2010年03月12日 9時09分

D51、柘植駅出発

関西本線柘植駅のD51牽引の貨物、
亀山方面への出発。

関西本線と草津線のジャンクションである
この駅は一日中、忙しい駅でした。

旅客列車の本数はともかく貨物の本数が多く、
亀山から柘植に向かっての25パーミル勾配を
乗り越えるために必要な後補機のみならず
坂を下る貨物にも後補機がついたため
その連結、解結があったためです。

ところで「坂を下る」貨物も
柘植駅出発では良い「煙」をはいていました。

また駅の構内は賑やかでしたが、
駅前は静かだったと記憶しています。

2010年03月11日 20時09分

D51 加太~柘植

前に同じく、昭和46年1月15日の撮影。
関西本線加太~柘植間。

成人の日がまだ1月15日に固定されていた
時代の話です。

蒸気の終焉がもう目の前に近づいていた頃ですが
あまり人(撮り鉄さん)とも合わず、
友人と静かに撮影をしていたことを
覚えています。

当時、撮影で出かけた時の最大の課題は
食料・飲料の調達です。

自動販売機にお茶がまだ無い時代で、
当然ペットボトルは無く
水筒を持ち歩いていたと
記憶しています。

2010年03月11日 19時21分

関西本線のD51693

昭和46年1月15日の撮影。

関西本線、加太~柘植間。
D51693の雄姿です。

この頃は、貨物列車も多く、
撮影の待ち時間が手持ち無沙汰ということは
あまりありませんでしたが、
車で移動ということはあり得ない時で
それが一番、大変だった記憶があります。

2010年03月11日 12時06分

関西本線の名所

以前撮影したフィルムのデジタイズを
やっと始めました。

最初は、中京テレビのエリアならここ。
関西本線の撮影名所だった
加太~中在家(信号所)間の大築堤です。
今ならお立ち台と呼ぶにふさわしい場所です。

D51重連の貨物はとても魅力的でした。
昭和46年1月15日の撮影です。

携帯でこのブログをご覧の方は
肝心のSLが小さくてすいません。
お許しください。



ADVERTISEMENT

電子書籍「稲見駅長の鉄道だよ人生は!!」
稲見駅長の鉄道だよ人生は!! ―各駅停写の旅―

カレンダー

2019年11月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!