2018年12月15日 13時34分

スコットランドで撮り鉄(5)小さな駅の物語。

この日のホテルはグレンフィナン陸橋からほど近い場所。あとはホテルに行くだけなので、チェックイン前にグレンフィナン駅に行ってみました。

こちらは駅の信号扱所。

駅舎とホーム。ローカル線の小さな交換駅。

名古屋エリアでは、非電化時代の関西本線蟹江駅とか永和駅に近い感じかな?もっとも両駅には中線があるので、この駅よりは広々した感じではありますが…。

この看板に書いてあるように、規模は小さいですが駅舎内は博物館とお土産屋さんになっており、また観光案内所でもあります。私はここでハリー・ポッターのロケ地ガイドの本を買いました。

時間にゆとりが出来たら、聖地巡礼で回ってみるのを良いかな?とか思っている次第。

博物館に足を踏み入れる。日本でも駅舎の中を見学施設として開放しているところがありますが、そんな感じです。長良川鉄道の郡上八幡駅「ふるさとの鉄道館」が近いかな?

駅を彩る鉢植えの花。こうした風景はヨーロッパの駅だけではなく日本でも見かけますが、スコットランドの地まではるばるやって来たという感慨があるせいか、何か特別な存在に見えます。

ところでこのグレンフィナンの地が、単に美しい景色の中を蒸気機関車がけん引する列車「ジャコバイト号」が走るだけなら、ここまで世界的な観光地になったでしょうか?確かに撮り鉄さんは来るかも知れませんが、映画のロケ地という価値の大きさには全く驚かされます。

2018年12月14日 16時04分

スコットランドで撮り鉄(4)S字カーブの魅力。

グレンフィナン陸橋を俯瞰で撮影した場所から駐車場までは歩いて約15分。結構距離があるのです。そしてその駐車場から車を出して走ることしばし。

あらかじめギリギリ間に合うのではと目星をつけてあった場所の一つ。幹線道路のすぐ横からの撮影。ぶっつけ本番。このS字カーブは想像以上にいい感じだった。

人のことはあまり言えませんが、世に爆煙好きな方は多いです。そしてそれが上り勾配に立ち向かう重連だったりしたならばそれはもう痺れまくりです。ただ私はこうした長閑な風景を行く蒸気機関車ならば、この程度の少し遠慮がちな煙も好みです。

秋の訪れを感じさせる日本でもありそうな風景。
15:40の撮影。この日の撮影はこれで終了。

そして最後にこの場所での動画です。1分14秒あります。

2018年12月13日 17時30分

スコットランドで撮り鉄(3)映画「ハリー・ポッター」の聖地巡り。

2018年9月12日。鉄道撮影のお立ち台として世界的な知名度がありながら、おそらく世界で一番撮り鉄でない人たちが集うお立ち台に到着。

その場所はグレンフィナン陸橋Glenfinnan Viaduct。

コンクリート製では世界最古と言われている美しいその姿は、鉄道写真ではなく、映画「ハリー・ポッター」の中で、ホグワーツ特急が走る路線として有名になりました。

こうして撮影する私の周りにいる人たちは、間違いなく世界から集まってきた「ハリー・ポッター」『聖地巡り』をするファン。その人数は恐らく数百人。一体何か国語が飛び交っているか見当もつかない。

考えようによっては私と同行者にとってこの場は完全にアウェイ。

聖地だから人が集まるというのはその通りでしょうが、この風景があらばこそ聖地となり得たのは間違いないと思います。イギリス国内でも、スコットランドは決して観光地として行き易い場所ではありません。

ましてグレンフィナンの地に来て、1日2往復の列車の時間に合わせてここにいるには、「1日で、ここだけ見れば満足です。」と言い切るほどの“覚悟”が必要と言ったら大袈裟でしょうか?

折り返しバック運転の列車を陸橋の下からあおってみる。

これはこれで絵になる。

などと悠長に構えて撮影していたわけではありません。ここからジャコバイト号の追っかけです。

2018年12月12日 17時31分

スコットランドで撮り鉄(2)2番目の撮影地にして、今回の最大の目的地に到着。

ジャコバイト号の夏季の運転は午前、午後の2往復。次の撮影まで3時間ほど時間があるのでその間に昼ご飯。

それにしても最初の撮影地あたりにはレストランもお店屋さんもなし。人口密度の低いところなので致し方ないのですが…。

ずーっと走ってきた幹線道路から、集落がありそうな雰囲気のある場所を目指して脇道にそれてみる。まあいわゆる動物的な勘ですね。で、ありました。世界的な食品小売りチェーンのお店。早速サンドイッチとコーヒーを買い、絶景ポイントの駐車場で食す。

これぞスコットランドという風景。

時刻表を見れば、ジャコバイト号の時間ではありませんが、ローカル列車の通過時間が近い。

13:14に撮影。とこうして書いているとまるで私が全てを調べて仕切っているかのようですが、実はこれ、同行の方が何から何までお膳立てしてくれた賜物。

実はレンタカーの手配もその方にお任せで、なおかつスコットランドでのホテルの手配もお任せ。

この地が3度目であったりする方なので、まあお任せするのが一番無難だったりはするのですが、ここまでおんぶに抱っこだと、次回誘っていただけるかどうかがとても心配な今日この頃。

そして今回の旅の最大の目的地に到着。

そこに午後運行のジャコバイト号が到着しました。

2018年12月11日 15時18分

スコットランドで撮り鉄(1)ジャコバイト号と出会う。

私が以前からどうしても訪問したかった場所の一つ、イギリス/スコットランドのウエスト・ハイランド線West Highland Line。目的はその線でウエスト・コースト鉄道West Coast Railwaysが運営する蒸気機関車の列車ジャコバイト号The Jacobiteの撮影。

9月12日(水)、インバネスInvernessの朝。ホテルはその古い町並みの一角にありますが、ヨーロッパにありがちな建物の一部が部屋になっているスタイル。

インバネス駅。この日、この駅を使うわけではないのですが、前日は夜の到着だったので取り敢えず行ってみた次第。

人口およそ6万人の市の代表駅。

インバネス駅前でレンタカーを借りて走ること約2時間。この風景の場所に到着。ジャコバイト号が顔を出した時間は午前11:43。

スコットランドの美しい風景の中、憧れの列車は思ったより軽い足取りで進んできます。

この場所はジャコバイト号の撮影では定番の一つのようで、この後、絵葉書やポスターで何度も見かけました。

1つの列車の通過でいったい何度シャッターを押したことか。

2018年12月08日 15時57分

インバネスを目指して(6)カレドニアン・スリーパーとの出会い。

スコットランドの鉄道の最高地点にして、登山鉄道を除く一般的なイギリス国内の鉄道最高地点辺り。

スコットランドらしい風景(ということ)と聞いていましたが、夜の7時過ぎでは暗くてよく分かりません。残念です。

(余談)トイレ

駅で水を流すな!って、ひょっとして…。

ほぼ定時にインバネス駅到着。右側の列車が私たちは乗ってきた列車で、左側の列車はカレドニアン・スリーパー(Caledonian Sleeper)。

ここインバネスInverness とアバディーンAberdeen 、フォート・ウイリアムFort William の3つの町とロンドン・ユーストンLondon Euston駅を結ぶ夜行列車。3日後の9月14日(金)には、この列車にこの駅から乗ってロンドンに向かいます。

※カレドニアン・スリーパーには、上記の列車ともう一つ、ロンドンとグラスゴーGlasgow Central、エディンバラEdinburgh Waverleyを結ぶ列車があります。

私たちが乗る列車はエディンバラ・ウェイヴァリー駅で1つの列車に纏められるのですが、その駅はあくまでも運転停車で乗降は出来ません。つまり連結シーンは残念ながら見られません。

2018年12月07日 15時54分

インバネスを目指して(5)3回目の車内食。

16:34発のインバネス行きに乗車。

今回は久しぶりのイギリス国内列車移動ですが、以前より遅れは少なくなった気がしています。

インバネス行き列車の入線。16:24ですからこの駅で10分停車。

ところで車内に入ったのは良いのですが席がない。一等車内をあちこちうろうろしてやっとの思いで2席を確保。流石に2名が並んでは無理で、少し離れた席となりました。

20:04まで3時間半の旅。一息ついたら車内探検。

そして17:05に少々早い夕食。と言ってもこの日4回目の食事。これで明日の朝まで持たせます。

スコットランドに入ってからは天候が不順。雨が降ったり止んだり。その代わり、虹との出会い。

17:19頃は土砂降り。

2018年12月06日 15時50分

インバネスを目指して(4)ストリートミュージシャン。

ストリートミュージシャンがいるのは、ヨーロッパではお馴染みの光景。

この方にもチップを渡して、しばし音楽を楽しむ。

ついでにトラムを入れ込んで撮影してみる。特にこうして撮影する時は、チップは最低限度の礼儀だと思っています。何も対価を支払わずに撮影することはしていません。

チップの金額に関わらず、間違いなく演奏者は張り切って音を出してくれます。本当はそれで音が変わることは無いのでしょうが、それでもそんな気がする私。

町の風景に溶け込むのはトラムの良さだと私は思っています。ポイントは歩行者がいること。

インバネス行き列車の時間が近づいて来たので、この写真を持ってエディンバラでのトラム撮影終了。

エディンバラの町は見所も多いのですが、そこには足を運ばず、次に歩を進めます。

2018年12月05日 15時44分

インバネスを目指して(3)エディンバラのトラム。

私たちがヨークから乗った12:54発の列車はエディンバラ行きでしたが、その1時間後のヨーク駅13:54発の列車はこの日の目的地インバネスInverness駅に直通します。その列車のエディンバラ発は16:34でインバネス着は20:04。

その1時間を使ってエディンバラ市街を走るトラムの撮影を楽しみました。

駅を出てまず目の前に現れたのは夥しい数のバス。それも2階建てのバスが多い。その光景は圧巻です。

エディンバラ市役所のHPにAn estimated 513,210 people lived in Edinburgh as at mid 2017とありましたので、人口は約50万人。東海3県では比較しやすい町がないのですが、三重県の桑名市と四日市市を足したよりも少し人口が多いということになります。

そんな町の真ん中をトラムが走ります。

そのトラムは全長14キロ。1路線で市街とエディンバラ空港を結んでおり、平日の日中は3~7分間隔となっています。

42.8mという長~い編成のトラムが町中を走るのは如何にもヨーロッパ。(JRで言えば約2両強の長さ)

この町のトラムは2014年の開通。意外にも最近、公共交通の仲間入りを果たしています。

2018年12月04日 15時41分

インバネスを目指して(2)行き先表示。

昼下がりのイギリスの風景。

時折街が見えます。

イングランド最北の町、ベリック・アポン・ツイードBerwick-upon-Tweed。ここを過ぎるとスコットランドに入ります。同じ国でも異なる国ということは私の理解の範疇外ですが、それがイギリスです。

イギリスの列車のあるある話。ドアに貼られている行先と途中の停車駅名。車内から見るとこんな場所にあります。

外から見るとこんな感じ。

途中の停車駅は全て書いてあって、乗車の時にこれを見るのは必須。

行先のエディンバラ・ウェイヴァリーEdinburgh Waverley駅には10分少々遅れての到着。



ADVERTISEMENT

カレンダー

2018年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

新しい記事

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!