2016年11月12日 17時05分

旧北陸本線廃線跡を歩く(9)山中信号所。

2016_10_09 旧北陸本線廃線跡巡り_103

山中隧道を抜けたところが「山中信号所」。かつてここでは上下線の列車が行き違っていました。

2016_10_09 旧北陸本線廃線跡巡り_107

待避する列車用に掘られたトンネル。

2016_10_09 旧北陸本線廃線跡巡り_108

なかは行き止まり。

2016_10_09 旧北陸本線廃線跡巡り_110

緑を滑り落ちる水滴がまぶしい。

2016_10_09 旧北陸本線廃線跡巡り_115

廃線跡巡りの醍醐味を感じる瞬間。

2016年11月11日 20時56分

旧北陸本線廃線跡を歩く(8)山中隧道

2016_10_09 旧北陸本線廃線跡巡り_86

山中隧道は1896年(明治29年)竣工で全長1170メートル。ここ旧北陸本線の登録有形文化財に指定されているトンネルでは最長です。

2016_10_09 旧北陸本線廃線跡巡り_89

今回は懐中電灯持参のツアーでしたが、トンネル内は照明があり、何とか使わずに済むことができました。

2016_10_09 旧北陸本線廃線跡巡り_91

ただこの山中隧道は、天井から水がかなり滴り落ちており、私は使いませんでしたが傘をさしている方もおられました。

もっとも路上の水溜りに天井の蛍光灯の光が反射し、幽玄というか神秘的な光景を作り出していたのは事実です。

2016_10_09 旧北陸本線廃線跡巡り_99

1キロを越すトンネルを15分ほどかかり通り抜け。

13:03に地元・南越前町のキャラクター、「タッピー君」と「はす坊」の出迎えを受けましたが、それも相まってここが何だかウォーキングの終点気分。

11:25に歩き始めてから既に1時間40分ほどが経っているものの、ここからまだ4キロ残っています。

2016年11月10日 20時22分

旧北陸本線廃線跡を歩く(7)山中隧道の石碑。

2016_10_09 旧北陸本線廃線跡巡り_78

6本目。この日最後のトンネルの手前が少し広場になっており目を向ける。

2016_10_09 旧北陸本線廃線跡巡り_79

「南無阿弥陀佛」「明治29年7月」。

山中隧道の建設中に亡くなった方の慰霊碑。

難工事であったことがこの石碑からもうかがうことが出来ます。

2016_10_09 旧北陸本線廃線跡巡り_80

しかし、この碑に気付く人は少なかった。合掌。

2016年11月09日 20時18分

旧北陸本線廃線跡を歩く(6)伊良谷(イラダニ)隧道。

久しぶりに携帯の電波が届かないところをひたすら歩いている。

2016_10_09 旧北陸本線廃線跡巡り_73

旧北陸本線廃線跡のトンネル群は登録有形文化財(第18-0152号)となっています。

文化庁のホームページでは「明治期官営鉄道施設のトンネル群」とあり、昨年(平成27年)11月20日に登録されました。

登録理由(文化庁の発表から転載)

『北陸線は鉄道庁の手によって明治26 年に着工し,同29 年に敦賀―福井間が開業した。急こう配の岩石地帯であったため,難工事を乗り越えて多数のトンネルを設けた。

樫曲トンネルは明治26 年に完成しており,もとは第一号隧道と呼ばれた。長さ87m で,東西出入り口はイギリス積の煉瓦造とする。

昭和37 年に北陸トンネルが開通すると廃線となり,県道に転用されている。これらのトンネル群をまとめて登録する。』

以上です。

納得。

2016_10_09 旧北陸本線廃線跡巡り_74

登録有形文化財の中をひたすら歩く。

2016_10_09 旧北陸本線廃線跡巡り_75

歴史あるトンネルを通り抜ける。

2016_10_09 旧北陸本線廃線跡巡り_76

出たところで信号を撮影。時刻は12:41。

 

2016年11月08日 20時14分

旧北陸本線廃線跡を歩く(5)芦谷(アシタニ)隧道~伊良谷(イラダニ)隧道。

2016_10_09 旧北陸本線廃線跡巡り_59

4本目のトンネル「芦谷(アシタニ)隧道」。223メートル。竣工は1894年(明治27年)。

2016_10_09 旧北陸本線廃線跡巡り_60

トンネルの先にまたトンネルが見える。

2016_10_09 旧北陸本線廃線跡巡り_67

10月9日、5本目のトンネル「伊良谷(イラダニ)隧道」。全長467メートル。竣工は1895年(明治28年)頃。ところで竣工年に「頃」が付いたりしなかったりしていますが、残されている資料の記述によっています。

2016_10_09 旧北陸本線廃線跡巡り_70

ところでこのトンネルには信号があります。トンネル内でカーブし、先の見通しが無いことから設置されているのですが、今回の歩きのルートでは唯一の存在。

2016_10_09 旧北陸本線廃線跡巡り_72

歩きならばこの信号に従わなくても良いのですが一応、青信号になるのを待ってGO。時刻は12:34。

2016年11月06日 20時11分

旧北陸本線廃線跡を歩く(3)名物今庄茶飯の特製弁当。

2016_10_09 旧北陸本線廃線跡巡り_33

第一観音寺隧道を出たところ。左側の側壁を見る限りひょっとして「崩れたので補修した?」という気がしました。本当のところはどうでしょうか。

2016_10_09 旧北陸本線廃線跡巡り_34

第一観音寺隧道と第二観音寺隧道の間に少しスペースがあり、歩き始めてまだ30分ほどだったのですが。そこで昼食。ツアーの特製弁当で、地元今庄の名物である「茶飯」が主役。その他にも地元の名物があったのですが忘れてしまった。解説できないのが残念。時刻は11:59。

2016_10_09 旧北陸本線廃線跡巡り_36

お腹が膨れ再び歩く。

第二観音寺隧道は全長310メートル。竣工は1895年(明治28年)頃とされています。

2016_10_09 旧北陸本線廃線跡巡り_39

トンネルの入り口に立つ。だから何なのだ。ですね。2つ目にして少々長い距離となることもあり、ワクワク感があります。

2016_10_09 旧北陸本線廃線跡巡り_40

緩いカーブ。

トンネルは直線の方が作りやすいは思うもののそれを許さない地形ということでしょうが、それにしても日本の大動脈はこうして作られていったのだと改めて実感。先達の努力の賜物ですね。

1896年(明治29年)7月15日の敦賀~福井間の開業後、今の北陸トンネル(敦賀~南今庄間の13870メートル)が1962年(昭和37年)6月10日に開通するまでの66年の永きに渡り、この線形で『本線』だったとは本当に驚きです。これは廃線跡巡りの醍醐味の一つを私は思っています。

2016_10_09 旧北陸本線廃線跡巡り_42

トンネルの中の待避所。こうしてじっくり見ることはなかなかありませんね。こうした遺構にも時代の重みを感じます。

2016年11月05日 20時08分

旧北陸本線廃線跡を歩く(2)第一観音寺隧道。

福井県道207号、今庄杉津線。この日は旧北陸本線の跡を利用して作られたこの道路を、旧杉津駅のあった所から6つのトンネルを抜けて旧大桐(おおぎり)駅までの間、約9キロを歩きます。

※敦賀・米原側から福井・金沢方面に向かっての行程。

※隧道とトンネルの使い分けについて…今回のこのブログではトンネル名については「隧道」で統一します。

2016_10_09 旧北陸本線廃線跡巡り_17

ところでこのツアー。いわゆる鉄道ファンがターゲットではなく「ウォーキング」を楽しむ方向け。驚く無かれ東海・近畿圏からバス23台、参加者900名という大ツアー。まあ普段あまり行かない?行けない?ところを歩くのが楽しいのでしょう。

もっともその参加人数を聞いた私は一瞬どんな状況になるのだろうかと心配したものの、各地からのバスの到着が一気ではないこともありノンビリと楽しみことが出来ました。それにしても私より年配の方達の元気の良さが感服。

2016_10_09 旧北陸本線廃線跡巡り_18

敦賀湾。時々左側に顔を出します。別につらい歩きではないので「一服の清涼剤」ということにはないのですが、蒸気機関車が全盛の時代にあっては、機関士さんもお客さんにとっても正に「一服の清涼剤」の瞬間だったでしょう。

2016_10_09 旧北陸本線廃線跡巡り_19

最初のトンネル「第一観音寺隧道」が見えて来ました。

2016_10_09 旧北陸本線廃線跡巡り_22

82メートルの短いトンネル。写真ではよくわかりませんが25パーミルという明治の蒸気機関車では限界の急勾配です。1893年(明治26年)着工で翌年竣工。

2016_10_09 旧北陸本線廃線跡巡り_27

それにしても今のような土木技術が無い時代によく作ったものだと感心しながら歩く。

2016_10_09 旧北陸本線廃線跡巡り_29

レンガ造りが時代を感じさせますが、その造形美に圧倒されていたというのが本当のところです。

2016年11月04日 20時43分

旧北陸本線廃線跡を歩く(1)北陸自動車道杉津(すいづ)パーキングエリアを目指す。

10月、11月は鉄道イベントが目白押し。そんな中、10月9日(日)は某旅行会社主催の「旧北陸本線廃線跡を歩く」に参加しました。

2016_10_09 旧北陸本線廃線跡巡り_1

賤ヶ岳(しずがたけ)サービスエリアでの休憩時に撮影したツアーバス。最も名古屋らしい観光バスと私が思っている鯱バス。バス正面の「金シャチ」のエンブレムが特徴です。

2016_10_09 旧北陸本線廃線跡巡り_4

北陸道を福井県に入り、杉津(すいづ)パーキングエリアが「旧北陸本線廃線跡を歩く」の出発点。敦賀湾が眼下に広がる絶景の地。

2016_10_09 旧北陸本線廃線跡巡り_7

そのパーキングエリアをあとに歩き始め。時刻は11:25。

パーキングエリア等の施設には高速道路だけではなく一般道からのアプローチが出来ることが一般的と思いますが正にその道路をまずは歩きます。

2016_10_09 旧北陸本線廃線跡巡り_8

下り線(富山・新潟方面)のパーキングエリアから下り始めたら、はるか下方に上り線(米原方面)のパーキングエリアが見えます。

この辺りは長い区間に渡って上り線、下り線が離れて作られている全国的に見ても結構珍しい場所だと思いますが、上下線を並列で作ることが出来ないほど急峻な地形なのだろうと推察しました。

2016_10_09 旧北陸本線廃線跡巡り_10

上り線の杉津パーキングエリアを過ぎた辺りから旧北陸本線廃線跡を歩くことになります。如何にもはかつてここに線路があったと髣髴させる。

2016_10_09 旧北陸本線廃線跡巡り_13

沿線(沿道?)では花がお出迎え。

2016年04月03日 20時55分

D51827(5)汽笛吹鳴!

2016_03_13 D51827_51

D51827は線路の上にいます。まあ当たり前のことなのですが、PC枕木というのが何だか凄い。この場所から今にも動き出しそうです。

2016_03_13 D51827_5

で、ここで一発!汽笛吹鳴。は火が入っていないので無理かと思いきや、整備をされている方達の努力で何とコンプレッサーを使って空気を送り込み、それで汽笛がならせるとのこと。

ではここで音をお聞き下さい。因みにレバーを握っているのは不詳私で、成り立ての機関助士が、機関士に促されて初めて、しかも恐る恐る鳴らした汽笛が如くです。生きていて良かった!

これからも整備は続けていくとのことですが、どこかで本当に走ってくれたら良いなあ。でも名古屋市内ではD51の重みに耐えられる路線が…。せめてどこか公開の場所で静態保存…。笹島とか…。

2016年04月02日 20時50分

D51827(4)火室と煙室。

2016_03_13 D51827_9

火室の見学。

2016_03_13 D51827_11

火を落とした火室の中はこんな感じ。燃え盛る火室は何度か見ていますが、この光景を見られたのもある種貴重な機会。

2016_03_13 D51827_37

一方煙室。

2016_03_13 D51827_39

中をドカンと覗き込む。以前、春日井市の交通児童遊園に保存されているD51792の整備活動日に見学させていただいた際に一度見ていますが、比べるまでもなく何度見ても面白い。

ところでこのD51は昭和48年(1973年)まで中津川で活躍していたのでひょっとして!と思って高校生の時に撮影した中央本線の写真を探ってみたのですが流石にありませんでした。残念。



ADVERTISEMENT

電子書籍「稲見駅長の鉄道だよ人生は!!」
稲見駅長の鉄道だよ人生は!! ―各駅停写の旅―

カレンダー

2020年10月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!