中京テレビ

2011年08月09日 17時30分

「スポーツスタジアム」で偉大なる後輩にインタビュー!!

2009年まで9年間MCを務めた「スポーツスタジアム」に
私、2年ぶりに出演します。
夏の高校野球真っ只中のこの時季に、
30年前に甲子園を沸かせたこの人にインタビューしてきました。
工藤公康投手です。
名古屋電気高校(現愛工大名電)のエースとして甲子園でノーヒット・ノーランを達成。大きなカーブで打者を翻弄し、ベスト4まで勝ち進み一躍ヒーローになりました。
その後、プロ野球に進み、西武ライオンズを振り出しに4球団で活躍。
数々のタイトルを獲得し3球団で日本一に貢献しました。
去年までの実働年数29年は日本プロ野球記録。
今年は所属球団がないまま、現在プロのマウンドに復帰すべく
トレーニングに励む日々を送る工藤さんに「30年前の夏」を聞きに横浜まで行ったのです。
なぜ、前任MCの私がインタビュアーだったのか…?

実は、私、工藤さんと同じ小学校・中学校でした。
私が1年先輩です。
その頃から「野球のうまい工藤君」は地元で有名でした。
しゃべったことはありませんでしたが、高校野球・プロ野球で大活躍する彼の存在は常に「同郷の誇り」でした。
これまで何度、周囲に「オレ、あの工藤と同じ小・中学校!」と自慢したかわかりません。
私は彼を知っていても、彼は私を知らない…。
でも、スポーツ担当アナウンサーになったある日、
球場で「工藤さん、私、久方中学校なんです」と話しかけてみたのです。
「そうなんですかっ!」
それから試合前のベンチでローカル話に花が咲きました。
以来、球場で会えば「どうも!」とお互い笑顔を交してきました。
去年、戦力外通告を受け所属球団がなくなった工藤投手。
一度、アナウンサーとしてしっかり話を聞きたいと思っていた「偉大なる後輩」に初めてマイクを向ける機会が訪れたのです。

30年前の高校野球に思いをはせ、48歳の今なお現役に情熱を燃やす工藤投手に49歳でくたびれ気味の私が迫るインタビューは、
8月14日(日)夕方5時からです。



カレンダー

2011年8月
« 7月   9月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

カテゴリー

いままでの記事