2019年07月13日 13時24分

人力トロッコを求めて(8)もう一つの坑道。

案内された坑道から少し離れた場所に、もう一つの坑道がありました。今回の公開の対象ではなかったのですが、従業員の方が「ここまでですよ」ということで、中に入れてくれました。

前の写真で左端に見える線路。階段と見比べればその角度が分かりますが、どうやってトロッコを上下させているのでしょうか?

今も現役の人力トロッコ。仕事があり、働く人がいて、動く機械がある。そのおかげで趣味が深くなる。まあそれは自分の個人的な事ですが、続けていればこんな楽しい出会いがあります。

2019年07月12日 13時23分

人力トロッコを求めて(7)インディー・ジョーンズの世界!?

トロッコの足回り。車輪と車輪の間隔がとにかく狭い。小回りは利きそうで、狭い坑道を縦横無尽に走り回れそうです。

ココだけ切り取れば映画のワンシーン。と、私は思った。

線路の端から半分飛び出たトロッコ。普通に考えれば普通じゃないよね。でもどうやらこれがこの鉱山の普通のようです。勿論、なぜこうなっているのかについては理由あり。

それはともかくもうこれだけでここに来た甲斐あり。映画ならこの後どうなるのでしょうか?

2019年07月11日 16時13分

人力トロッコを求めて(6)2018年から掘り始めました。

坑道を支える枠は木を使っており、途中にこうしてまとめて置いてありました。鋼材を使った方が丈夫で良さそうな気もしたのですが、鉱山の規模やその土地の諸条件で、枠の素材は一概に決められないのだそうです。

2018と書かれた枠。つまり私たちのいる坑道は、昨年掘削されたものだという証。

鉱山の中に入るという事は、実は結構レアなことで、特に現役の鉱山にこうして観光客が入るという事は、私はその例を知りません。まずは安全確保ができるかどうか、それはあってはならない事ですが、例としてあげれば万が一の落盤事故の際に、誰が責任を取るかということです。

この鉱山を経営する会社が、安全に絶大な自信を持ち、かつ地域と生きる会社としてこの地域ならではの産業を広く知ってもらおうというある意味、絶対的な覚悟が無ければ出来ない事です。奥三河にある日本のオンリーワン企業の矜持と言ったら大袈裟でしょうか?いや、そんなことは無いと思います。このブログを読まれた方で、この鉱山に興味を持たれた方は、是非一度足を運ぶことをお勧めします。

そして女性ならファンデーションの原料を、時に思い出していただければ幸いです。

2019年07月10日 16時12分

人力トロッコを求めて(5)これが絹雲母(セリサイト)。

本当に本物の採掘の最前線。目の前に岩盤があり、そこが線路の終点。いわゆる炭鉱の採掘現場の小さなパターンかと勝手に思い描いていましたがそんなことはなく、それぞれ採掘の目的たる鉱物が変われば、当然のことながらそれを掘り出す方法も変わるという当たり前のこと。

私たちが入れるのはここまで。この先に絹雲母(セリサイト)の地層があり、それを掘っているとのこと。

これがここで掘り出したばかりの絹雲母(セリサイト)。鉱物と言うから固い石状のものを想像していましたが、粘土鉱物なのだそうで、当たり前ですが触った感触は粘土そのもの。これを精製して製品として出荷しています。

現役時代、東海3県の市町村の内、多分7~8割は取材でお世話になっており、ここ東栄町は1度、カービング(木工芸彫刻)の取材で来ています。ただその時は、それ以上にこの町を知るような取材を怠っており、ひょっとしたらその時にこの人力トロッコと出会えていたかも知れず今思えば残念。

2019年07月10日 8時07分

人力トロッコを求めて(4)現役の力。

鉱山の説明を聞きつつ、坑道を奥に進む。トロッコを撮影する同行者たち。多くの方はトロッコそのものに興味津々ですが、私は分岐器にも興味津々。面白い。

ところでですが、ここに来るまで私は手で押して動かすトロッコの存在は、合理化の波に乗り遅れた、時代遅れの存在なのではないかと感じていました。しかし今も現役である理由はちゃんとある訳で、現場を見ることでそれを理解し始めていました。

そして奥三河の山中になぜ化粧品の原料を採掘する鉱山があるのだろうか?という疑問も含め、坑道奥深くのここに到着するまでには、ほぼ解消していました。

というか、このツアーの参加者の方の半分は鉄道が好きな方と思えたのですが、三信鉱工の社長さんへの質問は、鉄道というより産業としての「鉱山」の質問が多く、それは私も同様でした。

坑道内はこうした分岐ポイントが一杯。その理由は…。三信鉱工では鉱山探検(坑内見学)を定期的に行っており、もっとも秋までは既に予約が入っているようですが、是非、自分の目と耳で確かめられることをお勧めします。

2019年07月08日 20時14分

人力トロッコを求めて(3)入坑。

坑道の入り口が開けられました。この段階で、2本のレールに心ワクワク。

しかも振り向けばこんなトロッコが私たちを出迎えており、既に気分は考古学者のンディアナ・ジョーンズ教授。もう後戻りは出来ません。

一方は真っすぐ進む線路。もう一方はほぼユーターンしていく線路。あなたならどっちを選びますか?

とか書きたくなる気分は分かってもらえますよね。

それにしてもここが超小型の人力トロッコなのでこれほどの急カーブも作れるし、トロッコも回れるのですが、これが小なりと言えどバッテリー機関車が牽くトロッコだと常識の範囲内での線路配置になっているだろうというのが私の感想。

2019年07月07日 20時52分

人力トロッコを求めて(2)坑口に向かう。

三信鉱工株式会社で採掘してる鉱石。絹雲母(セリサイト)と言います。これが何かと言えば、化粧品のファンデーションの原料。

この会社は今では日本で唯一の絹雲母鉱山という事で、日本の化粧品業界を支える企業が愛知にあるとは知らなかった。そして誇らしい。

鉱山の事務所から歩くこと約10分。結構な急坂を上っていきます。

坑口に到着。2本の線路があるだけでワクワク。

坑道の入り口にある神棚は、やはりここが生きている鉱山であることを伺わせます。現役で稼働中の坑道に入るのは我が人生で2回目。最初は石原産業紀州鉱山(三重県南牟婁郡紀和町=今の熊野市)で、それは仕事での訪問でした。

それにしてもこれから現役の鉱山の中に入る訳ですが、そのこと自体が、これまでの私の人生の経験値の中で「事件」です。

2019年07月04日 23時42分

人力トロッコを求めて(1)豊橋駅集合。

ナロー+トロッコというだけで私は悶絶します。

しかもそのトロッコを人力で動かしている鉱山が奥三河にあるという。令和の時代の日本に本当にそんなもの(前時代的なもの)があるのだろうかと半信半疑で出かけました、そしてそれはちゃんと現役で存在していました。

今回は豊鉄(豊橋鉄道)バスが主催する『奥三河再発見 特別企画「魅惑の粟代鉱山軌道」』というちょっと怪しげなタイトルが付いたツアー。

先月(6月)15日の土曜日に出かけたのですが、集合は豊橋駅に朝8時半。朝6時起きで家を出たのは6時半過ぎ。久々の早起き。それにしても25名定員のこのツアーに知人が二人。地元豊橋市と同じ三河の岡崎市在住の方で、それだけでも本当に偶然なのですが、更に更に岡崎市の方とは席が隣同士でした。

バスに揺られること1時間50分。朝10時20分過ぎに目的地/愛知県北設楽郡東栄町大字振草字上粟代宮平3番地に所在する三信鉱工株式会社に到着しました。

でもその会社の前にあった今は廃校となり、それでも校舎がちゃんと残っている粟代小学校についつい目がいってしまった。何せそこには二宮尊徳像があったから。私が子供の頃は、多分どこの小学校にもあったこの像。今も現役で残っている学校ってあるのでしょうか?

まあ余談は余談としてまずは社長の三崎順一さんから、鉱山の歴史と今の採掘状況についての説明をお聞きしました。さてどんな鉱山かはまた次回。

2017年08月19日 16時28分

マイントピア別子(4)いよかん(いい予感)ソフト。

13:23に顔を出した列車で戻ります。

トンネルの中の写真撮影は結構好きです。

この日のお昼ご飯。時間の都合でレストランではなくすぐに食べられる巻き寿司。

かつて現役だった車両たち。ちょっと残念な姿。

廃線跡。

いよかん(いい予感)ソフトのキャッチフレーズに誘われました。

この日は暑かった!と言い訳しながら食べる。

2017年08月18日 16時25分

マイントピア別子(3)別子1号が走る。

東平(とうなる)から12:50頃に戻り鉱山観光。江戸時代から昭和までの別子銅山の様子を再現した施設を回ります。

そこまでの足が「鉱山鉄道」。

橋を渡りかつての火薬庫を利用した展示室に入ります。

明治以降の近代の姿のパノラマ展示。

ジオラマがよく出来ていて分かりやすい。

別子1号も走っています。

こんな感じで鉱石を運んでいたのでしょう。

貨車にお金が乗っている理由は不明。



ADVERTISEMENT

電子書籍「稲見駅長の鉄道だよ人生は!!」
稲見駅長の鉄道だよ人生は!! ―各駅停写の旅―

カレンダー

2019年9月
« 7月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!