2016年08月22日 20時17分

遠州鉄道で撮り鉄(7)遠州病院駅で撮る。

12:19に遠州病院着。ここで30形を一旦見送り、戻りの西鹿島行きを駅撮りすることにしました。

2016_08_06 遠州鉄道_69

「あかでん」で親しまれている遠州鉄道。昭和生まれの古豪にもその色は似合っています。

2016_08_06 遠州鉄道_70

遠州病院12:26発の電車を迎えます。

2016_08_06 遠州鉄道_71

入線。

2016_08_06 遠州鉄道_73

停車中。編成写真を撮影するなら反対側ホームが良いのですが、順光にはならないので下りホームで撮影していました。

2016_08_06 遠州鉄道_76

見送り。

2016_08_06 遠州鉄道_81

遠州病院発12:30の電車で新浜松に戻ります。如何にも終点の駅という車止めが良い感じですが、相対式ホームですので、これからまだ先に延ばされるような気分です。

2016年08月20日 20時13分

遠州鉄道で撮り鉄(5)続・さぎの宮駅。

本命の撮影は終わりましたが、この後30形が新浜松から折り返してくる電車に乗り込み音を楽しむ予定だったため、その出発時間までもう少しこの場で粘ることにしました。

などと私が主語で書いていますが、本当のところは「撮り鉄初心者」で「乗り鉄」である私の為に、同行者が「乗り」も組み入れた完璧なスケジュールを立ててくれていたのです。

2016_08_06 遠州鉄道_41

まずはさぎの宮発11:02の西鹿島行き。

2016_08_06 遠州鉄道_42

後追いで一枚。青空が気持ち良いですね。

2016_08_06 遠州鉄道_47

横位置。さぎの宮11:06発の新浜松行き。

2016_08_06 遠州鉄道_49

この場所での〆はさぎの宮11:18発の新浜松行き。たまにはこんなのもありかな?という1枚。

2016_08_06 遠州鉄道_51

吊り掛け電車の30形はさぎの宮発11:26。

モーターのある30形(25)ではなく、モーターのない30形(85)に乗車。何でかと言えば、25が混んでいたから。85はそれに比べ空いており、ほんの少し遠いところで唸りを上げるモーター音を楽しみました。

2016_08_06 遠州鉄道_52

西鹿島到着。同じホームの向こうに電車が止まっている終着駅の風景。

2016年08月19日 20時10分

遠州鉄道で撮り鉄(4)さぎの宮駅で30形を撮る。

この日の最終的な目的は大井川鐡道のビール列車。ここ数年、毎年呑み(乗りではありません)に出掛けているのですが、ただそれだけでは勿体ないので、浜松工場の「新幹線なるほど発見デー」とスケジュールがあった年はそこに出掛けてからであったり、そうでない年は天竜浜名湖鉄道の「転車台・鉄道歴史館見学ツアー」に参加したりした後、集合場所の新金谷に向かっていました、

で、今年は同じく参加する鉄友さんに「前半戦はどうします?」と『同行したい』という下心ありありで聞いたら、「遠州鉄道で30形を撮って、大井川でジェームス・川根路を撮影の予定です。ご一緒しませんか?」とのありがたいお言葉。二つ返事でありがたく連れて行ってもらえることになりました。

2016_08_06 遠州鉄道_27

ということで10:38に「さぎの宮駅」で下車。定番のお立ち台でまずはさぎの宮10:42発進浜松行きで肩慣らし。

2016_08_06 遠州鉄道_28

続いて新浜松駅で見かけた30形を撮影。定期列車ではなく回送でしたが、単線で12分間隔なのに更にこんな電車が走れるなんてある意味、凄い。

さて先に「30形を撮影」と書きましたが、狙いの30形はこれではありません。

2016_08_06 遠州鉄道_34

10:54過ぎ、新浜松に向かう本命の30形の編成/モハ25+クハ85が登場。この電車の運転は遠州鉄道の公式ウェブサイトでも鉄道ファン向けにわざわざ紹介されるほどで、この日の多くの鉄道ファンがこの地にやってきていました。

2016_08_06 遠州鉄道_37

この電車は、モーターから車輪に動力を伝える方式が吊り掛け駆動という昭和の時代は当たり前に見られたものの、今は本当に数少なくなったタイプの電車で、外見よりは、車内に響くその豪快なモーター音が人気です。

2016年08月18日 20時08分

遠州鉄道で撮り鉄(3)新浜松駅。

浜松駅に10:07着。青春18きっぷではなく、マナカで乗ってきた残念な私。

2016_08_06 遠州鉄道_16

313系R101編成とはここでお別れ。

2016_08_06 遠州鉄道_18

遠州鉄道の新浜松駅は徒歩数分。この日は何かイベントはあるようで、その準備が行われている中を歩きます。

2016_08_06 遠州鉄道_22

「あかでん1日フリーきっぷ」(1000円)を買って早速ホームへ。

おっ、30形(モハ51+九派1)が停車中。何と幸先の良いことよ。しかしその電車には乗らず2000形2001編成の新浜松10:24発西鹿島行きに乗車。

2016_08_06 遠州鉄道_24

遠州鉄道は全線単線にも関わらず何と12分間隔。頻繁に対向列車と行き違います。八幡駅でも交換。

2016_08_06 遠州鉄道_25

遠州鉄道は、昭和51(1976)年6月2日と昭和61(1986)年10月5日の2回乗っていますが、その違いは高架化前と後です。自動車学校前駅で高架を降り、私の知る風景が戻ってきました。

※昭和61年は曳馬までしか乗っていません。

それよりお恥ずかしい話しですが、助信駅~上島駅間が高架になったのを知りませんでした。鉄道誌をちゃんと読んでいないことが露呈しました。

2015年12月20日 13時53分

台湾鉄路管理局プユマ号(普悠瑪列車)の甲種輸送を追う(1)えっ!。

12月17日(木)、豊川市の日本車輌製造で作られた台湾鉄路管理局プユマ号(普悠瑪列車)の甲種輸送列車が豊川~豊橋~笠寺~東港(名古屋臨海鉄道)~名電築港~東名古屋港(名古屋鉄道)といういつものルートで運転されました。いやっ、運転されるはずでした。

2015_12_17 プユマ号甲種輸送_1

本当は東海道本線のどこかで1枚狙ってからここ東名古屋港辺りで狙いたかったのですが、時間の都合でそれは出来ず、少々お手軽ではあるものの最初からここで待つことにしました。

2015_12_17 プユマ号甲種輸送_2準備万端整えた後、列車は15:20頃に現われるはずだったのですが…。15:00頃に同じ列車の撮影に来ていた方から「笠寺駅で名古屋臨海鉄道の機関車不調で抑止となっており、今日はここを通りませんよ」と教えられ愕然。

2015_12_17 プユマ号甲種輸送_6とりあえず往生際の悪い写真を撮って笠寺駅にバスで移動。

2015_12_17 プユマ号甲種輸送_11

開業50周年のヘッドマークも輝かしいND5527を先頭にプユマ号は静かにそこにいました。

2015_12_17 プユマ号甲種輸送_30

動かないならそれは致し方ないので、出来る範囲で撮影。

2015_12_17 プユマ号甲種輸送_33新幹線との2ショット。

2015_12_17 プユマ号甲種輸送_35 EF66 124

EF66 124との2ショット。

この定番での場所での撮影はここで打ち切り。東港駅から救援の機関車が来るということも無さそうで、いつ動くかもしれない列車を見守るのは諦め、ホームから少し撮影し、家路につくことにしました。

※プユマ号は確か2年前の製造・輸出で終わりと聞いていたのですが、大幅な円安もあって2編成の追加増備が決まり、14日の月曜日に1編成目の甲種輸送、そしてこの日が正真正銘の最後の最後の甲種輸送でした。14日は極めて順調にことが進んだと聞きました。

2015年11月14日 22時07分

明知鉄道開業30周年(7)岩村駅にて。

お酒を買うために持っていった大き目のデイパックに2本のお酒を詰め込み16:45発の恵那行きに乗車。

2015_10_24 明知鉄道きのこ列車_100

恵那発明智行き。

2015_10_24 明知鉄道きのこ列車_99

そして私たちが乗る恵那行きはここで交換です。

DSC_1285

往路ではゆっくり見られなかった極楽駅の「幸せ地蔵」。何度か見ていますが、可愛くかつ穏やかな表情は名前の通り、見ているだけでも幸せな気分になれます。

DSC_1287

明知鉄道名物「つり革広告」。単に広告だけではなくメッセージもOKです。料金は1年間で5000円。

女性タレントさんの「彼氏大募集中」のメッセージの宛先は事務所の住所が書かれており、テレビ番組の企画かな?とか思いつつ、でも親しみが湧きます。一応個人が特定されそうな所は似顔絵を含めマスキングをしておきました。(笑)

DSC_1288

恵那駅17:13着。

明知鉄道30周年記念イベントに参加した人たちもこの電車でお帰りかな?

2015年11月13日 22時04分

明知鉄道開業30周年(6)岩村の造り酒屋。

大正村で散歩していた方と合流し、岩村駅で下車。

DSC_1281

古い城下町の街並みを通り抜け造り酒屋の岩村醸造へ。

DSC_1275

店内では湧水が出迎えてくれます。

ところでこの岩村醸造のウェブサイトのアドレスは「http://www.torokko.co.jp/」。そうなのです“トロッコ”!

DSC_1276

店内にはかつて米や酒などの運搬に使われたトロッコの線路が今も残されており、それを辿って行く酒蔵への見学ルートがあります。

2015_10_24 明知鉄道きのこ列車_93

お店の方に撮影とブログでの掲載の了解を得てパチリ。

2015_10_24 明知鉄道きのこ列車_96

何だか不思議探検隊気分。

2015_10_24 明知鉄道きのこ列車_95

ここが見学ルートの終点。線路はもう少し先まで続いているようでした。

※私が大変お世話になった方(故人)が、かつて岩村・恵那方面によく出かけており、その度に日本酒好きな私のためにここ岩村醸造の酒を買ってきてくれました。私には思い出の多い酒でもあります。

2015年11月12日 22時02分

明知鉄道開業30周年(5)花白温泉。

さて明智からの戻りです。

伊原組5名の内、一人は初大正村とのことで散歩にでかけ、4名は明智駅13:59発の列車で花白温泉に向かうことに。そして全員が再度、岩村で合流することにしました。

2015_10_24 明知鉄道きのこ列車_75

山岡駅には廃車となったアケチ1形がいます。

2015_10_24 明知鉄道きのこ列車_77

あれっ?前に見た時よりきれいになっている気がする。

DSC_1274

14:14に花白温泉。

2015_10_24 明知鉄道きのこ列車_78

入浴前に14:27発の明智行きをパチリ。大量の薪は温泉の加温用とのこと。

2015_10_24 明知鉄道きのこ列車_81

駅の目の前には何故か大釜。誰か中に入れて撮影するのも面白そうですが、但し、私はお勧めしません。現地でこの釜を見ると納得していただけると思います。

2015_10_24 明知鉄道きのこ列車_82

花白温泉15:31発に乗車。

花白温泉は小規模な温泉で、温泉の湯船も一つ。私たちには一列車分の間隔である1時間ほどの滞在で丁度良い感じでした。

2015年11月11日 21時54分

明知鉄道開業30周年(4)明智駅。

2015_10_24 明知鉄道きのこ列車_55

急行大正ロマン号+開業30周年+食堂車のプレート。

明知鉄道のゆるキャラ「てつじぃ」が良いアクセントになっています。

2015_10_24 明知鉄道きのこ列車_64

仕事を終えた車両たちが車庫に戻っていきました。明知鉄道の現有車両6両の内、何と4両を使った贅沢な旅が終わりです。

2015_10_24 明知鉄道きのこ列車_65

明知鉄道明智駅。仕事でも何度か来ているし、プライベートでもこれで4回目。もはや私のホームタウンです。

2015_10_24 明知鉄道きのこ列車_68

明知鉄道が作っている寒天飲料「クールスカイ」。紫蘇入りをチョイス。

余談ですが「クールスカイ」は清涼飲料,果実飲料,飲料用野菜ジュースの分類で商標登録されている本気の商品です。

2015_10_24 明知鉄道きのこ列車_70

ところで現在、明知鉄道では「明知鉄道かかし(案山子)コンテスト」を開催中。山岡駅近くの沿線にずらりと並んだかかしの中から、これはと言うものを選び審査用紙に記入して投票すると、抽選で記念品がもらえます。(乗客が審査員です)

かかし

そうそう、投票の多かった作品を作った方は勿論表彰されます。(私も投票してきました)

2015年11月10日 20時25分

明知鉄道開業30周年(3)松茸三昧。

1日乗車券込みで5000円のきのこ列車。

2015_10_24 明知鉄道きのこ列車_45

席に着くと既に配膳済み。

2015_10_24 明知鉄道きのこ列車_46

中を開ければそこはきのこの舞い踊り。ロージ茸、平茸、イクチ茸、舞茸…。

DSC_1259

何と松茸!

DSC_1258

こちらもマツタケ!

ご飯は驚きのおひつが空になるまでお代わりし放題。

私は計3杯頂きました。

DSC_1261

もう一発まつたけ!

明智駅着は13;33なので乗車時間は53分と短めですが、30分ほどで完食。十分にきのこ三昧出来ました。大満足。リピーターが多いとも聞いていますが納得です。



ADVERTISEMENT

電子書籍「稲見駅長の鉄道だよ人生は!!」
稲見駅長の鉄道だよ人生は!! ―各駅停写の旅―

カレンダー

2020年9月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!