2019年04月19日 20時47分

天皇・皇后両陛下、平成最後の地方訪問。

天皇・皇后両陛下は今日、平成最後の地方訪問を終え、賢島駅から近鉄に乗車、名古屋駅で新幹線に乗り換え、東京へ戻られました。

私自身は『お召列車』は一度も撮影したことがありませんが、今日、両陛下の乗られた列車を中京テレビのスタッフが撮影したとの連絡が入り、こうして拙ブログで紹介することにしました。(中京テレビ9階から撮影)

※賢島駅を10:20に出発した「しまかぜ」は12:30頃に中京テレビ前を通過。

たまたまその列車の通過を地上で見ていた方によると、車内の皇后陛下のお姿を見ることが出来たそうですが、さほど人がいないところだったにも関わらず、窓外に人がいるのを見かけると微笑みながら手を振って応えてくれたそうです。

話には聞いていましたが、国民に寄り添うその姿には頭が下がります。

2019年04月16日 21時02分

ゴールデンウィークは中京テレビでNゲージ三昧!

昨年まで名古屋のゴールデンウィークの鉄道イベントと言えば、老舗百貨店の丸栄で毎年開催されていた「鉄道模型展」がその代表選手でした。たとえ私のように鉄道模型をやっていなくとも、毎年出かけていた方も多いと思います。

ということで「残念だなあ」「どこかで同じようなイベントをやらないかなあ」とは私自身も思っていました。そしてそしてそんな私と同じ気持ちだった方にお知らせです。

4月27日(土)~29日(月)の3日間、あおなみ線ささしまライブ駅直近の中京テレビ本社で「鉄道模型トミックス展IN名古屋」が開催されることになりました。

https://www.ctv.co.jp/testudomokeiten/

鉄道模型メーカーのトミックスさんと中京テレビがタッグを組んでの一大イベント。

目玉はトミックス史上最大級のNゲージのジオラマ(写真は横浜でのイベント時)。

そして限定商品の販売。限定商品はトミーテックさんのHPでご確認下さい。

https://www.tomytec.co.jp/news/201904166677.html

ところで今回のイベントをやることになったそもそものきっかけは、この1月27日にあったライブイベント「スーパーベルズの鉄道ナイト」で私がトミーテックの方と出会ったことによります。

※このイベントの模様の一部はインターネットラジオ Voiocy「野月・南田のエアトレインch.」https://voicy.jp/channel/798で聞くことが出来ます。実はそのイベントの録音のため、私はライブに出かけていました。

※2月27日~3月8日での更新分。

私…「今年のゴールデンウィークはどうですか?」

トミーテック担当者…「予定はないですね」

私…「何かしたいですね」

翌日、中京テレビのプロデューサーにこの話を伝えたところ、あとはトントントンとイベント開催が決まりました。

何か楽しいことをやりたい。家族で会場に遊びに来ることが出来、みんなが笑顔になるイベントをやりたい。それが私のいつもの願いです。

ゴールデンウィークは中京テレビで「鉄」しましょ。

そうそう!4月27日(土)には、今回のイベント開催のきっかけとなったインターネットラジオ Voiocy「野月・南田のエアトレインch.」の公開収録も行います。是非お越しください。

2019年04月11日 22時04分

HOナローの鉄道コレクション。

私は鉄道模型には手を出していません。それでも持っているものもあります。

我が家のリビングにいるナロー(762ミリゲージ)の車両たち。

トミーテックから発売された「ナローゲージ80 富別簡易軌道 自走客車 はまなす号+ミルクタンク車セット」と

「ナローゲージ80 富別簡易軌道 自走客車 あおぞら号+無がい車セット」。

モデルとなったのはかつて北海道にあった簡易軌道と呼ばれた鉄道。私が中学生の頃、雑誌で見たそのあまりの可愛らしさと北海道の風景に魅せられ、いつか大人になったら絶対に乗りたいと思っていたもののその鉄道は高校生の時に無くなり、願いは届きませんでした。

ところでトミーテックのHPにあったこの車両の解説。「富別簡易軌道は実物が762mm軌間の非電化ナローゲージという想定で、それを1/80スケール、9mmゲージにしたモデルとなります。」

HOゲージ…レールの間隔(軌間)が16.5mmで縮尺は1/87(とは限りませんが)。

Nゲージ…レールの間隔(軌間)が9mmで縮尺1/148 – 1/160

ところで鉄道模型のスケールの説明ですが、こうして書いていても突っ込みどころ満載なので、これを読まれた方は大きな気持ちで私に接してください。

何だかよく分からない展開になってきましたが、話を今回の鉄道模型に戻します。

日本で根強い人気の写真のようなナローゲージの模型がどうなっているかと言えば、車体はHOゲージで作り、Nゲージ(9mm幅のレール)で走らせる一連の商品があり、鉄道模型を趣味にしている人を除くとあまり知られていないHOナローと呼ばれる世界があります。

以前から模型をやるならHOナローと思ってきた私ですが、今回、鉄道コレクションでこの2つのセットが発売されたので、実は中京テレビの退職時に、在籍していた部署の卒業記念品としてリクエストし、頂戴しました。(車両の縮尺は1/80)

余談ですが、この2つの車両は自走することはありませんが、改造することで動かすことが出来ます。それもこの2両を切望した理由です。

ナロー好きな私にとってこの2両は、思い出の詰まった大切な宝物です。

2019年03月26日 16時07分

近江の地酒電車(3)新幹線の撮影お立ち台?かな。

ここ近江八幡~武佐間は新幹線も撮影できます。

16両が見通せる場所。撮ってみて思ったのは、曇りの日では車体の色がバックに溶け込み目立たないという事。ドクターイエローならきっと良さそう。

季節柄か、菜の花もあまりなく、

気を取り直して1/500で、全速で走り抜ける新幹線の先頭車が追えるかどうかの練習。

何となくいけそうな感じだったので、次は1/80で首振りの練習。

近江鉄道の電車の撮影ポイントから動いていないので、写っているものの整理はついていませんが、何せ本数が多いので練習場所には持って来いだというのでが私の感想。

次回はどこかでちゃんと狙って撮影修行をするつもり。

2019年03月16日 15時04分

本日ダイヤ改正。

今日は、鉄道各社のダイヤ改正の日。

乗り鉄的に興味があるのはJR西日本のおおさか東線全線開業。これは乗りに行かねばなりません。

あとは西武鉄道001系「Laview」の登場。新型車両に乗るのは、私の乗り鉄趣味の本来の姿とは離れていますが、不思議なデザインが面白そうなので、実物を見てみたいと思っています。

で、一昨日買った1枚の乗車券。

この乗車券を一目見て、???と思った方は筋金入りの乗車券マニア。もっとも私は知人から教えられました。

まず左の乗車する駅「東寝屋川(ひがしねやがわ)」は片町線の駅。正確には昨日まで「だった」駅。今日からは「寝屋川公園駅」を名乗っています。

右側の行き先/城北公園通(しろきたこうえんどおり)はおおさか東線の今日、開業の新駅。

つまり、本来今日から有効の乗車券であれば、寝屋川公園~城北公園通となっているべきですが、それが「東寝屋川」のままとなっているのです。

実は、名古屋駅の切符売り場でこの乗車券を買う際、この2つの駅名を書いた申込書を出した上で「東寝屋川」と「寝屋川公園」のどちらの駅名でも構わない旨を伝えていました。

しかし結果はこのパターンでの発券しか出来ないとのこと。改名後の駅名での発券は3月16日からしか出来ないということでした。

ここからは憶測ですが、駅名が変わる場合、ひょっとしたら変わるその日にならないと新しい駅名での発券がシステム上出来ないのではないかと思っています。いずれにしても不思議な感じです。

それにしても今回のこの乗車券を見つけた人はどうやって知ったのでしょう?謎です。

2019年02月10日 22時05分

交通系ICカードを整理中。

右側にあるステッカーは昨年泊まった東京ステーションホテルで購入したメモ帳とボールペンのセット(2018年12月2日にUP)に付いていた物。

それはまあ雰囲気作りで置いてみただけなのですが、今日の話は4枚の交通系ICカード。実はこれにプラス3枚も交通系ICカードがあります。

付箋に何やら数字が書いてありますが、それはそれぞれのカードの残金。そもそも交通系ICカードが出た時に、まずはスイカを購入。その後、名古屋エリアにおける交通系ICカード導入に伴い、自分で使うために名古屋市交通局のマナカを購入し、更に会社用で使う名鉄発行のマナカを購入しました。そしてその後、記念マナカや記念スイカが私の手元で増殖していきました。

今回、1枚のマナカと1枚のスイカを残し、それ以外の交通系ICカードをデポジット分は死蔵ということになるものの記念乗車券のアルバム入りさせることを決めました。

その1枚のマナカは「敬老パス」で、それがあれば交通系ICカード使用可能エリアならばどこでも乗れるのですが、JR東日本エリアでの「グリーン車Suicaシステム」の使用を想定しスイカも残しています。

さて残金の使い方ですがコンビニでの買い物時に使っています。交通系ICカードの残金がゼロとなった時に、現金等で残りの支払いが可能と言うのがその理由。

ところで皆さんは何枚交通系ICカードをお持ちですか?複数枚持っている人はやはり鉄道愛好家が多いような気がします。

2019年01月02日 18時46分

身近な光景。

今年の私のテーマの一つ。身近な光景/日常への気づき。

例えば新幹線上下列車の離合。これは名鉄栄生駅ホームからのお手軽ショットですが、新幹線は秒単位でダイヤ通りに来るのが当たり前なので、狙って待てばかなりの確率でモノにできるのではないかと思っています。どこか別の場所で探ってみたいと思っています。

地下鉄亀島駅近く。ふと見上げれば高層ビルを背景に新幹線が行く。見慣れた風景。NAGOYAをテーマに新幹線をもう少し掘り下げてみようかと思っている。

この写真は2018年3月30日に撮影したモノですが、この桜駅の桜を取り巻く環境に少し変化が見られました。

これは年末に撮影した写真ですが、根元の周りが整備されていました。

同じ桜駅の案内。妙に親しみがわく表現。

「この駅」と「こちらの駅」の違いは何だろう?とか鉄道趣味の本流ではないのでしょうが、今年はこうした日常にも目を向けていきたいと思っています。

2019年01月01日 0時29分

明けましておめでとうございます。

平成31年元旦。

本年もよろしくお願いいたします。

2018年12月28日 17時03分

名古屋プリンスホテル スカイタワーからの眺望

中京テレビの町内会のお仲間と敢えて言ってみたい名古屋プリンスホテル スカイタワー。

その部屋からの眺望は抜群で、昼景や夜景を楽しみに地元愛知県内在住の方の宿泊が想定より多いとホテルのスタッフから聞きましたが、それも納得です。ということで、その立地を考えれば当然、全室トレインビュー。

実は11月にたまたま仕事でお邪魔する機会があり、その際、一部の部屋からの写真を撮らせていただきました。(役得)

新幹線16両のフル編成を見通せるスポットはそれほど多くはありません。そしてこの場所からは近鉄名古屋駅からの出る電も楽しめます。

西側を見ればJR東海名古屋車両区の留置線が目の前。だけではなく、近鉄名古屋線、関西本線、あおなみ線も一望のもと。中京テレビの西側にはマンションがあるため、これだけの眺望は鉄塔の最上階まで延々と足で登って行かないと見えないので、うらやましい限り。

DD51の牽くタンカーもこうして撮影できたりします。

線路を行き交う列車を見ながらジムのマシンで体を鍛える。何という贅沢。

ところで名古屋プリンスホテル スカイタワーのHPを見ていたら、トレインビューフォトセミナーの案内を見つけました。https://www.princehotels.co.jp/nagoya/plan/trainviewphotoseminar/

普通に宿泊しても撮影できるのはほぼ自室に限られるはずなので、撮影場所が複数あるのは面白い企画と感じました。

2018年12月27日 15時49分

ネットの音声メディア「Voicy」で、鉄道番組スタート!

12月21日(金)、ドクター東海を見ながら東京へ出張。幸先良し!

向かったのはネットで音声メディアを展開する会社「Voicy」。

ビルの11階にある会社の玄関。黒板に手書きの案内というこのパターンは初めての体験。今時のベンチャー企業感があって新鮮。

中に入ると社員の顔写真が貼ってあり、何とブログでの公開OKとのことでここにUP。

面白いと思ったのは「出社したら、社内で撮ったほうのカチッとした面に。

退社するときは、プライベートな写真のほうに、、、、、」というキャッチ。

ONとOFFの使い分け?

そんな会社の会議室で、「Voicy」と言うボイスプラットフォームを使った“鉄道ラジオ番組”の企画会議。全員がPCに向かっているのは今時?ではなく、番組内容を考える前の、収録に必要なアプリのセットアップ。音声はその場で全てサーバーにアップロードし、例えば手元に録音データが残っているなどという事は間違ってもありません。それを聞くにはPCやスマホから「Voicy」に接続し、ストリーミングで再生することになります。

私の想像を超えている。

何というか、カメラで写真を撮ったとして、その画像はカメラ本体や内蔵メディアにデータとして保存されず、即インターネット経由で全てクラウドに保存され、見たい時はPCやスマホにダウンロードするという事で、間違いないはず。

で、「Voicy」でスタートするのは、SUPER BELL”Z 野月貴弘さん&ホリプロマネージャー/南田裕介さんのお二人が鉄道愛を熱く語る「****(番組名)」。実はまだタイトルが決まっていません。

それでも1月1日の正式スタートを前に、『第0回 出発進行!』「タイトルまだ未定!」と題してこの12月21日(金)から放送が始まっています。

まあタイトルをどうしようかという会話をしているのですが、早速ディープな会話の連続です。

なお最初にhttps://voicy.jp/channel/798を開くと、フォローの登録画面が出ると思いますが、登録すると更新情報が受け取れるようになったりします。もっとも登録しなくても番組は聞くことができます。

きっと電車の中で聞いていただくと相性抜群です。



ADVERTISEMENT

カレンダー

2019年4月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!