2018年09月30日 14時00分

長良川鉄道の夏(5)登録有形文化財。

台風24号の接近に伴い、各鉄道事業者では計画運休が発表されています。

長良川鉄道でもこの時間、すでに終日運転見合わせとなっています。

では長良川鉄道の話を続けます。

美濃市駅ではまだまだ登録有形文化財があります。それが「長良川鉄道美濃市駅プラットホーム及び待合所」。

以下、文化庁のHPの解説文「駅舎の南側に位置する。延長九八メートル、側面玉石積の直線状構造物で、両端をスロープ状とする。ホーム上には桁行六・四メートル、梁間三・二メートル、下見板張の木造待合所一棟、古レールでつくった上屋二棟及び木造階段室を設け、歴史的な鉄道景観を創る。」。

この駅に降り立ったのは実は初めて。下車した時とは逆順になりますが、改札口を通り過ぎるとホームに向かう通路があります。その独特の景観は、当時の線路を敷いた状況と駅舎の関係で、これしか選択が無かったからでしょうがどこでもある風景ではなく珍しいと思いました。うろ覚えですが、高山本線の飛騨小坂駅が同様の構造だったと記憶しています。

通路を抜けて階段を上ります。

ホームに出るとそこにはユネスコ(国連教育科学文化機関)の無形文化遺産になっている美濃和紙の製品が展示されています。今回は素通りしてしまいましたが、時間があればこれをゆっくり見るのもお勧めです。

待合室。文化財で列車を待つ贅沢はそうそう出来るものではありません。

さてここからが平成30年7月豪雨(西日本豪雨)についてのお話。美濃太田方面への上り線の信号はいつも通りの光景です、

しかし郡上八幡方面に向かう下り線の信号はちょっと様子が異なります。

信号の下に赤い旗が出されており、これがいつもとは異なり、今が非常時であることを示しています。

2018年07月22日 16時57分

観光列車「つどい」(9)大羽根園駅徒歩5分の場所で撮り鉄。

「湯の山温泉日帰り入浴」すべく温泉街を眺める。

入浴のあとは湯の山温泉の地サイダー「キララポンポン水」を飲むという、まあ菰野町の術中にハマった行動。

三交湯の山温泉から近鉄湯の山温泉駅まではバスに乗車。本当は15:13発に乗りたかったのですが、温泉でノンビリし過ぎて乗れず。

ところで下山した方が多い時間なのか、臨時運転のバスあり。15:45発のバスは近鉄湯の山温泉経由アクアイグニス行きなのですが、臨時便は近鉄湯の山温泉行き。

それにしてもロープウエイ乗り場まで路線バスが来てくれるとありがたいのですが…。

「つどい」下車時には撮影しなかった駅舎の写真を撮影。

湯の山温泉駅で出発を待つ観光地「つどい」。

リアル謎解きゲーム列車「湯の山秘密鉄道と伝説の折鶴」として湯の山温泉駅発16:05、近鉄名古屋駅着17:23で運転されますが、往路で乗車していた方が復路の電車に乗るのを見かけましたので、その方たちはきっと心穏やかな時間を過ごしたことでしょう。

15:55着の普通電車はCTYラッピング。

私は折り返し15:59発のこの電車に乗り、次駅の大羽根園を目指します。

この日の最後のお約束。御在所岳を背景に走る観光列車「つどい」の撮影。大羽根園駅に到着してから6分しか時間が無かったのでここに到着するのがやっと。乗るつもりだったバスを逃したつけは大きかった。

光線の具合は承知の上でしたが、このコマ以外は電車の正面に架線柱が被って撃沈。

この場所は電車の中から見て決めたのですが、そもそも知られた撮影地であり、同好の方が3人おられました。

この「つどい」、10月からは足湯列車として運転されますので、紅葉シーズンになったらもう一度乗って、御在所岳&日帰り入浴&撮影の旅に出掛けようと思っています。

2018年07月21日 16時55分

観光列車「つどい」(8)ゴンドラから直下を見る。

絶景!

御在所岳名物の奇岩、珍岩を一つ紹介。

ロープウエイ山上公園駅から見た「地蔵岩」。絶対に落ちないことで有名だそうで、受験シーズンには人気となるとのこと。ただ肉眼では確認が難しいかも?この写真を望遠レンズで撮影し、それをトリミングしています。

さて午後2時前。下山開始。

ゴンドラからの風景。

新しいゴンドラの床にはガラスの部分があり、下を覗くことが出来ます。そこから日本一の高さを誇る白い6号鉄塔を見下ろしてみました。ここ御在所岳は紅葉の名所でもあるので、秋になったらまた乗ってみるのもよさそうです。

ところで四季を通じて取材で何度も来ている御在所岳ですが、毎度こうして登山を楽しんでいる方を横目に見ています。

1212メートルという標高の割には難所の岩場があったりするのも人気の秘密だそうですが、残念ながら私は一度も挑戦したことがありません。

2018年07月20日 16時37分

観光列車「つどい」(7)今年初めてのトンボ体験。

取り敢えずビール。グラスが冷えている!

昼食は御在所彩り野菜のカレーうどん。伊勢うどんで作ったカレーうどんです。

そして津ぎょうざ。ご当地グルメの餃子は各所にありますが、これは知らなかった。直径15センチの揚げ餃子はこの時まで、見たことも食べたこともなし。

ところで上から目線で恐縮ですが、最近、観光地の施設のレストランって、本当に美味しいですね。

観光地の休憩所、いわゆるレストハウスも含めてですが、その食事がかつてとは打って変わって“名物”を生み出し、ちゃんとした料理でもてなすようになったのは何時の頃からでしょうか?

御在所岳山頂到着!1211.95メートル。もう少しざっくりと言えば1212メートル。ロープウエイの終点からリフトで来ているので、あまり達成感はありませんが…。でもやはり山頂は山頂です。

直ぐ上を飛行機が飛んで行く。中部国際空港を離陸し旋回中でしょうか、もの凄く近く感じます。

御在所岳と言えば赤トンボ。ございしょ自然学校のHPによれば「赤トンボ」というトンボはいないそうで、この写真は多分「アキアカネ」。色がまだ赤くないのですが、羽化直後はどうもこんな感じのようです。それはそれとしてこんな光景を見ているだけでも癒される。

2018年07月19日 16時33分

観光列車「つどい」(6)乗車記念特典。

今回の観光列車「つどい」に乗車した方全員にこのうちわが配られます。

これを記載の各所で見せると「乗車記念特典」として優待が受けられます。私が選んだのはその内の「御在所ロープウエイ」と「湯の山温泉日帰り入浴」。

ロープウエイの往復2400円が1200円となっており、取り敢えずこれだけでつどいの乗車料1000円の元を取った気分。ところで今月、この御在所ロープウエイでは10両のゴンドラが新しくなっており、ロープウエイも一応鉄道の仲間(鉄道事業法の内の索道事業)としてそれに乗ることもこの日の目的の一つ。購入したロープウエイの乗車券に「観光列車つどい」の印刷がされているのには意表を突かれました。

三交湯の山温泉バス停。ここからロープウエイの終点まで少し歩きます。

天候は晴れ!往路は残念ながら新しいゴンドラに当たりませんでしたが、帰りは運よくそれに乗っています。

それにしても登山を楽しむ方が多いですね。

ゴンドラの終点は、地上の暑さとは打って変わって10度ほど低い24度。日陰に入れば気持ちの良さ100%なのですが、日向を歩くと汗が噴き出てくる…。

2018年07月18日 16時29分

観光列車「つどい」(5)サイダーでスッキリ、お酒でほろ酔い。

7月14日(土)、近鉄のリニューアル観光列車「つどい」の旅。

湯の山温泉駅に11:22に到着し、良い感じで撮影を終えた11:28に近鉄四日市駅始発の普通電車の入線。

参考までに「つどい」の近鉄四日市駅~湯の山温泉駅間の所要時間は30分。この普通電車の所要時間が26分ですから途中で乗降扱いのない「つどい」の方がノンビリ走っている計算になります。

また話が前後しますが、「つどい」の近鉄名古屋駅~近鉄四日市駅間の所要時間は39分。同区間を特急は27~28分、急行は33分で走りますから間違いなくどこかで後続の「伊勢志摩ライナー」に抜かれているのですが、乗車中は全く眼中になし。

「つどい」全区間の所要時間、1時間16分は私の体感的には30分ほどでした。

ところで湯の山線の電車には開湯1300年のヘッドマークあり。ここはお約束の写真撮影。

湯の山温泉駅前では、菰野町の観光PRの出迎えあり。

二人の女性が持っているのは、見た目は同じ紙コップでの試飲ですが、

1つは湯の山温泉の地サイダー「キララポンポン水」、そして湯の山温泉女将の会きららの皆さんと地元早川酒造の共同開発による日本酒「きらら吟醸」。お昼ご飯を食べる前にほろ酔い。

ここから三重交通のバスで湯の山温泉まで移動。何とそのバスにお見送りがあるとは思ってもみませんでした。このパターンでの撮影は初めてかも?

2018年07月17日 16時15分

観光列車「つどい」(4)近鉄名古屋駅入線&湯の山温泉駅からの戻り。(動画)

今日は今回のこの観光列車「つどい」シリーズに写真をご提供いただいた鉄友Nさんが撮影した動画です。

まずは近鉄名古屋駅の入線。

続いては、リアル謎解きゲーム列車「湯の山秘密鉄道と伝説の折鶴」湯の山温泉駅16:05発の戻りの列車。湯の山温泉駅と大羽根園駅の間での撮影です。

2018年07月16日 20時24分

観光列車「つどい」(3)内部のレイアウトは変わっていませんが…。

湯の山温泉駅到着でやっとのことでじっくり新しくなった「つどい」と向き合います。車体色は以前の「つどい」とのあまりもの違いに正直ついていけない程ですが、ただこのシックな装いも、以前との比較をしなければ私個人としては素敵なデザインだと思っています。

車内の座席等の備品、レイアウトは変わっていませんが、以前が小さなお子さんのいる家族連れのための小さな遊園地だったとすれば、今の雰囲気は大人の遊び場と言ったところでしょう。

3号車。内装が変わったので印象は大きく異なります。と言っても以前のつどいに乗ったことが無いので、あくまでも写真で見た範囲での比較です。

※「こども運転台」は健在です。

2号車。このスペースを生かしていろいろなイベント展開が出来そうです。

バーカウンターでは菰野町の特産品販売あり。

1号車の写真は、湯の山温泉駅到着時に私も撮影しているのですが、鉄友Nさんが近鉄名古屋駅で撮影された写真の方が、発色が良かったのでお借りしました。

それはさておき、カーペットの色がガラッと変わったことで「風のあそびば」は、モダンな大人の寛ぎの空間に脱皮したと言えば言い過ぎでしょうか?話は飛びますが、椅子の色を最初に見た時はボルタリングのホールドを連想し、一つ一つに手をかけて前をてっぺん(前方)を目指して進みました。

2018年07月15日 21時34分

観光列車「つどい」(2)リアル謎解きゲームは苦難の連続。でもはまる!

リアル謎解きゲーム列車「湯の山秘密鉄道と伝説の折鶴」。この列車はこの7月14日(土)から2019年2月28日(木)まで行われる『~菰野町と近鉄が湯の山温泉を盛り上げます~近鉄エリアキャンペーン「開湯1300年 ゆこうよ 湯の山」』のイベントの一つで9月2日まで運転されます。

乗車とともに謎解きキットを渡され、名古屋駅を出て直ぐにゲームスタート。最初はこんな写真を撮っているほど余裕をかましていました。事前の検索で、相当に難しいとは分かってはいたもののそこはそれ電車の中でのゲームだから何とかなるだろうと高をくくっていたのです。そしてそんな根拠のない自信はこの表紙を開けたところで無残にも砕け散りました。

近鉄名古屋駅を出発し、外の景色どころか車内の移動はゲームを解くためであり、乗り鉄として楽しむなぞ1mmもありませんでした。今回の乗車の目的の一つであった名古屋線から湯の山線への渡線体験も視界に入らず、当然記憶にもありません。近鉄四日市駅で進行方向が変わったのを知ったのは動き始めた、その時でした。

この列車に乗車していた知人たちの知恵を借りながら最終的に、湯の山温泉駅到着の11:22の直前に「おめでとう」に辿り着きましたが、私一人では惨敗していたでしょう。途中でギブアップした方も結構おられたようです。

同種のゲームの展開を知っていればその知識が多少役に立ったのかも知れませんが、それにしてもここまで夢中になってはまるとは思ってもみなかった!

ゲームの内容はここでは書きませんが、途中の段階で答えが先に分かっても…。

さてふと気づけば、外から風が入ってくる。格子の部分が開いているのですね。

外から見るとこの部分。デザインとしても良い感じ。

湯の山温泉駅では菰野町の「僧兵太鼓」のお出迎え。観光列車の到着らしさ全開。名古屋から1時間少々でとっても“旅気分”。

ホームでは電車の撮影大会の始まりです。やっと3両の全貌が見えました。

2018年07月14日 22時45分

近鉄のリニューアル観光列車「つどい」(1)湯の山秘密鉄道と伝説の折鶴。

南米・ペルーの旅行記はしばしお休みします。

近鉄の観光列車「つどい」がリニューアルし、本日(7月14日)から営業運転を開始という事で早速乗ってきました。目的地は湯の山温泉です。

列車券の購入は発売日の6月14日(木)。定員48名という事で、平日とはいえ会社帰りの夕方なので買えないのではないかと言う一抹の不安を抱えていましたが、無事私の手元にやってきました。

で、何番線から出るのだろうかと思っていたらよもやの4番線。10:06発という時間帯を考えれば、確かに4番線だろうと容易に推測は出来たはずなのですが、3両編成の4番線発は珍しいのでは?

名古屋駅への入線は10時。

人出の予想をしていたこともあり、そこに参加するのは止めることにして結構ギリギリの時間に行ったのですが、この場に立ってみればやはりいろいろ撮影したいと思うのが人情。結局遅掛けにその輪に参加。だったらもっと早く行くべきだった。

『開湯1300年 ゆこうよ 湯の山』車体にはこんなデザインのイラストあり。

湯の山温泉は実は歴史のある温泉なのです。そう言えば取材で出かけた際、「湯の山温泉は千OOO年前からある…」と言った様な紹介を毎度していた記憶あり。

ということでテープカットには湯の山温泉のある三重県菰野町の石原正敬(いしはらまさたか)町長もおられ、

名古屋駅出発後に車内で記念写真を撮らせて頂きました。

菰野町観光協会公式キャラクター「こもしか」くん。出発直前までホームで愛嬌を振りまいていました。

そして10:06。いざ湯の山温泉に向けてリアル謎解きゲーム列車は出発。

唐突に「リアル謎解きゲーム列車」と書きましたが、このゲームが私の鉄道趣味人生でも珍しいというか“苦難”の幕開けとなったのです。続く。



ADVERTISEMENT

カレンダー

2018年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!