました。ちょいと恥ずかしい。

(小ネタ)

上豊田駅の料金。開業時から上豊田駅は無人駅だったのですが、当時は自動改札機が無かったため、ホームに入るための入場券は必要ではなく、こんな「0円」表記となっています。

知人から聞いた解説です。

2019年07月27日 8時46分

碧南レールパーク(5)三河旭広場(三河旭駅)

碧南レールパーク終点の三河旭広場(旧三河旭駅)。

この場所にあった鉄橋の基礎をそのまま利用したモニュメントがあります。逆側から見ると空へ飛び出していくような感じになっています。

元々の三河旭駅がどんな規模の駅だったかは知らないのが残念ですが、今は(近所の保育園)子供たちが遊ぶ公園となっています。

子供向けの遊具だけでなく、大人が楽しめる遊具もあり、廃線跡巡りではなく、新たな廃線跡の利用方法として面白いと思いました。ただこれは市街地の廃線跡というのがキーワードでしょう。

機会があれば一度行くのをお勧めします。ただ三河旭広場から碧南駅への戻りの交通機関は碧南市のくるくるバスがあるのですが、本数が少ないので健康増進で往復歩きでしょうか?

2019年07月26日 8時24分

碧南レールパーク(4)棚尾広場(旧棚尾駅)

棚尾広場(旧棚尾駅)。プラットホームはかつての石積みをそのまま利用しているとのこと。

線路(白線)の幅は1067ミリ。その間に書かれた「TANAO ST」の文字が、私のイメージでは反対向きですが、大浜口広場から来た際の公園の入り口にあたるので、、それで「T」を先にしているような気もします。

前の写真から少し公園の中に入ってみました。線路が分岐しており、その先の赤い建物(?)が何となく電車が停まっているように見えます。

ここまで来て思ったのは、それぞれの駅が、公園としての一定の役割を果たせるスペースがあること。例えばですが、最初に訪れた大浜口広場をともかく玉津浦広場に続きこの棚尾広場にもトイレがあり、それは利用者にとってはありがたい存在と思います。

2019年07月25日 23時51分

碧南レールパーク(3)玉津浦広場(旧玉津浦駅)

旧玉津浦駅。ここで二手に分かれていますが、左が本線(三河線)で、右がここで分岐していた臨港線の跡になります。白線の分岐が無ければ1959年(昭和34年)に廃止となった臨港線の事は私はきっと知らないだろうし、市民の記憶からの消えていたのではないでしょうか?

単に三河線の廃線跡を公園にしたのではなく、碧南の歴史を公園にしたのだと実感した出来事でした。

ホームです。多分場所は同じでしょうが、かつてのホームの再利用ではなさそうです。

2019年07月24日 20時38分

碧南レールパーク(2)大浜口広場(旧大浜口駅)

碧南レールパークの碧南駅側の起点、大浜口広場(旧大浜口駅)。

白い2本の線が、かつての線路のあった場所だそうです。

白い線路の先にあるモニュメントは実物のレールと線路。

見た感想を先に書きますと、市民にすっかり浸透しているようでランニングされている方、普通に歩いている方、犬の散歩の方、それぞれがそれぞれで楽しんでいました。

正直言って、廃線跡の利用なので大した整備はしていないだろうと勝手に思い込んでいました。しかしそうではなく、隅から隅までちゃんとした『公園』であり、こんな施設が近所にあったら嬉しい!と思えるほどでした。

2019年07月23日 21時16分

碧南レールパーク(1)全長2.3キロの遊歩道。

2004年(平成16年)、名鉄三河線の通称海線区間の一部「碧南~吉良吉田」間が廃止されました。

一方、今年の7月5日の碧南駅。

碧南駅の南方。これぞ廃線跡。そして廃線にはなったもののこの先の旧大浜口駅(三河線/大浜口支線の駅で、“三河線”の駅ではなさそうです)から先、玉津浦~棚尾~三河旭間2.3キロが公園として整備され、昨年(2018年/平成30年)3月から全体が使えるようになりました。

今回は廃線跡巡りとしてこの公園を紹介します。

2019年07月22日 16時15分

衣浦臨海鉄道(2)鉄橋を渡る。

衣浦湾と言うか境川と言うか鉄橋を渡る場所。

碧南市の対岸、東浦町側にやってきました。そこから撮影した最初の写真は、碧南市を高架で抜ける列車。列車はこの後、ゆったりと左に曲がり、橋を渡ります。

この直前と、ほんの2~3分前に橋の下を船が通過。惜しい!残念!

曇り空なら反対側で、手すりを入れずにすっきりと撮影できるのですが、この直前、薄日がさしており、結局この位置。記録写真ですのでまずはOK。

2019年07月21日 16時01分

衣浦臨海鉄道(1)碧(みどり)インターチェンジ。

名鉄碧南中央駅から徒歩15分ほどの国道247号線碧インター近く。

衣浦臨海鉄道の撮影スポットとして知られた場所で、この7月5日に初めて行ってきました。

衣浦臨海鉄道の列車のダイヤは、公式HPに掲載されているのでそれを参考に出かけており、往路が重連で1本、単機は短期牽引で2本というちょっと変わった運転方式ですので、まずはというかやはりというか絶対に外せない重連を狙いました。

衣浦臨海鉄道の碧南市駅。入替作業を見学。

2019年07月20日 17時24分

明知鉄道と農村景観日本一地区。

農村景観日本一。岐阜県恵那郡岩村町(平成元年の発表当時、現在は恵那市岩村町)にあり、私が担当していた番組でも取材させていただきました。

(撮影場所の座標)35.381582, 137.457273

この写真は農村景観日本一展望所と呼ばれる施設があり、そこから撮影したものです。(明知鉄道飯羽間駅から徒歩30分)

上の写真と同じ場所で少し目を移すと明知鉄道の線路が見えます。飯羽間駅~極楽駅の間で、列車のやって来る時間は、この写真でちょうど右側の線路が見切れる辺りが飯羽間駅なので大体の見当がつきます。

農村の景観の中を走る気動車。いい風景です。

2019年07月19日 16時57分

明知鉄道の田んぼアート。

明知鉄道名物ともいえる田んぼアート。

(撮影場所の座標)35.347018, 137.395126

写真で上の方の田んぼが切れて民家との境目の場所が明知鉄道山岡駅。

そこからこの撮影地(田んぼアートを見るため?の展望台)までは徒歩10分ほどです。

田んぼアートを横から見てみました。もう少し立体的かと思ったら平面。

ど根性ガエルのピョン吉みたいなもんだろうな、とか思いつつこのブログを読んでいる方でピョン吉を知っている人はいかほど?



ADVERTISEMENT

電子書籍「稲見駅長の鉄道だよ人生は!!」
稲見駅長の鉄道だよ人生は!! ―各駅停写の旅―

カレンダー

2019年10月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!