2015年03月16日 20時12分

渓湖糖廠の五分車(2)蒸気機関車の始まりは火起こし。

公共の交通機関であれば、台鉄の員林駅からバスが便利な渓湖糖廠。ただ渓湖のバスターミナルからは少々歩く必要があります。

2014_12_01 台湾・渓湖糖廠_7

台湾の保存精糖鉄道で、蒸気機関車が運行されているのは前に紹介した烏樹林とここ渓湖糖廠の2箇所となります。その中でもここ渓湖糖廠の蒸気機関車は石炭炊きとして知られ、観光客の人気を集めています。

私たちがここに着いたのは午前7時45分頃。当初の予定(ツアーの日程表)では、ディーゼル機関車が牽く観光列車に乗る予定だったのが、「鉄道」愛好家の団体が日本から来るということで、渓湖糖廠のご好意で急遽蒸気機関車に変更となったとのこと。また希望者には火起こしから見学しても良いというサプライズもあり、日本出発直前に早朝からの渓湖糖廠訪問が決まりました。しかもこの日は通常は運行していない月曜日で、そういう日は貸切運転の希望があった時だけ動かすとのことでした。

2014_12_01 台湾・渓湖糖廠_8

さて機関車の前には焚きつけが用意され、

2014_12_01 台湾・渓湖糖廠_9

それを機関車の火室に入れていきます。

2015年03月15日 20時10分

渓湖糖廠の五分車(1)ホテル。

今回のツアーでは彰化市内の福泰商務飯店(彰化フォルテホテル)に2泊しました。

2014_12_01 台湾・渓湖糖廠_1

といいつつまずは台鉄の自強号の車内でピックアップした紙コップ。列車の中で撮影できなかったのでホテルに着いてから撮影しました。勿論、家に持ち帰っています。

2014_12_01 台湾・渓湖糖廠_2

ホテルの部屋から見た彰化市内の風景。鉄道は見えませんでしたが高層階だったので景色はバッチリ。

2014_12_01 台湾・渓湖糖廠_3

外観はこんな感じ。彰化駅から少し離れた立地でしたが徒歩5分圏内にスーパーもありお土産はそこで調達しました。

2014_12_01 台湾・渓湖糖廠_4

ロビーには世界の著名な建造物とその土地の現在時刻が分かるようになっており、インターナショナルな感覚を醸し出していました。フロントには日本語の分かるスタッフがほぼ常駐しており、気分的にはとっても楽。ただ英語の出来るスタッフが常駐している事はないようで、それはそれで台湾のホテル事情が見えて面白かったです。さて12月1日(月)はバスで30分弱の渓湖糖廠が目的地だったのですが、私は3日目にして初めて明るい時間帯にホテルの外観を見ました。何せ11月29日(土)は夜7時頃の到着。11月30日(日)は夜明け前の出発で、戻ったのは夜の9時過ぎ。こんな立派なホテルだったんですね。

因みにこの日も出発時間は7時15分で、朝食は2日続けてサンドウィッチのボックスと相成りました。このホテルの朝食は美味しいとの噂があったのですが、「鉄」優先の行動のためそれを確かめる事は出来ませんでした。

2015年01月13日 19時55分

新営糖廠の五分車(6)中興駅に戻ってきました。

17時12分頃には出発地の街に戻ってきました。

2014_11_29 新営24

街中にこんな大規模な踏切もありもう感動モノです。流石、台湾の基幹産業の一つだったサトウキビ鉄道だけのことはあります。係員がいるのも意外感があって面白いと思いました。もっとも列車が通過しきる前に遮断機が上がったのは驚きでしたが…。所変われば品変わる。

2014_11_29 新営25

いよいよ中興駅の駅舎が見えてきました。これで初日のイベントは全て終了。やっぱりナローはいいなあ。

2014_11_29 新営26

で終わらないのが我がツアーの参加者。ホームに到着してもバスには直ぐに戻らず機回しを撮影。見た目は結構明るい感じですが、実際には夕闇が迫っており、そんな時にフルオートで撮影したため、それほど早く走っていない機関車がブレてしまいました。シャッタースピード優先にすべきだったと反省しても時既に遅し。残念。

新営

最後にここの乗車券。「記念票」というのが如何にも観光鉄道的で好感が持てました。

2015年01月12日 19時54分

新営糖廠の五分車(5)乗車中。

16:50発の最終列車が出発。

2014_11_29 新営21

私たちのツアー客もいますが、写真に写っているのは一般の観光客で、なかなかの乗車率でした。

2014_11_29 新営22

左にお寺があるこの場所が往路で撮影していた場所で、この列車は交換が無いため、停車せずにいいピッチで通り過ぎました。

2014_11_29 新営23

よくあるパターンの走行中の連結器。軽便鉄道によくあるピン・リンク式連結器を見るとついシャッターを押してしまいます。まあ習性ですね。

2015年01月11日 19時53分

新営糖廠の五分車(4)八老爺駅点景。

八老爺駅からの出発準備は完了。

2014_11_29 新営17

と言っても私たちが撮影地からここに到着した16:30頃には既にこの状態でした。なかなか雄雄しい感じがします。

2014_11_29 新営18

最後尾の方から見た五分車。このポイントは今も現役で、内燃機関車はここを通って付け替えられます。

2014_11_29 新営19

同じ場所から反対側を見てみました。車が通ることもあるためすっかり線路に土が入っています。ただこの一番手前あたりまでは機回しで入っているはずのところですが、運用には支障がないようです。

※機関車は小型ですのでひょっとしたらここまでは来ないかも?

2014_11_29 新営20

トロッコ客車の最後尾では、子供がシャボン玉で遊んでしました。ノンビリとしたここ五分車らしいと感じシャッターを押しました。

※撮影後にお母さんの了解を取りました。因みに私のカメラの液晶画面をお母さんがスマホで撮影して喜んでくれました。

2015年01月10日 19時53分

新営糖廠の五分車(3)八老爺駅。

八老爺駅(乳牛的家)。

2014_11_29 新営16

駅名標が立派です。

2014_11_29 新営12

如何にも観光鉄道の終点らしい華やかさがあり、この日も観光客で賑わっていました。

2014_11_29 新営13

中には廃車体を使った飲食コーナーもあり、台湾の方の身近な観光地のようでした。車で来る人もいるのかな?

2014_11_29 新営14

車内は日本の観光用列車でも見かける座席にテーブルを後付したタイプに見えましたが、窓割りから考えると後付っぽかったです。

2014_11_29 新営15

駅構内で一人カラオケ。お客さんの前で歌いチップをもらっているのかそれともただ聞いて欲しいのか?そこは不明でしたが日本では見ない光景で興味を持ちました。ただ彼の前に座って聞くのは…。

2015年01月09日 19時50分

新営糖廠の五分車(2)列車交換。

新営糖廠の特徴としてはまずその長さにあります。八老爺線「中興」~「八老爺」間4.6キロは台湾に残る(観光用)精糖鉄道では最長(台湾糖業公司のウェブサイト参照)だそうで、走る速度は10~15キロとの事ですが多分15キロは出ていないと思います。

2014_11_29 新営7

ここ新営糖廠は先に撮り鉄タイムで、帰りに乗車となっていました。その心は?また後で報告。

さて16時に見え始めた列車ですが待てど暮らせど近づいてきません。何せノンビリ。ところで3線区間が途中で途切れているのが分かりますでしょうか?思いもよらぬ光景に目が丸くなりました。

2014_11_29 新営8

16:05頃にやっと目の前を通過。小なりといえど12両のトロッコが連なるのはある種、壮観です。

2014_11_29 新営9

ここは交換駅。今回ここを撮影地に選んだ理由は新営糖廠名物、列車交換を撮影するためでした。しかし先に到着した中興行きが停車したのは遥か彼方。ポイントのある場所でした。予想ではそこまでは行かないと思っていたのですが…。

※朝一番の下りと最終の上りは交換が無いとの事で、帰路の列車は交換がありませんでした。

2014_11_29 新営10

ということで交換風景は今一つの結果になってしまいました。

2014_11_29 新営11

しかし、かってサトウキビ畑が広がっていたであろう田園風景を行くトロッコ列車はいい感じで撮影できました。

2015年01月08日 19時49分

新営糖廠の五分車(1)広大なヤード。

平成26年11月29日(土)。

烏樹林糖廠からバスでおよそ15分。15時半頃に第2の精糖鉄道新営糖廠にやってきました。

※台湾鉄路管理局(台鉄)「新営」駅からも頑張れば歩ける距離だそうです。

2014_11_29 新営6

ここには台湾鉄路管理局の1067ミリの線路も入り込み、それも残されていることから3線区間が目立っているのが特徴です。それにしても広大なヤードには驚かされます。

2014_11_29 新営3

観光用のサトウキビ列車は中興駅が起点。駅前には往時の蒸気機関車も展示されており、少々の待ち時間があっても飽きる事はありません。

2014_11_29 新営4

丁度この駅を跨ぐように歩道橋があり、そこが絶好のお立ち台となっており、ツアー参加者の方たちがこの場所から思い思いの写真を撮影していました。

2014_11_29 新営1

駅ではサトウキビを絞る機械が置かれており、

2014_11_29 新営2

黒糖の飲み物を無料で頂きました。暖かいところで温かい甘いものを飲むのは、私は好きです。

2014_11_29 新営5駅舎とホームの間にはこんな線路も残されていました。

 

2015年01月07日 22時28分

烏樹林糖廠の五分車(8)撮影タイム。

蒸気機関車の牽く列車の戻りは私たちにとっては撮影タイム。勿論この列車に乗っていても良かったのですがやはりここは撮影せねばと挑みました。

いつもはある程度の撮影ならコンデジですが、今回のツアーの写真の多くはミラーレス一眼を使っています。(Nikon1 V2)

2014_11_29 烏樹林30

さて列車が顔を見せ始めました。これで南国の青い空が望めれば最高ですが贅沢は言えません。晴れていたらそれはそれで太陽の方角が気になるところですがそういう心配はありませんでした。(何か自分で自分を慰めている気もする)

2014_11_29 烏樹林31

なかなかカッコいいですね。重油炊きなので煙がないのは寂しいですが、ここは峠を越えての絶気運転と思うことにしました。

撮影終了で直ぐに移動。

2014_11_29 烏樹林32

大形観光バスなので簡単に移動することは出来ないのですが何せ列車のスピードが人<列車<自転車程度なので烏樹林駅の到着に間に合いました。

※本来の到着ポイントは出発したホームのある場所ではなく、博物館等の建物が並ぶその裏側とのことでしたが、ここに帰ってきたのもツアーのチャーターだからということのようでした。

2014_11_29 烏樹林33

五分車のイベントが終了し、最後に烏樹林糖廠の概要の説明を聞きながら駅舎内の見学もさせてもらいました。

2014_11_29 烏樹林34

私が気に入ったのはタブレット&左下の眼鏡&右の扇風機。扇風機の昭和感が堪らない。

2015年01月06日 22時19分

烏樹林糖廠の五分車(7)定期列車の到着。

終点駅で撮影していたら遥か彼方に内燃機関車の姿が見えました。

2014_11_29 烏樹林28

と言っても姿が見え始めてから既に3分ほど経っています。実際に本線を想像以上にゆっくり走る五分車を見たのはこれが始めてでしたが、そのスピード感がこれで何となくつかめ、この後の撮影に大いに役立ちました。

2014_11_29 烏樹林29

更に暫くしてやっと到着。

2014_11_29 台湾・烏樹林&新営_106

到着時間から計算して恐らく14:30頃に烏樹林駅を出た“定期列車”で、ツアーでチャーターした蒸気機関車の牽く臨時列車がホームのある線路にいるため、機回し線に入ってきたということがやっと理解できました。まあホームが無くても全く支障はなさそうでしたが、、、。

しかしこの柔軟さは感心するばかりです。



ADVERTISEMENT

電子書籍「稲見駅長の鉄道だよ人生は!!」
稲見駅長の鉄道だよ人生は!! ―各駅停写の旅―

カレンダー

2019年12月
« 7月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!