中京テレビ

2008年04月10日 16時30分

私がするべきことって・・・?

富良野自然塾副塾長である林原博光氏と
先日お会いする機会がありました。

富良野自然塾とは、脚本家の倉本聰氏が塾長となり
全国の子供たちだけでなく、
大人や教師の方々に、自然の大切さを伝える活動を行っています。

環境問題は奥が深く、また様々な情報があふれており、
マスコミに携わるものとして、何をどう伝えていけばいいのか
自分では答えが見出せず
アドバイスをいただこうとお話を伺ったんです。

番組や出前授業の中では、どうしても
「エコバッグをもちましょう。」
「省エネを心がけましょう。」
というまとめになってしまうのですが
実はそこが大切なのではなく
深刻な現状を知ってもらうことが、まず大事。
ただただ対策を呼びかけるのは、説得力が乏しい。

特に子供たちは、深刻な状況だとわかれば
自主的に知恵を出してアクションを起こすものだと。

そのほかいろいろなお話を伺って、
まず、私が何をしなければいけないのかが
わかった気がしました。

これからももっともっと勉強して、
このブログやイベントなどで、
環境問題について発信していきたいと思っています。



カレンダー

2008年4月
« 3月   6月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

いままでの記事