2018年02月16日 21時53分

「平成の怪物」に初めてインタビュー

今年のドラゴンズ沖縄キャンプは例年をはるかに凌ぐ多くのファンが連日詰めかけています。お目当ては松坂大輔投手。甲子園と日本のプロ野球、オリンピック、メジャーリーグにWBCを沸かせた「平成の怪物」が1月に電撃入団。ここ数年、ケガに苦しみながらも「まだやり足りない」野球を求めてドラゴンズのユニホームを着ることになりました。

スーパースターの沖縄上陸にファンが殺到し、北谷は大賑わいです。名古屋から来たというこの女性も「沖縄限定99番ユニホーム」にサインしてもらい大喜びでした。2月15日(木)に6日ぶりにブルペンで投球練習。今日16日(金)も60球を投げました。練習後、松坂投手の会見があり代表インタビュアーを務めました。

「状態は悪くない。来週には打者に対して投げます。去年は順調に調整しながら故障したので慎重にやっている」。ひとつひとつの質問に丁寧に答えてくれました。前夜、若手投手との食事会があり「楽しく過ごせた」と笑顔も見せました。下の写真、質問する私の頭が照明に被って発光体のようになってしまいましたが…。

「松坂フィーバー」で思いもよらぬ脚光を浴びているチームスタッフがいます。高島祥平打撃投手。顔も背格好もなんとなく似ているためファンに間違えられることがあるそうです。

 

 

2018年02月15日 23時55分

今日の沖縄「暑かった」

沖縄県北谷町で行われている中日ドラゴンズ1軍キャンプ。今日は日差しの強い一日となり気温は23度まで上昇しました。

新入団のディロン・ジー投手。ブルペンで投げた後、打撃練習に登板。

多彩な変化球で打者二人に対してヒット性の当たりを許さず、森繁和監督も「大きくくずれることのないタイプ」と期待を寄せていました。

2018年02月13日 12時00分

再会シリーズ 沖縄キャンプ編 その1

中日ドラゴンズ沖縄キャンプ取材で北谷町に滞在中です。キャンプ地では例年、懐かしいプロ野球OBや報道スタッフとの再会が楽しみの一つです。

中里篤史さんに会いました。元ドラゴンズ投手です。ドラフト1位で2001年に入団し、ルーキーイヤーにジャイアンツ戦でプロ初登板初先発。初三振は清原和博選手から奪いました。快速球が魅力で大きな期待をかけられましたがケガに泣きました。投げられずランニングのみという練習をよく見ましたが、彼の走る姿はとてもきれいでカッコよく、アスリートとしての能力の高さを感じました。その後、ジャイアンツに移籍し11年間の現役生活を終え、今はスコアラー。「今年からドラゴンズ担当になったんです」。この笑顔ですが任務は古巣の偵察です。

あれっ?北谷は1軍のキャンプ地なのに今年から2軍打撃コーチになった森野将彦コーチが…。実はこの方、ファンの間ではおなじみの森野コーチのそっくりさん・もしもマサヒコさんです。背番号7のユニホーム姿でよくナゴヤドームに来ていましたが、コーチ就任後すぐに背番号75のユニホームを用意。なりきっていました。あるOBが本物と間違えているのを見ましたが、確かに似てます。

 

2018年02月12日 12時00分

沖縄から9年ぶりに生中継担当

昨日、2月11日(日)の「スポーツスタジアム☆魂」、ご覧いただけましたか?9年ぶりに沖縄から生中継で出演しました。

湊川誠隆さんとは初共演。松坂大輔投手や外野手の定位置争いなどの話題をお伝えしました。今年のドラゴンズキャンプは「松坂フィーバー」で大盛況。10日・11日は連日の5000人超えでした。

グッズの売り上げにその効果は如実に表れています。元ドラゴンズの中継ぎ左腕投手で現在はグッズ担当の球団職員・北野勝則さんに聞きました。

「去年、キャンプ中の北谷では、前年までの2倍を売り上げる好成績でしたが、今年はその数字を2月10日時点で上回ってしまいました」と、スーパースターの電撃入団効果に驚いていました。

この日、再入荷と同時に売れまくっていた「99番」のユニホーム。中継カメラマンも早速購入していました。

 

 

2018年02月11日 12時00分

本日、「スポスタ☆魂」沖縄から中継で出演

2月11日(日・祝)の「スポーツスタジアム☆魂」に出演します。

中日ドラゴンズの1軍がキャンプを行う沖縄県北谷町の北谷公園野球場から生中継で登場します。

前日10日(土)、新二遊間コンビと期待される高橋周平選手と京田陽太選手がサブグランドで奈良原浩コーチのノックを受けていました。

本日一緒にリポートする元ドラゴンズ内野手のこの方に新コンビの可能性を聞きながら見ていました。

「スポーツスタジアム☆魂」は午後4時55分からの放送です。

2018年02月10日 20時01分

2月10日(土)北谷

2月10日(土)、今日から沖縄県北谷町の北谷公園野球場で行われている中日ドラゴンズ1軍キャンプ取材に入りました。

この日、ブルペンで精力的だったのが手前の鈴木翔太投手と小笠原慎之介投手。共に去年は5勝。今年の飛躍を期して高卒5年目を迎える鈴木(翔)投手は直球を低めに集めて121球。3年目の小笠原投手は下半身を使うことを意識しながら131球を投げ込みました。

新選手会長として臨む今シーズン、「全試合出場を目指す」と話してくれた福田永将選手。フォロースイングが豪快なスラッガーらしいバッティング練習を繰り返していました。

今年のドラゴンズキャンプの話題は何といってもこの人。テスト入団の松坂大輔投手は練習後、大勢集まったファンのためにサイン会を開催。長蛇の列ができる盛況ぶり。30分の予定時間を軽く超えて延長戦に突入。合計50分、笑顔でペンを走らせるサービスぶりでした。

「松坂フィーバー」に便乗したのがドアラ。松坂投手の背番号・99番のレプリカユニホームが売り切れたという情報を聞きつけ、自らが主役の「ドアラカレンダー」をサイン会場で売り込むしたたかさを見せ、失笑を買っていました。

2018年02月09日 23時56分

今日はグランパスキャンプ

2月9日(金)、今日は55歳コンビ・神ひろしアナと沖縄県南風原町の黄金森陸上競技場でキャンプを行っている名古屋グランパスを取材しました。

去年初めてのJ2を戦いリーグ3位。J1昇格プレーオフの末、1年でのJ1復帰を勝ち取りました。キャンプ地を手伝う南風原町役場の有志の皆さんは去年12月のアビスパ福岡との昇格プレーオフ決勝の際、ある方の家に集まってDAZNの配信映像を見ながら応援していたそうです。

選手一人ひとりの顔写真の入った幟が飾られている競技場。今年は寒い沖縄ですが今日は気温も20度を超え、選手もキレのある動きで実戦形式の練習を行っていました。

新入団のジョーはブラジル代表経験のあるスター選手。玉田圭司選手は「ジョーの決定力を生かすように周りが動かないといけない」と話し、和泉竜司選手は「ジョーは実績のあるビッグネームだけどチームのスタイルを一から吸収しようとする真面目な選手」と感心していました。

去年、途中入団しチームの救世主となったガブリエル・シャビエル選手も明るい表情でファンの写真やサインの求めに応じていました。

グランパスは10日(土)にキャンプを打ち上げ名古屋に帰り、2月24日(土)の開幕戦に向けて調整を続けます。

 

 

2018年02月08日 20時41分

本日、沖縄入り

キャンプ取材の季節がやってきました。私は今日、沖縄入り。

中日ドラゴンズの2軍キャンプ地の読谷平和の森球場に行ってきました。

ここは戦時中、旧日本軍に接収され飛行場だったところ。戦後はアメリカ軍の基地となり降下演習が行われ事故も多かったそうです。

過去の厳しい歴史を知り、スポーツを通じて人々に平和と自然のありがたさを感じてもらおうと「平和の森球場」と命名されました。

 

平田良介選手は去年けがで不本意なシーズンでした。オフの調整はうまくいったようで引き締まった体と表情でした。

今日は実戦形式の練習で3安打。「走攻守、それぞれ全力プレーできる状態です」。

ドラフト3位・高松渡選手。俊足自慢の高校生ルーキーです。

トスを出す石井昭男コーチは「昨年のドラフトで指名された全選手の中で走力は№1。教えを聞く素直な姿勢もいい」と評価していました。

杉山翔大・桂依央利の両捕手は下半身強化の耐久練習で絞られていました。

先発隊の吉田太一・濱田隼平・望月杏夏アナウンサーから「寒いですよ」と忠告されていたので名古屋と変わらない防寒着で沖縄入り。

選手は「今日はまだマシです」と言っていましたが、寒がりの私はネックウォーマー姿でキャンプ取材開始です。

 

 

2018年02月08日 0時00分

昨夜行ってきました!「名古屋ラーメンまつり2018」

「名古屋ラーメンまつり2018」、行ってきました。2月6日(火)は第1幕の最終日。

名古屋・栄の久屋大通公園久屋広場は終了間際の時間帯でしたが「寒い冬の夜にはやっぱりラーメン」とばかりに勤め帰りの会社員や若者グループが人気店ブースに列をなしていました。私は妻と行き、二人で3杯という中途半端な注文をしましたがどれも美味でした。第2幕は2月8日(金)から12日(月)まで。チケット1枚850円です。

 

2018年02月06日 18時00分

再会シリーズ 「同期」が「講師」で「何を語った?」

1月20日(土)、入社同期のアナウンサー仲間と再会しました。

福島中央テレビの徳光雅英専任部長です。

系列新人研修を一緒に受け、「ズームイン!!朝!」のキャスター仲間でもありました。

今回、彼が講師となり「原発勉強会」が開催されました。

受講したのはアナウンス部員18人。

2011年3月11日(金)、東日本大震災での津波の被害で起きた「福島第一原発事故」。

地元局・福島中央テレビはその時、未曾有の大災害・大事故の発生から緊迫した状況での報道に追われました。

勉強会ではまず、原子力発電の基本から解説してもらいました。

そして、福島中央テレビだけがとらえた水素爆発の瞬間。

非常時の生放送に際して、当時のVTRを交え、どんな注意点をもとにしゃべり、どんな反省点が生まれたのか。

何ができて何ができなかったのか…。

その時、報道の現場で起きていたことを徳光アナは経験者として話してくれました。

当時、報道の中で初めて耳にした用語が数々ありました。

全電源喪失・ベント・メルトダウン・マイクロシーベルト・ベクレル・線量計・モニタリングポスト…。

間もなく事故から7年が経ちますが、改めてこの機会に有事に備えての基本事項の確認を行った5時間でした。



ADVERTISEMENT

カレンダー

2018年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

カテゴリー

いままでの記事