2018年07月13日 17時12分

アンデアン・エクスプローラーの旅(13)カクテルタイム。

ディナーを前に、カクテルタイム。19時から始まるのに合わせ、ジャケットを身に纏いラウンジカーに向かう。この日のカクテルは赤ワインベース。

ここはフラッシュをたかず雰囲気重視。

グランドピアノの伴奏で生歌あり。

日本のクルーズトレインでもこうした大人の時間はあるのでしょうか?

19:30から始まったディナーの写真はありません。撮ってはあるのですが、あまりに出来が悪く…。

その代わり(にはなりませんが)22:30頃に着いたフリアカ駅。この日の最終目的地、プーノまではあと少し。でもそこに到着する前に私は眠りにつきました。

2018年07月12日 17時08分

アンデアン・エクスプローラーの旅(12)標高4335mに到達。

ペルーレイル/アンデアン・エクスプローラー号のHPでは17:45と書いてあったラ・ラヤ峠の観光の開始時間。この写真を撮影したのは17:51でほぼ定時。もっとも時間通り走っていたかどうかは日本に戻ってから確認したこと。一応、日本を出発する時にタイムスケジュールをダウンロードしておいたのですが、それを気にして旅をすることがいかに意味のないことかはその時点で悟っていました。

GPS計測による高度計アプリでは4358メートルですが、同列車の乗務員の方からのインフォメーションでは4335メートルでした。

なぜここで停車しているのか?それはここがクスコ~プーノ間で一番標高が高いからで、クスコ(3400m)から1000m近く高度を稼いでいます。

因みに現在、ペルー国内の鉄道で、旅客列車の走る路線の最高地点がここ。日本の最高地点は小海線の清里~野辺山間(1375m)にありますが、駅ではない正にその地点で停車していると思って下さい。

周りはほぼ真っ暗ですが、デジタルカメラは流石。

ブレブレですが、何とこの暗さの中でお土産屋さんが盛業中。一応灯りはあるのですが、支払いの時は携帯電話を懐中電灯代わりに財布を照らしてお札を数えます。売っているのはアルパカ製品や民芸品です。

ラ・ラヤ峠で停車する列車の目の前には教会があります。この近くに集落があるのでしょう。

ここに10分ほどいて車内に戻ります。どの停車駅でもそうなのですが、列車からの乗降用にステップが用意されます。乗客数が限られているので基本、一箇所だけで対応しています。

2018年07月11日 17時06分

アンデアン・エクスプローラーの旅(11)給水塔と転車台。

シクアニ駅(この駅名で、多分正解)。蒸気機関車が現役時代の名残であろう給水塔が今もあります。

結構ボロボロな感じではあるものの転車台もそのまま残っています。

現在、このクスコ~プーノ間にどれほどの数の列車が走っているかは分かりませんが、これらの設備は多分、使われてはいないでしょう。

サッカー少年たち。ペルーのサッカーは強いと聞いたことがありますが、この標高で走り回っているのは、ただそれだけでも凄いと思う。

民族衣装を身に纏い、颯爽と歩くペルーの人たち。

重い荷物を背負って舗装されていない道を歩く姿は、昭和の時代を生きてきた私にとってデジャブ。

2018年07月10日 17時00分

アンデアン・エクスプローラーの旅(10)シクアニの町で、年に1回のお祭りに出会う。

アンデアン・エクスプローラー号、年に一回のお祭りに出会う。の巻。

16:20頃、アフタヌーンティーの時間が終わり、部屋で寛いでいました。窓外の景色が田園風景から街並みに変わり、踏切をゆったりとした速度で通過。と、その時、思わぬ光景がそこにありました。

ここはクスコからプーノへの途中にあるシクアニの町。

思わずカメラの電源を入れ、速攻で撮影。間に合いました。

あとで聞いたところこの町では年に1回、小学校に通う子供たちが各クラス別に民族衣装を身に着けて練り歩くお祭りがあるとのこと。

3年前のサハリン/ノグリキでも年に1回のお祭りとの出会いがありましたが、こうした出会いが私を旅に駆り立てるのかも知れません。

※ノグリキのお祭りはこのブログでは2015年11月18日~でUPしています。

子どもたちが踊りながら練り歩く姿は本当に可愛い。

パレードに寄り添うように歩く大人の姿もありました。

標高3505メートル。夢幻の世界に踏み入った気分。

2018年07月09日 16時58分

アンデアン・エクスプローラーの旅(9)アフタヌーンティー。

ラクチ遺跡から直ぐのところにあった石垣から飛び出ている石段。上り下りに使うのでしょうが、何せ場所が場所だけに一体何年前からここにあるのだろうと思って撮影した一枚。インカ帝国の時代からあるのでは?などと考えるのが楽しい。

ラクチ遺跡に向かう時は気付いていませんでしたが、列車が見通せる場所を通過。客車の青と白の塗分けは遠目でも印象的です。

ダブルルーフのクラシカルな列車の横を行く人。彼の眼にこの列車はどのように映っているのでしょうか?

ダブルルーフを車内で見上げてみる。凝った造りに改めて職人の技を感じる。

ラクチ遺跡から戻り、15:40頃からアフタヌーンティー。

盛りつけられたスイーツ。インスタをしている人にはたまらない被写体の一つ。となるのでしょうか?

2018年07月08日 16時52分

アンデアン・エクスプローラーの旅(8)ラクチ遺跡。

携帯電話に高度計アプリを入れ、それをチェックしながらの旅。この列車に乗る時にツアーの添乗員さんから携帯電話のGPS機能を使った「高度計アプリ」があるのを教えられ、それを早速試している。

※このアプリはたまたま選んだだけで、教えてもらったものではありません。

クスコの標高は3400mなので、まだまだ同じレベル。

因みにどのアプリでも誤差はある程度あるようなので、確定とまでは言えないものの参考レベルでは使えます。

14:20過ぎ、ラクチ遺跡へのツアーに出掛けます。

クスコを出発して約3時間強。初めての下車です。

インカ帝国の遺跡。

ペルーのクスコ周辺に規模の大きい歴史遺産がこれほど各所にあるとは私は知りませんでした。そしてここラクチ遺跡もその一つで、検索するとこの遺跡も結構出てくる(日本語サイト)ので、日本人でここを訪れる方はそれなりにいるようです。ただツアーでの訪問は少ないという印象です。

修復中と思われる作業。

2018年07月07日 16時47分

アンデアン・エクスプローラーの旅(7)手を振るこども。

列車が動き出した後、昼食後も展望車には行かず部屋のソファーに体を沈め、風景を眺める。

「揺れます」とは聞いていたもののさほどでもない。もっとも私の「揺れる」の基準は、廃止直前の時期の名古屋市電であったり、ミャンマーの鉄道だったりするので比べる対象が…。などの戯言(ざれごと)はさておきですね。

ただ上下左右への揺れが少ないと言っても、そもそも滑りやすい机の上にカメラなどを置くのは止めた方が良さそうです。また一番揺れるのは、私の体感では列車がブレーキをかけたり、勾配の途中に停まった状態から走り始める時の前後動で、自動連結器で繋がった16両編成ですから、それを避けることは難しいでしょう。昭和の時代の客車列車に乗ったことのある方なら分かって頂けると思います。もっとも平地での停車中からの動き出しは本当に滑らかです。

乗車してから1時間半。やっと列車に乗っていることに慣れ始めました。カーブに差し掛かるとこの列車の長さがよく分かります。因みに私の乗っている車両は前から10両目。

列車が通過すると手を振ってくれる子どもがいるのがきっと世界共通。14:16。

展望車からの眺め。

石畳?みたいなものが見えればそこはきっと駅。

2018年07月06日 16時43分

アンデアン・エクスプローラーの旅(6)酸素ボンベが常備の部屋。

洗面・トイレ回り。

飾りもお洒落。

この袋の中身。何が入っているのだろうと興味津々で開けてみれば…。ひょっとしての期待を裏切らないトイレットペーパーの予備。

なおこの袋を持ち帰ることはしていません。

標高4000メートル超の場所を走る列車のため、ベッドサイドには緊急事態に備えた乗務員の呼び出しボタンあり。(何か用事があれば押して良いとは聞きましたが、主たる用途はこれかな?)

また室内には酸素ボンベとマスクあり。(何と看護師さんも1名乗務されています)

この写真、あえて私の恥を晒します。

トレーナーを着てベッドでグダグダしてから着替えてディナーに向かったのですが、部屋に戻り、びっくり仰天。ベッドはほぼ使用前の綺麗な状態に戻され、脱ぎっ放しのトレーナーが畳んでありました。

ところでそのトレーナーの手前にあるのは、アンデアン・エクスプローラー号の乗客だけがもらえるバッグ。私は勿体なくて未使用のこのまま家まで持ち帰りましたが、他の方々は、列車の旅の途中で買ったお土産を入れたりして早速使われていました。またベッドの手前下のスリッパですが、これは折角なので部屋にいる時は使っています。

枕元のコンセントに差しっ放しだった携帯電話の充電ケーブルもある意味お洒落な状態に。

※ペルーのコンセントの形状ですが、どこでもほぼ日本のプラグが使えます。このコンセントも日本と同じ。しかもここに2つ。反対側のベッドサイドにも2つの計4つのコンセントがあり、時代の趨勢を感じずにはいられませんでした。(電圧は異なります)

2018年07月05日 16時35分

アンデアン・エクスプローラーの旅(5)部屋。

昨年の5月に運行を開始し、登場してやっと1年経ったばかり。以前、オーストラリアを走っていた車両をペルーに持込み、クスコで改装したのだそうです。

踏切では列車の通過に伴いご覧のごとく大渋滞。

列車が通り過ぎれば一斉に人と車が動きます。

私の居室は『CHILCA2』。

ラウンジで鍵を渡され部屋に向かいます。どんな部屋なのだろうかとドキドキ。

 

1両に2室のジュニアダブルベッドキャビン(JUNIOR DOUBLE BED CABIN)。部屋の広さは13.1平方メートル。「ななつ星in九州」に12室あるスイートより少し広めの部屋です。と言っても私は「ななつ星in九州」に乗ったことが無いので体感での比較は出来ません。

私の語彙が多ければきっとこの部屋の調度品などを美しい言葉で修飾することができるのでしょうが、残念…。

※部屋割りの都合でたまたまアップグレードされています。運が良かった。

豪華なのですが、居心地が良すぎ…。

正面のドアは、真ん中がトイレ・バスルームへの入り口、右側がクローゼットとなっています。

最上級のデラックスダブルベッドキャビンとは部屋の広さが同じで、トイレ・バスルームの作り(ゆとり)が違うそうです。

参考までに私の部屋のバスルーム(シャワールーム)の広さは、かつて乗ったトワイライトエクスプレスのシャワールーム(共用)と同程度の印象です。

2018年07月04日 20時23分

アンデアン・エクスプローラーの旅(4)ウェルカムシャンパン。

10時50分過ぎに列車に乗り込み、最後尾のラウンジのある展望車に集合。ウェルカムシャンパンを頂きます。

インターナショナルな車内。アルゼンチンから来られたご夫婦と少しだけ会話。そして互いに記念写真を撮影。と言っても語学力の関係で「どこから来たのですか?」程度。残念な私。今ならワールドカップの話ができたかな。

んーっ、リッチ。

高地では酔い易いので、一瞬の躊躇はあったのですが、敢えて大人の洗礼を受けに行く。

私がジャケットを着ているのには訳があり。

以前、この列車のディナータイムにはドレスコードがあり、最低でもジャケットとネクタイ着用とされていました。一方、この列車の室内はトランクの持込みが不可(荷物車に積込み)で、室内に持っていけるのはキャリーバッグかボストンバッグ程度。そのためジャケットを着て乗り込むことを、荷物を少なくする手段として選択しました。

などと書きましたが、ドレスコードは最近、緩くなったそうで、それほどかしこまらなくとも大丈夫だとは聞いていました。ただどうせなら、まあネクタイはしないまでもジャケット位は楽しもうかと思ってこうなった次第。実際に外国人の乗客の方たちも私程度のカジュアルな感じの方が多かった印象です。

ただ部屋に入って直ぐに着替えています。

そして4月26日午前11時。列車は音もなく静かに動き始めました。と、書きたかったのですがそうはならず。

クルーズトレインは賑やかな旅立ち。

いい旅になる予感。

ふと横を見るとナローの線路と客車と貨車。右に泊まっている標準軌の貨車の大きさの差は歴然。



ADVERTISEMENT

カレンダー

2018年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

新しい記事

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!