中京テレビ

2009年07月01日 17時14分

八重山でも「オニヒトデ」

八重山でも「オニヒトデ」

石垣島の漁師さんに、気になる話を聞いた。

今年は「オニヒトデ」が大量発生していて、このままだと
あと2~3年で、八重山諸島のサンゴは死滅してしまうかもしれない・・・。

先月、串本のオニヒトデを取材したときに、
沖縄地方でもオニヒトデが大量発生している、という話を聞いていたが
ここまで深刻だとは思わなかった。

地元でオニヒトデの駆除をボランティアでやっている団体
「八重山コーラルリーフセイバーズ」の方も
この状況をもっと多くの人に知って欲しい、と話していた。

「温暖化によるサンゴの白化は、人の力で防ぐのは難しい。
でも、オニヒトデによる被害は、人が駆除することで食い止めることができる。」

実際、串本では、5年間かけて駆除活動をした結果、
劇的にオニヒトデの数は減少した。

世界で最も美しいといわれている八重山のサンゴ。

何とかして守りたい、と思った。



カレンダー

2009年7月
« 6月   8月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

いままでの記事