2010年12月12日 9時00分

昭和52年の津軽鉄道

平成22年12月6日の3つ目の目的は
「津軽鉄道」の『ストーブ列車』乗ること。
でもその前に、最初にこの鉄道を訪れた時の話しを。

今から33年前の昭和52年8月31日。
会社に入り、夏休みはどうなるのだろうと思っていたら
ちゃんと貰えて“素直”に嬉しかった記憶があります。
そして、東北地方の“乗りつぶし”に出かけました。

写真は上が「津軽中里駅」。下が「津軽五所川原駅」です。
この日、津軽中里発14:49、津軽五所川原着15:35頃で
津軽鉄道を完乗しました。
※発車時刻は駅で確認しましたが、下車時刻は…大体です。

「津軽中里駅」は、駅前のタクシーが時代を感じさせますが
それ以外はきっと今もこの姿なのでは?
「五所川原駅」は停まっている気動車がキハ24000形なのが
今は昔ですね。

と、ここまでは“素直”な話しですが、ここからは“ひねり”?
この鉄道の乗りつぶしですが、津軽中里から津軽五所川原です。
不思議だと思いませんか?しかも片道しか乗っていません。
津軽鉄道の場合、普通に考えれば入り口は津軽五所川原。
では私はどうやって津軽中里に行ったのでしょう?

この日、私は既に朝から大湊線、大畑線、津軽線に乗っており
三厩へは929Dで12:10の到着でした。
三厩着と前記の津軽中里発の時間差は2時間半あまり。
青森に戻っていてはこの時間で繋ぐことは不可能です。
ジャジャン!!それを可能にしたのは『ヒッチハイク』!
(今は聞かないですね。この言葉)
私は学生時代、まだ“乗りつぶし”を始める前から
一人旅をしている時に、よくヒッチハイクをしており、
三厩から津軽中里までの移動も躊躇なくこの方法を使いました。
実のところ、この時の記憶は殆どと言うより全く無いのですが
多分、3人(3台)位のお世話になったと思います。

    

    ADVERTISEMENT

    電子書籍「稲見駅長の鉄道だよ人生は!!」
    稲見駅長の鉄道だよ人生は!! ―各駅停写の旅―

    カレンダー

    2010年12月
    « 11月   1月 »
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  

    プロフィール

    稲見部長稲見眞一
    <自己紹介>
    昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!