2010年03月24日 10時10分

肥薩線 矢岳駅の標高

肥薩線の最高地点駅「矢岳」。

標高536.9メートルとあります。
漢数字が時代がかっていてそそります。
(私だけでしょうか…)
蒸気機関車の時代は
とても大変だったろうと
予想がつきます。
重連の写真を撮ったり、
ドラフトの音を楽しんだり
時間をかけた旅を楽しむには
いいのでしょうが。

私は、いろいろな所に乗りに行っていて
この標高標識のような細かいことが気になるタイプです。
どこかの路線の何かをまたUPします。

2010年03月23日 19時18分

いさぶろう・しんぺい 車内

話しを元に戻して、
「いさぶろう・しんぺい」の車内。
間に合わせで作った車両ではなく
JR九州が本気で作ったということが
ヒシヒシと伝わってきます。

いさぶろう=山縣伊三郎
しんぺい=後藤新平
明治時代の偉人です。

JR九州では現役力士の名前が由来の
特急「かいおう」や
オランダ人医師の名前が由来の
今は無き特急「シーボルト」があったり
人の名前を使うことが得意のようですね。

2010年03月23日 9時08分

いさぶろう・しんぺい

昨日、九州新幹線鹿児島ルートのレールが
繋がりました。

開通まであと1年。
一方、部分開業区間は先日19日に
利用者が2000万人を突破しました。

この「いさぶろう・しんぺい」の
お客がもっと増え、
赤字ローカル線の救世主となることを
願わずにはいられません。

ところでこのエンブレムは、
キハ140系改造車が
まだ1両しかなかった時代のものです。
「SINCE 2004」が
とてもいい感じです。

2010年03月22日 18時46分

肥薩線 人吉駅

人吉駅に何故か後ろ姿の河童が…。
河童の向こうに見えるは「九州横断特急」。

熊本には「九千坊」という河童伝説があるようですが
そのゆかりでしょうか?

『Wikipedia』で検索した
「人吉駅」にはこの河童の
記述がありませんでした。

行ったのが平成16年なので
もう、川か沼に戻ってしまったのでしょうか?

2010年03月22日 8時01分

肥薩線「キハ140 2039」

「つばめ」完乗後、そのまま「リレーつばめ」には乗らず
新八代⇒八代⇒人吉と移動しました。

八代駅は、昭和50年ころに何度かお世話になりましたが
写真の平成16年当時でも、
30年の隔たりはあまりに大きく、
比較できないほど静かな佇まいでした。
それから6年、今や如何に。

ところでこの日の肥薩線は、
「キハ140 2039」の単行。
目的地は「人吉」。
翌日はいよいよ、久々の『大畑(おこば)越え』です。

2010年03月21日 19時48分

「つばめ」を探せ!

「つばめ」の車体には、何か所かで「つばめ」が
飛んでいます。

例えばこのエンブレムの中にも2羽飛んでいますし、
先頭車の運転席の真下でも飛んでいます。
今朝UPした写真でも分かりにくいですが
実は4羽写っています。

さてクイズです。
いったい1編成で何羽飛んでいるのでしょうか?

答えは…、残念ながら当時、
すべて数えられませんでした。

ご存知の方、教えてください。

2010年03月21日 10時03分

九州新幹線「つばめ」

鹿児島中央発15:16
つばめ52号に乗り
新八代に向かいました。
各駅に停まる列車でもわずか47分。

デザイナー水戸岡鋭治氏による
JR九州らしさ満載のこの車両のテイストは
本当に素晴らしく、
他のJRも機能性追求オンリーから
是非、一歩踏み出してほしいものです。

2010年03月20日 23時40分

鹿児島中央駅

平成16年6月5日、鹿児島空港から乗ったバスが
「鹿児島中央駅」に着きました。

九州新幹線に乗りに行ったのですが
私にとって鹿児島の表玄関は、
「鹿児島空港」ではなく
今も「西鹿児島」です。
旧駅舎は跡形もなく、
近代的に生まれ変わっていました。

郷愁に浸るような雰囲気でもなかったので
とりあえず新幹線ホームに急ぐことにしました。

ということで
今日からしばし、九州話しにお付き合いください。



ADVERTISEMENT

電子書籍「稲見駅長の鉄道だよ人生は!!」
稲見駅長の鉄道だよ人生は!! ―各駅停写の旅―

カレンダー

2020年10月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!