2015年03月20日 20時35分

渓湖糖廠の五分車(6)346号のこと。

蒸気機関車346号は1948年のベルギー生まれ。1954年からここ渓湖糖廠で働き1977年に引退するも、2007年に復活を遂げ今も元気に活躍しています。

2014_12_01 台湾・渓湖糖廠_21

火室の下に落ちていく火の粉が見えます。分かるかな?

2014_12_01 台湾・渓湖糖廠_22

運転台からの一枚。

2014_12_01 台湾・渓湖糖廠_23

スタッフの方に呼ばれたので行ったら火室を開けて見せてくれました。

2014_12_01 台湾・渓湖糖廠_24

ところでここの機関車で一つ発見がありました。そもそもはツアーの参加者が気付き教えてもらったのですが、第2動輪にフランジがありません。

2014_12_01 台湾・渓湖糖廠_25

日本の蒸気機関車ではE10形が有名ですが、そもそもこれだけじっくり見たのは私にとって初めての経験で、この第2動輪は346号が走る線路にありえない程の急なカーブがあることを教えてくれました。

2015年03月19日 20時33分

渓湖糖廠の五分車(5)磨き上げる!

2014_12_01 台湾・渓湖糖廠_17

この光景、やっぱり良いなあ。

2014_12_01 台湾・渓湖糖廠_18

さてさて金属部分は磨き剤を使ってピカピカにしていきます。

2014_12_01 台湾・渓湖糖廠_19

スタッフの愛情を感じる一時です。機関車が大切にされているのと同時に、我々観光客にも綺麗な姿を見せたいという気持ちが伝わってきます。

2014_12_01 台湾・渓湖糖廠_20

使っていた磨き剤がこれ!作業をされていた方にお願いして並べてもらいました。製品については家に戻ってから検索したことをここに書いておきます。

2015年03月18日 20時19分

渓湖糖廠の五分車(4)蒸気圧が上がるまでの一時。

蒸気圧が上がるまでしばし渓湖糖廠内の見学。

2014_12_01 台湾・渓湖糖廠_6

屋内の車両展示スペースにはここで使われていた蒸気機関車等が大切に保存されていました。

2014_12_01 台湾・渓湖糖廠_5

そんな中、またまた見つけてしまいました。トイレの案内。面白い!それにしても今時、厠(かわや)と読める日本の若い人はいるのだろうか?

2014_12_01 台湾・渓湖糖廠_15

機関車に戻って来たら、丁度クランク部分のねじを一つ一つ外して注油の真最中でした。

2014_12_01 台湾・渓湖糖廠_16

結構手間のかかる仕事ですが、年代モノの機関車だけに多分、動かす時は毎回している作業なのでしょう。

もっとも日本でも同様の作業を都度やっているはずで、始業点検は“古い車両”だからということは無いはずです。間近にみているので『特別』感があったような気もします。

2015年03月17日 20時17分

渓湖糖廠の五分車(3)火がついた!

8:11にいよいよ火起こし開始。

2014_12_01 台湾・渓湖糖廠_10

紙にライターで火を点け、

2014_12_01 台湾・渓湖糖廠_11

それを火室に放り込むと

2014_12_01 台湾・渓湖糖廠_12

焚き付けに火が移り燃え始める。

※「もえはじめる」と入力したら「萌え始める」と最初に変換されました。(笑)私は何者?

2014_12_01 台湾・渓湖糖廠_13

暫くすると煙突から良い感じで煙が出始めました。

2014_12_01 台湾・渓湖糖廠_14

とりあえずの間、火室の扉が開け放たれているとは思いませんでした。

考えてみればどうって事のない作業なのですが、まして考えようではバーベキューの火起こしと大して変わらないのに、それが蒸気機関車だと思うとどうしてこんなに興奮して写真を撮ってしまうのでしょうか?

2015年03月16日 20時12分

渓湖糖廠の五分車(2)蒸気機関車の始まりは火起こし。

公共の交通機関であれば、台鉄の員林駅からバスが便利な渓湖糖廠。ただ渓湖のバスターミナルからは少々歩く必要があります。

2014_12_01 台湾・渓湖糖廠_7

台湾の保存精糖鉄道で、蒸気機関車が運行されているのは前に紹介した烏樹林とここ渓湖糖廠の2箇所となります。その中でもここ渓湖糖廠の蒸気機関車は石炭炊きとして知られ、観光客の人気を集めています。

私たちがここに着いたのは午前7時45分頃。当初の予定(ツアーの日程表)では、ディーゼル機関車が牽く観光列車に乗る予定だったのが、「鉄道」愛好家の団体が日本から来るということで、渓湖糖廠のご好意で急遽蒸気機関車に変更となったとのこと。また希望者には火起こしから見学しても良いというサプライズもあり、日本出発直前に早朝からの渓湖糖廠訪問が決まりました。しかもこの日は通常は運行していない月曜日で、そういう日は貸切運転の希望があった時だけ動かすとのことでした。

2014_12_01 台湾・渓湖糖廠_8

さて機関車の前には焚きつけが用意され、

2014_12_01 台湾・渓湖糖廠_9

それを機関車の火室に入れていきます。

2015年03月15日 20時10分

渓湖糖廠の五分車(1)ホテル。

今回のツアーでは彰化市内の福泰商務飯店(彰化フォルテホテル)に2泊しました。

2014_12_01 台湾・渓湖糖廠_1

といいつつまずは台鉄の自強号の車内でピックアップした紙コップ。列車の中で撮影できなかったのでホテルに着いてから撮影しました。勿論、家に持ち帰っています。

2014_12_01 台湾・渓湖糖廠_2

ホテルの部屋から見た彰化市内の風景。鉄道は見えませんでしたが高層階だったので景色はバッチリ。

2014_12_01 台湾・渓湖糖廠_3

外観はこんな感じ。彰化駅から少し離れた立地でしたが徒歩5分圏内にスーパーもありお土産はそこで調達しました。

2014_12_01 台湾・渓湖糖廠_4

ロビーには世界の著名な建造物とその土地の現在時刻が分かるようになっており、インターナショナルな感覚を醸し出していました。フロントには日本語の分かるスタッフがほぼ常駐しており、気分的にはとっても楽。ただ英語の出来るスタッフが常駐している事はないようで、それはそれで台湾のホテル事情が見えて面白かったです。さて12月1日(月)はバスで30分弱の渓湖糖廠が目的地だったのですが、私は3日目にして初めて明るい時間帯にホテルの外観を見ました。何せ11月29日(土)は夜7時頃の到着。11月30日(日)は夜明け前の出発で、戻ったのは夜の9時過ぎ。こんな立派なホテルだったんですね。

因みにこの日も出発時間は7時15分で、朝食は2日続けてサンドウィッチのボックスと相成りました。このホテルの朝食は美味しいとの噂があったのですが、「鉄」優先の行動のためそれを確かめる事は出来ませんでした。

2015年01月13日 19時55分

新営糖廠の五分車(6)中興駅に戻ってきました。

17時12分頃には出発地の街に戻ってきました。

2014_11_29 新営24

街中にこんな大規模な踏切もありもう感動モノです。流石、台湾の基幹産業の一つだったサトウキビ鉄道だけのことはあります。係員がいるのも意外感があって面白いと思いました。もっとも列車が通過しきる前に遮断機が上がったのは驚きでしたが…。所変われば品変わる。

2014_11_29 新営25

いよいよ中興駅の駅舎が見えてきました。これで初日のイベントは全て終了。やっぱりナローはいいなあ。

2014_11_29 新営26

で終わらないのが我がツアーの参加者。ホームに到着してもバスには直ぐに戻らず機回しを撮影。見た目は結構明るい感じですが、実際には夕闇が迫っており、そんな時にフルオートで撮影したため、それほど早く走っていない機関車がブレてしまいました。シャッタースピード優先にすべきだったと反省しても時既に遅し。残念。

新営

最後にここの乗車券。「記念票」というのが如何にも観光鉄道的で好感が持てました。

2015年01月12日 19時54分

新営糖廠の五分車(5)乗車中。

16:50発の最終列車が出発。

2014_11_29 新営21

私たちのツアー客もいますが、写真に写っているのは一般の観光客で、なかなかの乗車率でした。

2014_11_29 新営22

左にお寺があるこの場所が往路で撮影していた場所で、この列車は交換が無いため、停車せずにいいピッチで通り過ぎました。

2014_11_29 新営23

よくあるパターンの走行中の連結器。軽便鉄道によくあるピン・リンク式連結器を見るとついシャッターを押してしまいます。まあ習性ですね。

2015年01月11日 19時53分

新営糖廠の五分車(4)八老爺駅点景。

八老爺駅からの出発準備は完了。

2014_11_29 新営17

と言っても私たちが撮影地からここに到着した16:30頃には既にこの状態でした。なかなか雄雄しい感じがします。

2014_11_29 新営18

最後尾の方から見た五分車。このポイントは今も現役で、内燃機関車はここを通って付け替えられます。

2014_11_29 新営19

同じ場所から反対側を見てみました。車が通ることもあるためすっかり線路に土が入っています。ただこの一番手前あたりまでは機回しで入っているはずのところですが、運用には支障がないようです。

※機関車は小型ですのでひょっとしたらここまでは来ないかも?

2014_11_29 新営20

トロッコ客車の最後尾では、子供がシャボン玉で遊んでしました。ノンビリとしたここ五分車らしいと感じシャッターを押しました。

※撮影後にお母さんの了解を取りました。因みに私のカメラの液晶画面をお母さんがスマホで撮影して喜んでくれました。

2015年01月10日 19時53分

新営糖廠の五分車(3)八老爺駅。

八老爺駅(乳牛的家)。

2014_11_29 新営16

駅名標が立派です。

2014_11_29 新営12

如何にも観光鉄道の終点らしい華やかさがあり、この日も観光客で賑わっていました。

2014_11_29 新営13

中には廃車体を使った飲食コーナーもあり、台湾の方の身近な観光地のようでした。車で来る人もいるのかな?

2014_11_29 新営14

車内は日本の観光用列車でも見かける座席にテーブルを後付したタイプに見えましたが、窓割りから考えると後付っぽかったです。

2014_11_29 新営15

駅構内で一人カラオケ。お客さんの前で歌いチップをもらっているのかそれともただ聞いて欲しいのか?そこは不明でしたが日本では見ない光景で興味を持ちました。ただ彼の前に座って聞くのは…。



ADVERTISEMENT

カレンダー

2018年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!