中京テレビ

2013年08月19日 8時29分

「戦争」について、家族で話してみませんか。

image

12日(月)から16日(金)、

「キャッチ!」では<家族ウィーク>と題して

様々な家族のかたちを紹介してきました。

その中で、15日(木)の終戦の日に、おじゃましたのは

三重県熊野市にお住まいの、牧野弘(85)さん一家です。

お盆ということもあり、4世代が集まって、とっても賑やかな食卓でしたよ~。

 

弘さんは、17歳のとき、広島に投下された原爆で被爆。

当時は、被爆者に対する偏見や差別があったこと、

また、国民が自由に話せる時代ではなかったことなどから

その壮絶な体験を、今まで、家族にすら話してきませんでした。

ただ、自分も年をとり、

今のうちに、体験者である自分が伝えていかなければいけないと

「語り部」として、家族や多くの人たちに、話し始める決心をされたそうです。

 

隣に座っていらっしゃる妻のトシ子さんも、満州から引き上げてきた戦争体験者。

辛い体験を誰にも話せず、一人で抱え込んでいるご主人を、

これまでじっと見守ってきたそうです。

 

「主人が被爆者であることは、知っていました。

 でも、わかっていて結婚しました。

 当時は被爆者に対する偏見もあり、

 元気な子供が生まれないなどの風評がありましたが

 今、元気な娘や孫たちに囲まれて、とっても幸せです。」

 

牧野さんご夫婦の言葉ひとつひとつに、とても重みがありました。

 

自分たちの体験を伝え、少しでも幸せな世の中になってほしい・・・。

戦争を知らない私たちは、その思いをしっかり受け止め

これからの世代の人たちに、伝えつづけていきたいですね。



カレンダー

2013年8月
« 7月   9月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

いままでの記事