2015年08月10日 20時48分

幻の大仏鉄道遺構巡り(6)梶ヶ谷隧道(ずいどう)。

2015_07_25 大仏鉄道_97

梶ヶ谷隧道(かじがやずいどう)。下部が石積みで上部がレンガ造りのトンネルです。隧道と言えば鉄道が山をくりぬいて走るイメージですが、ここは鉄道の下を通る道としてのトンネルです。

2015_07_25 大仏鉄道_102

このトンネルは歩いて通り抜けることができ、どちらから撮影しても絵になります。

2015_07_25 大仏鉄道_104

梶ヶ谷隧道からほど近い赤っぽい色だから「赤橋(あかばし)」。

ここは流石にバスが通り抜ける事は出来ませんが現役の生活道路で、地元の人が使っています。

2015_07_25 大仏鉄道_108

明治の土木技術が至る所に光る「大仏鉄道」。いやあ面白いですね。ここまで来ただけで奈良市と木津川市が協力してパンフレットを作り、本気で取り組んでいるだけのことはあると思いました。

2015年08月09日 20時46分

幻の大仏鉄道遺構巡り(5)鹿瀬山橋台。

100年以上前に廃線となった鉄道の遺構がこれほど残っているとは!という“衝撃”の事実がここからスタートです。

2015_07_25 大仏鉄道_85

草木に覆われた鹿瀬山(かせやま)橋台。

2015_07_25 大仏鉄道_83

花崗岩の石積みの橋台で、水路が通っていることによる湿気からでしょうか苔むした石が何とも良い風情を醸し出しています。下に写っている石橋を歩くこともでき、そこから上を見上げれば橋があるわけではないものの100年以上前にここを駆け抜けた汽車に思いを馳せる事ができます。

2015_07_25 大仏鉄道_88

さて更に移動して次の目的地に到着。因みにこの場所でも皆さん撮影しています。

2015_07_25 大仏鉄道_90

一直線に伸びた一見農道。ここは大仏鉄道の廃線跡とのこと。それを右手に見つつ通り過ぎます。

2015_07_25 大仏鉄道_92

「大仏鉄道遺構巡り」の案内看板に従って歩いて行きます。気分はハイキングですね。というか実は「大仏鉄道ハイキングコース」として整備されている場所を私たちは歩いています。

2015年08月08日 21時43分

幻の大仏鉄道遺構巡り(4)駅東公園動輪モニュメント。

2015_07_25 大仏鉄道_54

木津川市(きづがわし)誕生を記念して作られた駅東公園動輪モニュメント。

2015_07_25 大仏鉄道_58

しかし大仏鉄道遺構巡りとしてはその動輪の足元に置かれているレールとレンガに注目です。開業時から昭和37年(1962年)までここにあった加茂機関庫転車台跡から発見されたもので、大仏鉄道開業時のモノであろうことから夢と浪漫が広がります。

2015_07_25 大仏鉄道_62

さて遺構巡りの最初の2つのイベントが終われば加茂駅前でボンネットバスの撮影会。近代的な駅舎とマンションを背景に一枚。

2015_07_25 大仏鉄道_64

今時の大型バスではとても通れない道をバスは走り、次の目的地を目指します。

2015_07_25 大仏鉄道_69

緑の中でバスを下車。バスを駐車できる場所への回送も我々にとっては格好の撮影ポイントです。

(余談)

このツアーの参加者の中心は「ボンネットバス」愛好家の方たちです。勿論「鉄ちゃん」兼「バスマニア」の方もおられます。私自身、このツアーが『懐かしのボンネットバスの旅!』であることが参加の動機になっていることは間違いありません。

2015年08月07日 21時35分

幻の大仏鉄道遺構巡り(3)加茂駅の油庫(ランプ小屋)。

ところで「大仏鉄道」とはそういった名前の鉄道会社があったということではありません。今回頂いた資料によれば官設鉄道の東海道本線(後に国鉄~JR)に対抗して作られた名古屋~大阪間を結ぶ私鉄/関西(かんせい)鉄道の一部で、関西鉄道の歴史は書籍、ネット等で調べられますのでここでは割愛しますが、要は加茂駅と奈良市内を結ぶ『本線』として明治31年(1898年)に開業したものの『本線』の経路変更に伴い明治40年(1907年)に廃止された区間が「大仏鉄道」という愛称で親しまれているものです。今から100年以上前に、しかもたった9年間の命だったことから“幻の”といわれる大仏鉄道ですが、知る人ぞ知る存在であったその鉄道の遺構を観光名所として現在、奈良市・木津川市で整備しつつあります。

※開業時は加茂駅~大仏駅。翌年に大仏駅~奈良駅間が延長された。

2015_-7_25 青春18きっぷ&伊賀鉄道_7

その大仏鉄道の東の起点「加茂駅」に残る油庫(ランプ小屋)。

2015_07_25 大仏鉄道_35

建物財産票には「明治30」の文字があります。大仏鉄道の開業前の年ですが、その当時に建てられたものなのでしょう。

2015_07_25 大仏鉄道_37

今回はJR西日本の担当者の方が立ち会うことで特別に油庫の中も見せていただきました。

2015_07_25 大仏鉄道_39

レンガ組みの美しさに驚かされます。

2015_07_25 大仏鉄道_44

油庫への出入り口はレンガがアーチ上に組まれています。実用オンリーの倉庫になぜこのような美しい装飾が施されているのかは分かりませんが、その技術力は分かります。

※一番上の油庫の外観写真は、JR大和路線の電車内から撮影しています。

2015年08月06日 21時25分

幻の大仏鉄道遺構巡り(2)ボンネットバスに乗車。

ところで『大仏鉄道』なんて知らないよ!という方が殆どではないかと思いますが、詳しくはまた明日にでも書きます。しばしお待ち下さい。まあ『大仏』だから何か奈良に関係していそうという事は分かると信じています。

2015_07_25 大仏鉄道_24

近鉄奈良駅~~~。それにしても暑い。というより熱い!の方がピッタリする気分。

2015_07_25 大仏鉄道_25

いよいよボンネットバスの到着。ほぼ1年ぶりの再会です。(嬉)

2015_07_25 大仏鉄道_34

「懐かしのボンネットバスの旅!/幻の大仏鉄道遺構巡り」でまず向かったのがJR大和路線加茂駅。早速大仏鉄道の遺構…とはならずまずはバスの撮影。

2015_07_25 大仏鉄道_32

方向幕の「大仏鉄道遺構巡り」もいい味を出しています。それより屋根についている3連砲弾型ライトがかっこ良すぎ!

IMG_20150727_214052

今回のツアー参加者に配布されたパンフレットと大仏鉄道保存会のメンバーの方が今回の参加者向けに用意してくれた資料。

今回は大仏鉄道保存会会長の難波さんが案内役として乗車されており、各ポイントで詳しい話を聞くことができました。

IMG_20150727_214122

こちらがツアーの参加証と特製うちわ。いろいろなところでうちわをもらうことは良くあるのですがあまり私は使いません。しかしこの日ばかりは大活躍でした。

2015年08月05日 20時08分

幻の大仏鉄道遺構巡り(1)奈良へ向かう。

平成27年7月25日(土)の“鉄活”は奈良交通のツアー「懐かしのボンネットバスの旅!/幻の大仏鉄道遺構巡り」への参加でした。

※奈良交通のボンネットバスの旅は昨年の9月28日に「ボンネットバスで行くさよなら五新鉄道」に参加しており今回で2度目です。

2015_07_25 大仏鉄道_3

ツアーは近鉄奈良駅を9:20発なのでそれに間に合うべく名古屋7:29の「のぞみ99号」に乗車し、京都着8:02。京都8:15発の賢島特急に乗車しました。

今回は新幹線~近鉄のルートを取りましたが、これがJR関西本線利用ですと名古屋発5:40、奈良着8:53なので名古屋発の電車に間に合わない。新幹線~JR奈良線とすればこれは時間的には十分OKなのですが、今回選択したパターンよりは早起きの必要があり、最終的に無精者に相応しい道を選びました。

2015_07_25 大仏鉄道_5

「せんとくん」が改札前でお出迎え。「あぁっ、これから奈良に行くのだ」という気分は確かに盛り上がります。

2015_07_25 大仏鉄道_8

大和西大寺に8:43到着。左の電車が私の乗ってきた賢島行きです。大和西大寺の奈良方の風景。何度見ても、そしてどれだけの時間ここにいても飽きる事はありません。(と言っても30分位がいいとこかな…)

2015_07_25 大仏鉄道_16

近鉄奈良駅が近くなり地下に突入。残念ですが私は地上線時代の奈良線を知りません。

2015_07_25 大仏鉄道_18

近鉄奈良駅に到着。まずはお約束の写真なのですが、隣のホームに…。

2015_07_25 大仏鉄道_20

隣のホームに停車していたのは近鉄奈良線100周年記念の5800系デボ1形塗装色車両(ヒストリートレイン)。でもこの写真を撮影するのがやっと。出発時刻が直ぐにきたため先頭車まで辿り着けず、狭い地下ホームゆえ数両の編成写真も撮れませんでした。

それよりもこんな出会いは想定外!ついているといえばその通りなのですが、、、。

2015年05月28日 21時40分

近江鉄道/220形メモリアル列車。

ドイツ「鉄」話/ヴァイセリッツタール鉄道を一日お休み。

さて近江鉄道の220形が今月31日(日)、いよいよ引退します。メモリアル列車のダイヤも発表され、私も名残惜しい気持ちで一杯です。

2011_05_04近江鉄道&三陸鉄道_211

この写真は2011年(平成23年)5月4日に多賀大社前駅で撮影したもので、当時、近江鉄道ミュージアムで東日本大震災で被災した三陸鉄道のグッズを売っており、被災地支援と近江鉄道の一部乗り直しに出かけていました。

2011_05_04近江鉄道&三陸鉄道_216

220形と言えば釣り掛け台車にエアサス、その他近江鉄道しかありえないのではと思う技術が詰まった電車で知られていますが、私もブレーキに惚れてこんな写真を撮っています。

そうそう。この226号の吊り革、握り棒は31日に販売されるそうです。

2011_05_04近江鉄道&三陸鉄道_220

高宮駅で佇む姿ももう見られないのですね。

実はこの駅、私は結構好きです。

img157

話しは変わってこの日、駅頭で頂いた近江鉄道の時刻表。

img156

そこにあった車両紹介のページには、220形が何故か221形とあり、どちらが正解なのだろうかと悩んだのも今は思い出です。私の解釈では一応トップナンバーが221だったのでそうしたまとめも近江鉄道ではしていたのかなと思っています。

さて例によって最終日には「葬式鉄」とかいう言葉が飛び交いそうですが、私はこの言葉はあまり好きではありません。近江鉄道らしいユニークなこの電車の最後は、名古屋で静かに見送ってあげたいと思っています。

(追伸)220形定期運用終了記念グッズとして、吊り掛けモーター録音CDが販売されるそうですが、これはさすがに気になっています。

2015年03月12日 16時20分

トワイライトエクスプレス最終日。ダイヤ改正を前に思うこと。

2013_11_22大阪駅今日は寝台特急「トワイライトエクスプレス」の最終運転日。それにしても廃止直前に2日も運休になるとは、プラチナチケットを手に入れた方の心中をお察しします。ただそれを払い戻すかどうかが思案の為所かもしれません。私が当事者ならきっと払い戻さないでしょう。

それにしても大阪駅の出発がテレビで生中継(他局の放送を見ていました)され、札幌駅の出発も「ミヤネ屋」でやはり大々的に生中継されていました。それだけ世間の注目を浴びているということですが、何はともあれ無事出発できて何よりでした。後は平穏な道中を祈るばかりです。

と言うことで写真は2013年11月22日、大阪出張の時に「今日はトワイライトの運転日」だということで、他のスタッフより少し早めに出かけ、大阪駅で会って来た時のもの。(2013年11月26日にこのブログにUPした写真の再掲。m(_ _)m)

2015_01_26~北斗星の旅_64

明日3月13日には寝台特急「北斗星」が定期運転としての最後の旅に出ます。一足先に出発する札幌駅はともかく、上野駅の出発をNHKニュース7で中継したらそちらの方(生中継をすること自体)が大事件かも知れませんね。

※この写真は2015年1月26日、札幌駅にて撮影した北斗星。

2011_07_12滝川~釧路2429D_6

そしてこの赤い電車、JR北海道の711系とも今回のダイヤ改正でお別れです。おでこの2つ目は結構好きでした。

※2011年7月12日、旭川駅にて撮影。

私にとってはJR北海道711系というより国鉄711系という呼び方が今もしっくりきます。でも初めてその姿を見て乗ったのはいつだったのでしょう?乗りつぶしをやっていた昭和50年頃にはもう登場していたのですが、当時の写真を紐解いても出てこないので、恐らく当時は乗っていないのかも知れません。ただ写真を撮影した日はこの電車に乗っています。

私の中で、昭和から平成へとやっと大きく時代が移っていくのを感じています。

2014年11月29日 19時26分

きんてつ鉄道まつり2014(8)「楽」を激写!

平成26年11月2日(日)、この日は名古屋から2本の貸切列車が運転されました。一つは私の様にクラブツーリズム主催のツアーに参加する「かぎろひ」と、もう一つ、近鉄電車が走らせた「楽」(「貸切列車で行く きんてつ鉄道まつり」ツアー)です。

2014_11_02きんてつ鉄道まつり_146

その「楽」は間合い運用ということではないと思いますが、五位堂~高安間を4往復(片道600円)しており、その電車の五位堂から高安への到着に丁度居合わせました。そこにアーバンライナーが接近してきたのでまずは2ショットを撮影。

2014_11_02きんてつ鉄道まつり_150

そして「楽」のオンリーを撮影しました。ところで名古屋からの「楽」往復は、往路が名古屋発7:04、高安着10:00(五位堂着は9:44)、復路は高安発15:34、名古屋着18:59となっており、よく言えば「楽」を堪能できる次第ですが、ちょっと時間がかかります。もっとも(通過待ちで)意外な駅の側線体験が付いてくるのでそれはそれで楽しいのかもしれません。

2014_11_02きんてつ鉄道まつり_155

五位堂駅外観。一応お約束なので。

DSC_0223

時間は前後しますが五位堂駅で「五位堂結」を発見。人気のラブコメディ漫画「神のみぞ知るセカイ」のキャラクターとのことで、登場するキャラクターの多くはその名前が近鉄電車の駅名なんだそうです。ということで「神のみぞ知るセカイ×近鉄」の特製入場券が発売されており、150円ならまあいいかということで思わず買ってしまいました。

何だかなと思いつつも60歳にして萌え~。こんな姿を家族に知られたらどうしよう。まあ書かなければ良いのでしょうが、期間限定品に弱い私でした。

あっ、知っている人は知っているのでしょうが、「五位堂結」の入場券は「結」ちゃんの誕生日である10月10日しか使えず、今これを買っても入場券の役目は果たしません。(笑)

そうそう右側のカードは入場者に無償で配られていたものです。

11月2日(日)のきんてつ鉄道まつり(完)

 

(追伸)というほどのことでもないのですが、近鉄さんへの要望。名古屋~難波間の特急が五位堂か高安に臨時停車してくれるととても便利が良いのですが…。

大和八木での1回乗り継ぎより更に楽をしたい不精な私です。

2014年11月28日 19時23分

きんてつ鉄道まつり2014(7)トラバーサーが動いた。

2014_11_02きんてつ鉄道まつり_131

トラバーサーが動き始めました。ここでまたもや愕然!2014_11_02きんてつ鉄道まつり_134

動いたことに感動するより、手前の運転台(?)に人がいないこと。てっきり人が乗り込むと思っていたので、その動きも確かめたいと思い、私はここで待ち構えていました。

もっともトラバーサー見学は、待ち構えるか見送るかの二者択一なのでどちらが是ということはありません。これは好みの問題でしょう。

2014_11_02きんてつ鉄道まつり_145

で、ここでこのトラバーサーに車両を乗せる部分の線路の形状に注目。電車が走行する線路とは異なり、結構カックンと乗り込み下りるようになっていました。この段差が何のためかは分かりませんが、次回ここに来ることがあれば近鉄の方にお聞きしたいところです。



ADVERTISEMENT

電子書籍「稲見駅長の鉄道だよ人生は!!」
稲見駅長の鉄道だよ人生は!! ―各駅停写の旅―

カレンダー

2019年11月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!