中京テレビ

2020年10月24日 17時01分

もう一度見たかった舞台へ!

10年前に、初めて出会った舞台、

タクフェス第8弾「くちづけ」。

知的障がい者とその家族の日常を通し

苦しみや悩み、そして「幸せ」を描いた作品です。

 

過去に、号泣しながら見たこの舞台。

再演されるということで、見に行ってきました。

 

グループホームに住んでいる

うーやんやマコちゃんたち。

自分の妹や父親に全幅の信頼を寄せ、

ストレートに愛情を伝えている様子は、

こどもの純粋さ、そのもの。

それが、たまらなく愛おしくて、

娘を思い出しながら舞台を見ていました。

親として、こどもにできることは、

一体なんなんだろう。

そしてそれは、

こどもが本当に求めていることなんだろうか。

自分の置かれている環境が変わると

舞台の見方も、変わってくるかもしれませんね。

作・演出の宅間孝行さんはインタビューで

「私にとっても、社会派、チャレンジングな、意義の深いテーマ。」

定期的に、このテーマを発信していきたい。」と話されていました。

ぜひみなさんにも、一度、ご覧いただきたいです。

舞台「くちづけ」は、10月25日(日)まで

刈谷市総合文化センターで行われています。

詳しくはこちら→http://takufes.jp/kuchiduke2020/



カレンダー

2020年10月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

いままでの記事